毎年5月にバラ好きのわたしたちを楽しませてくれた「国際バラとガーデニングショウ」が、昨年20回をもって終了することに! この残念なニュースを詳しくお届けします。

国際バラとガーデニングショウが20回の歴史に幕!

▲第20回のウエルカムガーデン

1999年5月に第1回を開催してから2018年の20回まで、バラ好きを楽しませてくれた「国際バラとガーデニングショウ」がその歴史を閉じることになりました。第1回開催から累計で446万人が来場した、人気の高いイベントでした。

 

わたしも毎年とても楽しみにしていたので、残念でしかたありません!

 

理由は、メットライフドーム確保が難しいことから!

▲埼玉県所沢市のメットライフドーム

行委員会によると、もっとも大きな理由は、会場であるメットライフドームの確保が難しいためということです。これまで「国際バラとガーデニングショウ」が開催されてきた5月はプロ野球の開催時期にあたり、毎年、開催日の調整が大変だったということがまずあります。さらに、たとえ今年なんとか開催できたとしても、2020年に開催される東京オリンピックの年には、さらに日程確保が難しくなることが想定されるため、2018年の20回を節目として終了することが決められたとのこと。

 

ロザリアンの反応は?

のニュースを受けて、ロザリアンの反応をいくつか紹介します。

 

「メットライフドーム以外の場所で復活してほしい!」

 

「残念だけど、入場料も上がり、花以外の出店ブースも増えていたし、初期の頃の良さがなくなってきていたので、節目での終了は納得。」

 

他にも、既に「20回で終わりという噂が出ていた」というものもありました。

 

他の会場での開催に期待!

▲第19回のウエルカム・ガーデン

行委員会からのお知らせには「花卉業界最大規模のイベントとして、その使命・役割を果たせた」と書かれています。たしかに、「国際バラとガーデニングショウ」は、バラについてガーデニングについて詳しく知ることができ、欲しいバラや植物を購入することができる素晴らしい機会でした。花卉業界を推進する事業としての役割は十分果たしてきたといえます。

 

でも今年から、いったいどこにいけば新品種のバラたちや実際の新しいガーデニングに触れることができるのでしょう? 各地にあるバラ園に足を運ぶだけでは得られない素晴らしいイベントだっただけにほんとうに残念です!

 

「国際バラとガーデニングショウ」公式

公式サイトには「長い間、誠にありがとうございました」と、デカデカ書かれています──(涙)

 

これまでの「国際バラとガーデニングショウ」の詳細レポート

20回、および第19回の詳細レポートのページをここに貼っておきます。実際に訪れた方も、訪れていないかたも、良かったら楽しんでくださいね!

 

第19回詳細レポート

第20回詳細レポート

 

まとめ

国際バラとガーデニングショウ」が、2018年の第20回開催をもって終了するという、とても残念なお知らせが飛び込んできました。これまで開催してくださった関係各社にお礼申し上げます・・・が、あまりに残念すぎます。


規模を小さくしてもかまわないので、どこかで引き続き開催してもらえることを、心から期待したいです! 新しい動きをキャッチしたら、またお知らせしますね!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク