バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「つるバラ`フォースオブジュライ´ のブッシュ仕立て」です。実験的な試みなので、通常のつるバラの育て方とは異なります。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「フォーフオブジュライ」は、こんなバラ

▲赤と白の配色がアメリカ国旗を思わせる「フォースオブジュライ」

ォースオブジュライ(Fourth of July)は、直訳すれば「7月4日」。アメリカの独立記念日をさす品種名をもつバラです。花の色が赤と白の絞りで、赤×白のストライプ模様のアメリカ国旗をほうふつとさせますね。色鮮やかな花が目を引きます。

 

「フォースオブジュライ」は、クライミング樹形のつるバラですが、よく返り咲くことで知られています。そのため「くり返し咲き」ときに「完全四季咲き」と表記されることもあるほどです。よく花を咲かせるのに比例してか、枝の伸び方はゆっくり。大型フロリバンダと、クライミング樹形のつるバラの間のような雰囲気のバラです。

 

1999年、AARSを受賞しています。

 

今回育てる「つるバラ`フォースオブジュライ´ のブッシュ仕立て」の環境DATA

関東の南向きの庭(陽当たり良好)

挿し木より2年半育てた株

今年の目標/つるバラとはいえ大型フロリバンダのような雰囲気がある品種なので、ブッシュ仕立てでもっとくり返し咲くようになるかの実験。(通常のつるバラの育て方とは違っています)。

育てる人/ハナたろう

 

3月中旬の「つるバラ`フォースオブジュライ´ のブッシュ仕立て」

▲芽が立ってきた「フォースオブジュライ」 写真提供/ハナたろう

のつるバラを自分で挿し木して、2年半育てた株です。去年はオベリスク仕立てにしていました。今年は実験的にブッシュ仕立てでどうなるか、挑戦してみます。良い結果につながるといいですね^^

 

昨年末にオリジナル・ブレンドの培養土で10号プラ鉢に植え替え。3月初旬に芽を確認しながら、鉛筆ほどの太さのところで強剪定してあります。

 

オリジナル・ブレンドの培養土の配合は、赤玉小粒7:バーク入り腐葉土2:籾がら燻炭1。元肥に「バットグアノ」(こうもりの糞を原料とするリン酸が豊富な有機質肥料)をひと握り入れてあります。

 

3月初めに芽だし肥として有機ペレットを施肥。害虫防除のため、株元にオルトランDXを散布しています。

 

 

 

育てた人紹介/ハナたろう

▲庭に咲いた「イントゥリーグ」 写真提供/ハナたろう

バラ栽培3年目。マイホーム購入を契機に新たな趣味として始めました。  初めて育てた『イントゥリーグ』の花容・芳香に感動してハマりました^^ 栃木県在住

 

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク