バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「シェエラザード」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「シェエラザード」は、こんなバラ

▲紫がかったローズピンクの花色、花びらの先が尖る現代的な花形の「シェエラザード」

サ・オリエンティスブランドのバラを作出する「木村卓功」さんを一躍、有名にしたのがこのバラ「シェエラザード」です。紫がかったローズピンクのいかにもバラらしい花色で、花びらの先が尖る現代的な花形をもつこのバラは、育てやすく、花もちが良く、房咲きで、さらにダマスクを基調にした素晴らしい芳香に恵まれた、バラのいいとこ取りを集めたような品種。もちろん四季咲きです。

 

2018年のモナコ国際バラコンクール(The Monaco International Rose Competition)で、芳香賞とフロリバンダ部門賞をダブル受賞したという栄誉をもつバラでもあります。

 

今回育てる「シェエラザード」の環境DATA

関東の東向きベランダ(日照3時間ていど)

昨年、新苗で購入し育てている株

今年の目標/今年は花と芳香を楽しみたいけれど、一番の目標はトラブルなく健康に育てること! 昨年は病虫害がとても少なかったように思うので、そのあたりも注目です!

育てる人/あいびー

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

2月28日の「シェエラザード」/芽吹き

▲大苗からの芽吹き

年の春に新苗でお迎えし、冬の休眠期に8号角鉢に植替えしたシェエラザードです。3本の主幹をもつ立派な大苗に生長してくれました。暖冬のため、2月下旬にはこんなに若葉が広がってきました。

 

若葉の色は、赤い覆輪のある艶葉です。樹高は35cm。

 

4月3日の「シェエラザード」/つぼみが上がる

▲葉が茂ってきました

3月に暖かい日が続き、大きく葉が茂ってきました。ほかの品種でウドンコ病が出ていますが、「シェエラザード」はまったくなく、昨年に続きとても病気に強い印象です。

 

▲小さなつぼみを発見!

 

よく見ると、枝先に小さなつぼみらしきものがありました。ちょっと早い気もしますね。少し早咲きなのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク