春先~梅雨にかけて悩まされることの多いウドンコ病。これが、キッチンにあるものだけで、魔法のように消せるスプレーがつくれます! その作り方と効果を紹介します。

ウドンコ病はしつこい!

暖差の大きい春先から発生し、梅雨明けまでずっとしつこく発生しつづけるウドンコ病。殺菌剤をスプレーしても、なかなか収まりませんよね。とくにベランダはウドンコ病が発生しやすい条件がそろっているので、我が家では毎年ウドンコ病対策に追われてしまいます。

 

▲ウドンコ病治療薬「カリグリーン」

 

ウドンコ病治療薬を使えば一発で治るんですが、やはり農薬なので、日常的に使うのは抵抗があります。

 

散布してすぐ「ウドンコ病が消える!?」しかも「キッチンにあるものだけで!?」

ころが、「ウドンコ病がすぐ消える。無農薬で簡単に治す!」という怪しい(?)タイトルの動画を見つけたんです。それがこちら。

 

 

どうやら家庭菜園をしている方向けの動画のようです。使うものは、「重曹」「植物性オイル」「食器用洗剤」だけ。これを水で薄めて散布します。

 

「うっそぉー!? そんな身近なもので簡単に治療できるなら苦労しないでしょ!」と思いつつ、早速試してみました。

 

「重曹オイルスプレー」の作り方

▲材料は重曹、植物油、食器用洗剤の3つだけ

回、紹介するこのスプレー、わたしは「重曹オイルスプレー」と名づけました。まず原液の作り方から紹介します。

 

用意する材料

重曹

掃除用の重曹(100均にあるものでOK)。わたしはキッチンの片隅にあったケーキ作り用を使いました。

 

植物性オイル

サラダ油、キャノーラ油、オリーブオイルなど、なんでも。臭いが薄いものをオススメ。

 

食器用洗剤

展着剤代わりに使います。本物の展着剤を使ってもOK

 

原液の作り方/植物性オイル100cc+重曹大さじ1/2+食器用洗剤2~3滴

▲計量カップにオイルと重曹、洗剤を入れて混ぜる

量カップに植物性オイル100ccを入れ、そこに重曹大さじ1/2杯、食器用洗剤2~3滴を加えます。重曹が溶けるまでしっかり混ぜたら原液の完成です。

 

▲原液100ccが完成

 

原液をペットボトルに注いで、ラベルを貼っておきます。

 

今回はお試しなので原液100ccと少量を作りましたが、動画では200ccの作り方が説明されていました。200ccの場合はそれぞれ単純に2倍して「植物性オイル200cc+重曹大さじ1杯+食器用洗剤5~6滴」で作ります。

 

希釈してスプレー散布/原液小さじ2杯+水200ml(野菜の基準濃度)

▲「重曹オイルスプレー」が完成!

 

原液小さじ2杯(10cc)+水200mlで希釈すれば「重曹オイルスプレー」の完成。霧吹きのボトルに入れて使います。

 

今回わたしはこの野菜の基準濃度で散布しましたが、「バラに使う場合は野菜の基準濃度よりも2~3倍に薄めて、一度目立たないところに散布して悪影響がないかしばらく様子をみてください。2~3倍に薄めても効果があります」と、動画主のマロさんからアドバイスをいただきました。

 

野菜の基準濃度の2倍の薄さにするなら、原液小さじ1杯(5cc)+水200mlですね。3倍なら、さらに水の量を増やしてください。薄い目から試してみてくださいね。

 

バラ濃度の追記

「バラ濃度こいめ」=原液小さじ1杯(5cc)+水200ml

果重視なら「バラ濃度こいめ」で。芽や花びらは避けて散布を。芽や花びらには少し影響が出ます。

 

「バラ濃度うすいめ」=原液小さじ1杯(5cc)+水300ml

全性重視なら「バラ濃度うすいめ」で。ほぼ悪影響はありませんが、芽や花びらは避けた方が無難です。

 

▼散布後の影響は、こちらのレポートをご覧ください

「重曹オイルスプレー」を散布! その効果は?

▲ウドンコ病にサッと一吹き!

れでは実際に散布していきます。

 

▲すぐ分離するので、霧吹きを振りながら散布

 

散布液は油分がすぐに分離するので、なんどもシャカシャカ振りながら散布します。

 

▲葉先にウドンコ病を発見!

 

葉先にウドンコ病がありますね。ここに「重曹オイルスプレー」(野菜の基準濃度)をかけます。

 

▲ウドンコ病が消えた!?

 

かけてすぐに──ウドンコ病がなくなりました! まさに消えました。これは驚き! オイルでコーティングされたため、葉が妙にツヤッツヤになっていますが、白い粉状のものはありません。

 

ウドンコ病がついていたあたりは光合成が阻害されて、少し色が悪くなっているのが分かります。

 

▲指先でなじませると効果的

 

ウドンコ病の葉は縮れたようになっているので、散布だけではしっかり付着しない部分が出てくるため、指先でなじませると効果的だと思います。ウドンコ病を触りたくない方は、使い捨て手袋をつけてどうぞ。

 

散布直後は、少し油臭い臭いがします。

 

ウドンコ病の発生初期に使えば、予防効果も期待できます。

 

▲殺菌剤で治療したウドンコ病痕

 

殺菌剤や農薬で治療したウドンコ病の痕は上の写真のように黒ずみますが、「重曹オイルスプレー」なら黒くなりません。「重曹オイルスプレー」は、安全で使い勝手がいい上に、この点でも優れています。

 

もちろん、乾いたら白い粉がまた出てくるというようなことも、ありません。

 

「重曹オイルスプレー」の不安材料

曹オイルスプレーは、散布してすぐウドンコ病が消える魔法のようなスプレーです。実際に使っている動画主のマロさんは、このスプレーを家庭菜園で毎年使っているそうで、その効果と安全性は検証済み。

 

今回わたしも驚くような効果の高さを実感したものの、不安材料も少しあります。

 

1、バラに使った場合の影響は?

マロさんは野菜で使っているため、バラで使った場合の検証がされていません。バラの葉が落ちてしまった! という報告があったそうなので「バラに使う場合は、処方の2~3倍に薄めて使ってください。さらに、目立たない場所で試してみて、数日様子をみてください」と、マロさんご本人から連絡をいただきました。処方の2~3倍に薄めても効果があるそうです。

 

「バラは高価なものだから~」と、マロさんはとても心配されていました。今回わたしが散布したところをしっかり観察して、また報告しますが、皆さま実際に使う場合は慎重にお願いしますね。

 

追記

散布後の経過を観察した結果、バラには野菜の基準濃度の2倍希釈(バラ濃度こいめ)、または3倍希釈(バラ濃度うすいめ)が適していると判断しました。

 

2、日焼けは大丈夫?

葉がオイルコーティングされることで病気の発生を予防する効果が期待できますが、日照時間の長い場所では、とくに盛夏に葉焼けを起こす恐れがあるように思います。ニームオイルでも盛夏に葉焼けを起こすことがあるので、同じように注意が必要かもしれません。

 

ただし、ウドンコ病自体は梅雨が明ければ自然に収まります。盛夏にウドンコ病対策をする必要はなさそうですが。

 

3、ツヤツヤ感が少し気になる?

たとえば「ピエールドゥロンサール」などの照り葉は、いくらツヤがあるといっても自然なツヤです。「重曹オイルスプレー」のツヤは、油を塗った人工的なツヤなのでちょっと違和感があります。しばらくすれば落ち着いてくるでしょうが、とても目立つ場所にバラを植えている方は少し気になるかもしれません。

 

マロさんのサイト「ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培」のご案内

回参考にさせていただいた動画主のマロさんは、アメーバの公式トップブロガーです。ブログには「重曹オイルスプレー」の作り方以外にも、家庭菜園のさまざまな記事があるので、興味のある方は覗いてみては?

 

まとめ

今回は、家庭にあるもので効果抜群のウドンコ病予防&治療薬が作れるという話題でした。驚きの効果の高さに「これはすぐに記事にしなければ!」と、使命感にかられました(笑)。

 

初めて使う場合は、お試しで薄い目から始めてください。マロさんの動画も参考にしてくださいね。(動画タイトルを見て「怪しい」なんて思ってごめんなさい。反省しています)。

 

読者さまが「重曹オイルスプレー」を使ってみた感想や、注意点など、気づいたことがあれば共有したいので、ぜひコメントをお願いします。

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク