バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「青竜」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「青竜」は、こんなバラ

▲ほぼ赤味のないごく淡い水色の「青竜」

バラの作出に挑み続けたアマチュア作出家・小林森治さんが1992年に作出したバラが「青竜」(HT)です。2002年の「国際バラとガーデニングショウ」に出品された「青竜」をみたイギリスの作出家サミュエル・マクレディが、「世界でもっとも青いバラ」と賞賛したことで有名になりました。

 

その後さまざまな青バラが作出されていて、小林森治さんが亡くなった翌年2007年に発表された「ターンブルー」や、河本純子さんの「ブルーヘブン」(2002年作出)など、より濃い水色の青バラが登場していますが、それら日本の青バラの原点ともいえるのが「青竜」です。

 

細枝でやや育てにくいところがあるので、鉢植えで大切に育てたいバラです

 

今回育てる「青竜」の環境DATA

関東の南向きの庭(陽当たり良好)

昨年中苗で入手し、鉢植えで育てているもの

(中苗とは「バラの家」独自の呼び方。新苗をそのまま鉢栽培で育てたもので、大苗になる前の状態。鉢苗の一種)

今年の目標/株の充実。秋花を10月後半以降に咲かせる

育てる人/ハナたろう

 

3月中旬の「青竜」

▲芽吹いたばかりの青竜 写真提供/ハナたろう

年末に、オリジナル・ブレンドの培養土で10号プラ鉢に植え替えしたものです。3月初旬に外芽を確認しながら、割り箸ていどの太さのところで剪定しました。そのため、HTとしては浅いめの剪定になっています。

 

オリジナル・ブレンドの培養土の配合は、赤玉小粒7:バーク入り腐葉土2:籾がら燻炭1。元肥に「バットグアノ」(こうもりの糞を原料とするリン酸が豊富な有機質肥料)をひと握り入れてあります。

 

3月中旬になり、芽吹いてきたので害虫予防のため「オルトランDX」を株元に散布してあります。

 

育てた人紹介/ハナたろう

▲庭に咲いた「イントゥリーグ」 写真提供/ハナたろう

バラ栽培3年目。マイホーム購入を契機に新たな趣味として始めました。  初めて育てた『イントゥリーグ』の花容・芳香に感動してハマりました^^ 栃木県在住

 

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク