バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「青竜」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「青竜」は、こんなバラ

▲青紫色に咲く「青竜」 写真提供/ハナたろう

バラの作出に挑み続けたアマチュア作出家・小林森治さんが1992年に作出したバラが「青竜」(HT)です。2002年の「国際バラとガーデニングショウ」に出品された「青竜」をみたイギリスの作出家サミュエル・マクレディが、「世界でもっとも青いバラ」と賞賛したことで有名になりました。

 

その後さまざまな青バラが作出されていて、小林森治さんが亡くなった翌年2007年に発表された「ターンブルー」や、河本純子さんの「ブルーヘブン」(2002年作出)など、より濃い水色の青バラが登場していますが、それら日本の青バラの原点ともいえるのが「青竜」です。

 

細枝でやや育てにくいところがあるので、鉢植えで大切に育てたいバラです

 

今回育てる「青竜」の環境DATA

関東の南向きの庭(陽当たり良好)

昨年中苗で入手し、鉢植えで育てているもの

(中苗とは「バラの家」独自の呼び方。新苗をそのまま鉢栽培で育てたもので、大苗になる前の状態。鉢苗の一種)

今年の目標/株の充実。秋花を10月後半以降に咲かせる

育てる人/ハナたろう

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月中旬の「青竜」

▲芽吹いたばかりの青竜 写真提供/ハナたろう

年末に、オリジナル・ブレンドの培養土で10号プラ鉢に植え替えしたものです。3月初旬に外芽を確認しながら、割り箸ていどの太さのところで剪定しました。そのため、HTとしては浅いめの剪定になっています。

 

オリジナル・ブレンドの培養土の配合は、赤玉小粒7:バーク入り腐葉土2:籾がら燻炭1。元肥に「バットグアノ」(こうもりの糞を原料とするリン酸が豊富な有機質肥料)をひと握り入れてあります。

 

3月中旬になり、芽吹いてきたので害虫予防のため「オルトランDX」を株元に散布してあります。

 

4月初旬の「青竜」

▲小さな葉が広がり始めた「青竜」 写真提供/ハナたろう

い新芽がゆっくり展開しています。まだ弱々しいので、もうちょっと育ってきたら芽掻きをします。

 

3月中旬~4月初旬の間に行った手入れ

活力剤/HB ー101の希釈液(2滴/10ℓ)潅水を1度

病虫害対策/サンヨール&スミソン散布(同時散布1回)

 サンヨールはウドンコ病・灰色カビ病対策の殺菌剤

 スミソンはスミチオン(アブラムシなどの殺虫剤)+マラソン(アブラムシやハダニなどの殺虫剤)

中耕と除草/手袋をして土を爪で引っ掻くように崩す程度。土も柔らかいし雑草も若いので、中耕ついでに簡単に抜き取れます。

肥料/有機ペレットを施肥/N:6P:6K:6+微量要素

 

4月20日の「青竜」

▲ゆっくりながらも、着実に生長しています 写真提供/ハナたろう

掻きをして、枝と枝の間に「突っ張り棒」のように枝を渡して混み枝対策としました。(上の写真の薄茶色の棒が突っ張り棒です)。青竜の生長ぶりはゆっくりです。葉っぱの大きさは、まるでミニバラのよう。ただし、芽掻きが功を奏してかブラインド・出開き枝は今のところなし。

 

今ある下部の芽は、サイドシュートとして育って欲しいので見守っています。花後ベイサルシュートが出て欲しいところです。

 

4月上旬からの管理のしかた

水やり/高温のため潅水を毎日するようにしました。

肥料/ツボミが付き始めたので最後の施肥(液肥)。

病虫害対策/対病と『ツボミかじり虫』撃退のため、サプロール&スミソン混合散布。

 STサプロール乳剤は、黒星病とウドンコ病の防除にすぐれた殺菌剤。

 スミソンは、「4月初旬」の項を参照してください。

 

5月11日の「青竜」

▲至って元気な「青竜」 写真提供/ハナたろう

竜は、まったく問題なく元気に育っています。現在、樹高は50cmほどです。

 

副蕾をカットしてすべて1枝に1つのつぼみにしてあります。17個のつぼみがあり、しっかり育っているので全部咲かせるつもりです。

 

▲ガクが広がり、開花までもう一息! 写真提供/ハナたろう

 

つぼみは、サイドシュート候補のを3枝ピンチしました。葉の黒ズミは病気ではなく葉焼けと思われます。

 

この時期の管理

ピンチ/副蕾ピンチとサイドシュート候補のピンチ。
 
 害虫駆除/ アブラムシ、シャクトリムシとその卵を*テデトールで駆除。日々のパトロールは欠かしません。

 

*テデトール=「手で取る」です。

 

5月14日の「青竜」

▲つぼみが、ほころんできました 写真提供/ハナたろう

竜のつぼみがほころび始めてきました。日焼けで花びらの外側が黒ずんでいる花もあるので、花が終わるまで北側に引っ越しです。明日開花するでしょうね。

 

5月15日の「青竜」

▲「青竜」ついに開花! 写真提供/ハナたろう

竜がついに開花しました。紫色ですが、かなり青紫に近い色の花です。この開き具合で花径6cm。整った花形をしています。香りは、わたしの鼻では感じられません。

 

5月17日の「青竜」

▲整った剣弁高芯咲きの「青竜」 写真提供/ハナたろう

竜が満開を迎えました。この状態で花径7cmあります。青紫色の整った剣弁高芯咲きで、涼やかな印象の花です。

 

▲「青竜」(左)と「ブルーバユー」(右) 写真提供/ハナたろう

 

花色の比較のため、同じ条件で撮影したブルーバユーと並べてみました。比べてみると、同じ紫でも「青竜」はかなり青味が強く、「ブルーバユー」の方が赤味が強いのが分かります。

 

▲株いっぱいに咲く「青竜」 写真提供/ハナたろう

 

ほとんどのつぼみが開いてきて、今が見頃です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/ハナたろう

▲庭に咲いた「イントゥリーグ」 写真提供/ハナたろう

バラ栽培3年目。マイホーム購入を契機に新たな趣味として始めました。  初めて育てた『イントゥリーグ』の花容・芳香に感動してハマりました^^ 栃木県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク