6月10日の「ラピスヴェール」/鉢増し(6号→8号)

▲根張りはヨシ 写真提供/ORCA

レイに咲いた2番花をカットしたので、鉢増しをしていきます。

 

鉢の周囲をコンコン叩いて、皮手袋で株元をつかむとあっさり抜けました。根は良く張っています。でも株を横倒しにして根の写真を撮ろうとしたら、主幹が付け根から1本ポキッと・・・。ショック><。

 

土の用意の間は「HB-101」(フローラ)を入れたのに水浴です。

 

 

▲6号→8号に鉢増し 写真提供/ORCA

 

もともとの6号鉢から8号鉢に鉢増ししました。土は「バラNo.1」(カネア) 。そして「水のお留守番」(大宮グリーンサービス)だけ入れました。

 

6月23日の「ラピスヴェール」/シュートが発生

▲あちこちからシュート枝が 写真提供/ORCA

2番花の切り戻しから20日ほどたち、枝先から新芽が伸びてきています。蕾は小さいうちにピンチしています。

 

外で撮影していますが、屋根のあるミニドッグランで管理しています。

 

▲どれも細枝なので太らせないと 写真提供/ORCA

 

先日の鉢増しで主幹が1本折れましたが、株元から新しくたくさんのシュート枝が出ています。どれも細いから太らせないと!

 

害虫予防に「オルトランDX」(住友化学園芸)を散布しました。

 

7月11日の「ラピスヴェール」/シュートの先をピンチ

▲何種類かの虫たちに食べられボロボロ 写真提供/ORCA

ピスヴェールはみごとに虫食い状態です。森が近くにあるから次つぎいろんな虫が飛んでくる。飛んでくる虫はどうしようもないです。

 

培養土もお礼肥えも馬ふん入りのものを使っているので、そのせいで虫が集まってきているのかな・・・確かに臭いありますし。化成肥料への変更も視野に入れています。

 

▲葉を減らしすぎたかも 写真提供/ORCA

 

虫に食われた葉っぱを取り除いたけど、ちょっとやりすぎたかな。スカスカになってしまった。

 

枝先に蕾がついたらピンチで取り除いています。シュートの先も、蕾がついたものからピンチしています。週に1度「HB-101」(株フローラ)を与えています。

 

▲ほかのバラと一緒に棚に並べて管理 写真提供/ORCA

 

強すぎる日差しをさえぎるためと塩害予防に、夏の間は、ほとんどのバラを屋根のあるミニドッグランに棚を作って並べました。

 

7月19日の「ラピスヴェール」/バッサリ切り詰め

▲細枝が多いのが気になる・・・ 写真提供/ORCA

ともと枝が細い品種のようですが、たくさんの小枝が出てきて、このままではどれも太りそうにないのが気になっていました。

 

▲一気にバッサリ強剪定 写真提供/ORCA

 

そこで良い芽に絞って、バッサリ切り詰めましたが・・・少しやりすぎたようです。

 

先週の涼しいうちに薄いめの液体肥料を与えてあります。

 

あいびーあいびー

じつは「ベーサルシュートが多すぎるようなので、2~3本に減らしてはどうか」と提案したのですが・・・。ちゃんと伝わっていなかったようです><。この時期の強剪定はバラには辛いと思いますが、なんとか乗り切ってほしいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/ORCA

かつて東京に住んでいたころ、新宿の某百貨店の生花店でブルームーンの切り花を見て感動しました。そこで、きれいな青紫色のブルームーンを花束にして、お芝居をしていた友人の舞台に贈ったことがあります。

 

その後、和歌山県の白浜町に引っ越してから始めたのがバラ栽培で、今年で2年になります。ブルームーンの思い出もあり青バラをメインに、青バラを引き立てる色として緑や白、茶系のバラを育てています。

 

白浜は暖かいイメージがあると思いますが、冬はすごい風が吹くんです。海の近くなので塩害にも気を配り、いろいろ考えながらバラ栽培を楽しんでいます。生花店に勤めていたこともありますが、切り花がメインなので植物栽培はあまり経験がありません。

 

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク