春めいてきて、バラの葉が広がり始めると嬉しい反面、心配になってしまうのが病虫害の発生です。今回は、新芽につきやすいウドンコ病の防除について、初心者に分かりやすくまとめています。


ウドンコ病は、風で運ばれてくるカビ菌から発症する病気

▲ウドンコ病にかかった白モッコウバラ

ドンコ病は、バラにとてもポピュラーな病気です。ウドンコ病の原因はカビ菌で、風でカビの胞子が運ばれてきて発症します。ウドンコ病が発症したところは白い粉をふいたようになります。とくに発症しやすいのが新芽や若葉、つぼみ、若い茎などです。

 

ウドンコ病は葉の表面に菌糸をはびこらせ、気孔から葉の中に侵入して養分を吸い取ります。ウドンコ病に感染した部位は養分を吸われる上に光合成もできないので、うまく育つことができません。

 

ウドンコ病にかかったからといって枯れることはあまりありませんが、なにしろ見た目に悪いし、新芽がきちんと生長できない、つぼみがちゃんと花開かないということが起こります。広範囲に発症すると、ひどい生育障害に陥ります。

 

ウドンコ病が発症しやすい条件は?

▲ウドンコ病にかかったミニバラ

温は17~25度/春と秋に発症しますが、25度を越える盛夏や冬には発症しなくなります。夏や冬に発症はしませんが菌はいるので、そのままにせず、防除するのが大切です。冬にバラの葉をすべて落とすのは、葉に菌が残って越冬するのを防ぐためです。

チッソ肥料過多/使用している肥料がとくにN(チッソ)が多くないか見直してみましょう。

日照不足/鉢植えなら、なるべく日当たりの良い場所で管理を。

風通しが悪い/枝が混みあわないよう、剪定や誘引を工夫しましょう。

発症しやすい品種/発症しやすい品種は、毎年ウドンコ病にかかるので、早いうちから予防につとめましょう。

 

ウドンコ病の予防にはバラの殺菌剤かニームオイルを!

3月に入ると少しずつバラの葉が展開してきます。3月末ごろから病虫害の予防を開始しましょう。病気も害虫も、まず発生させないのが肝心です。ウドンコ病の予防には、バラの殺菌剤か、ニームオイルを使います

 

バラの殺菌剤


マイローズ 殺菌スプレー 950ml 住友化学園芸

 

基本的なウドンコ病の予防には殺菌剤を使います。もっとも一般的なのが住友化学園芸の「マイローズ殺菌スプレー」です。使用回数に制限がなく、予防にも治療にも使える、とても使い勝手のよい農薬です。手軽に使えるとはいえ農薬ですから、使う際にはビニール手袋やマスクなどを使用し、風の強い日には使わない、衣服にかからないようにするなど、注意して使ってください。

 

ニームオイル


虫除けハーブスプレー 500ml安心のガーデニング資材(ニームの力、ニームオイル)(バラ苗)【あす楽対応】

 

あまり農薬を使いたくない方には、ニームオイルをおすすめします。ニームオイルはインドセンダンの種から抽出したものです。多くの病虫害の防除に効果がありますが、人間やほとんどの益虫に悪影響がありません。農薬ではないので、手袋やマスクは必要ありません。少しニンニクのような臭いがあります。

 

ウドンコ病の発症初期の2つの対処方法

1、患部を切り取る!

一度ウドンコ病にかかってしまったところは、たとえ菌がいなくなったとしても元通りの瑞々しい葉っぱにもどるわけではありません。思い切って患部を切り取り、それ以上広がらないように殺菌剤やニームオイルをかけて消毒します。

 

2、患部を水で洗ってから消毒を!

ウドンコ病は水に弱いので、患部をよく水で洗ってから、殺菌剤やニームオイルで消毒しておいても構いません。ただし、縮れてしまった葉が元通りになるわけではありません。病気が広がらないか、よく観察しながら管理しましょう。

 

ウドンコ病が広がってしまったときの対処方法

3日に一度の間隔で全体に殺菌剤を散布します。ウドンコ病の勢いが落ちついてきたら5日に一度、1週間に一度と、散布する間隔を長くしていきます。ニームオイルでも効果はあるようですが、やはりひどくなってしまった病気には殺菌剤の方が確実です。

 


殺菌剤/肥料 カリグリーン(1.2g×10袋入)炭酸水素カリウム水溶剤きゅうり、いちご、バラ等のうどんこ病・灰色かび病・さび病・葉かび病に!

 

たくさんのバラを育てている方には、自分で希釈して使うタイプの農薬「カリグリーン」をおすすめします。カリグリーンは安全性の高い薬剤で、たとえば野菜の収穫前日まで使えるほどです。オーガニック栽培でも使えます。

 

カリグリーンに予防効果はありませんが、ウドンコ病の発症後の治療には高い効果があります。とはいえ住友化学園芸では、なるべく発生初期で使うことをおすすめしています。

 

ミツバチやクモなどの益虫には害がありませんが、魚介類に影響があるので、必ず希釈率を守って使ってください。

 

カリグリーンを効果的に使うには、希釈液に展着剤を加えて薬液を作ります。展着剤を加えることで、しっかり患部に留まり、効果を発揮します。

 


住友化学園芸 展着剤 ダイン 100ml

 

展着剤にもさまざまな商品があり、どれを使っても構いません。同じメーカーでそろえるなら住友化学園芸の「ダイン」があります。

 

冬はバラの葉を、なるべくすべて摘もう!

▲冬のバラ園は枝しかない

ラは冬の休眠期に植え替えや誘引、剪定をするものですが、その際、なるべくすべての葉を摘んでしまいます。その理由のひとつが葉に病原菌をつけたまま越冬してしまうのを防ぐためです。冬を越え目を覚ました病原菌は、さっそく芽吹いたばかりの新芽にとりつきます。そんなことのないように、冬にすべての葉を摘む方が良いのです。

 

なかには常緑のバラもあり、摘むのはもったいないということもありますが、そんな場合は病気の予防をしっかり頑張りましょう!

 

ウドンコ病に強いバラを選ぼう!

バラは、品種によりウドンコ病にかかりやすいバラと、かかりにくいバラがあります。バラの病気を防ぐ一番の予防は、病気に弱い品種を選ばないことです。ウドンコ病被害に悩んでいる方や、管理に自信のない初心者の方は、ウドンコ病に強い品種を選ぶようにしましょう。

 

気をつけたい、ウドンコ病に弱い代表品種

クリスチャン・ディオール(HT)、パパ・メイアン(HT)、ヘルムート・シュミット(HT)、レオニダス(HT)、ロイヤルハイネス(HT)、ミミ・エデン(F)

 

ウドンコ病に強い品種を選ぶには

ウドンコ病に強い品種を選ぶには「耐病性」が高い品種を選びましょう。とくに欧米では近年、住宅地での農薬の使用が厳しくなっているため、2010年以降など新しい海外の品種は耐病性が高いものがほとんどです。日本の品種は見た目重視なところがあるので、なかには耐病性の低いものもあります。品種ごとの耐病性を確認して購入するようにしましょう。

 

とくに注目したいのは、ドイツのADR受賞品種です。とても耐病性を重視した賞なので、ADR受賞品種なら、ほとんどどのバラも耐病性が高く育てやすい品種といえます。

 

▼ADR受賞品種について詳しくはこちらをご覧ください。

 

まとめ

暖かくなると嬉しい反面、気になってくるバラの病気「ウドンコ病」の防除についてまとめてみました。ウドンコ病は、かかるバラはいつもかかります。でも、かからないバラはほとんどかからない。一番の予防は病気に強いバラを選ぶことですね!

 

これまで我が家にあまり病気にかかるバラはなかったのですが、昨年から育て始めた「紅玉」が少し病虫害に弱いようです。まだ株が小さいからかも知れませんが、ウドンコ病とハダニにやられて、ちょっと大変でした。今年かなり大きく育ってきたので、花が咲いてくれるのを楽しみに、病虫害予防を頑張ろうと思います!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク