バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ポールセザンヌ」。昨年、枯らしてしまったので、今度こそは! とリベンジ編です。応援してくださいね!


ポールセザンヌはこんなバラ

▲黄色と桃色の絞り模様が華やか 写真提供/天女の舞子

ールセザンヌは、黄色と桃色の色鮮やかな絞り模様のバラです。咲き始めは鮮明な花色で、じょじょに退色していく様子も美しい。花径9cmのカップ咲き。絞りのバラをたくさん発表しているフランスのデルバール社のバラです。

 

ダマスクを基調にフレッシュなシトラス香がのる強香です。

 

樹高1.8mまで伸びるシュラブ樹形のバラなので、小型のつるバラに仕立てることもできます。

 

今回育てる「ポールセザンヌ」の環境DATA

関東の、ひさしのある明るい玄関前(昼に数時間、建物の影になりますが陽当たり良好)

今年の2月末にお迎えした大苗

今年の目標/枯らさずしっかり育てること! 去年、枯らしてしまったので、今年はちゃんと1年育てたい!

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

2月25日の「ポールセザンヌ」

▲「バラの家」の大苗を8号鉢に植替え 写真提供/天女の舞子

約していた「ポールセザンヌ」の大苗が、ようやく「バラの家」から届きました。「ポールセザンヌ」は華やかで香りもよい好きなバラですが去年枯らしてしまったので、去年の反省もふまえて今年は健康に育てたいと思います。

 

届いた時点でかなり若葉が広がっています。この大苗を、8号サイズのロングのスリット鉢に植え替えしようと思います。

 

▲根に異常なし! 写真提供/天女の舞子

 

かなり若葉が広がっているのでやろうか迷いましたが、今年の冬に購入した苗に根頭がん腫病が多かったので気になって根を洗ってみました。結果、根に異常はなく、白根もよく発達した健康な大苗でホッとしました。

 

▲鉢と根のサイズを確認 写真提供/天女の舞子

 

8号スリット鉢にネット入りの鉢底石を入れ、大苗を仮置きしてみました。鉢のサイズはちょうど良さそうです。

 

▲マイローズ バラの培養土で植え込みました 写真提供/天女の舞子

 

住友化学園芸の「マイローズ バラの培養土」を使い、肥料なしで植えこみました。撮影後にしっかり水やりし、水分量管理のため「サスティー」を挿しました。置き場所は日当たりの良い場所です。

 

ギリギリ、バラの休眠期とされている2月下旬ですが、今年は暖冬のうえにもうかなり芽が動いている苗の根を洗ってしまったので、少し初期生長に影響が出るかもしれません。しばらく、注視したいと思います。

 

3月9日の「ポールセザンヌ」

▲今のところ元気そう 写真提供/天女の舞子

う若葉がかなり広がっている状態の2月下旬に根を洗ってしまったので、初期生長に不安があります。しばらく、しっかり観察していこうと思います。今のところ元気そうです。

 

3月24日の「ポールセザンヌ」/オベリスク立て・摘蕾

▲さっそく下葉が黄変 写真提供/天女の舞子

えてすぐに根を洗ったせいか、今になって葉っぱが黄色くなってきて心配です。サスティ挿して水の様子を見ている感じでは水切れではありません。なので、やはりがん腫チェックのため根洗いした時期が、遅すぎたのかなと思っています。

 

▲枝が伸びてもいいように、オベリスクを設置 写真提供/天女の舞子

 

昨年失敗する前の生育の状態から枝が伸びるのが早いとわかっているので、今回はオベリスクで、小型のつるばらとして育ててみようと思います。鉢にさすタイプの白いオベリスク(高さ約120cm)を立てました。

 

▲つぼみをピンチ 写真提供/天女の舞子

 

下葉が黄色くなってきているけれど生育はしているらしく、もう小さなつぼみが3つ確認できます。株が調子を崩しているのと、季節外れの早すぎるつぼみなので、今回は手でピンチしてつぼみを取り除きました。

 

3月31日の「ポールセザンヌ」

▲葉の黄変が止まりました 写真提供/天女の舞子

日、つぼみをピンチしてから葉っぱの急激な変化が収まったようです。

 

根の生育を助け、根からの水分や養分の吸収を助ける働きのある菌根菌を使いました。鉢土の3カ所に穴を掘り、5ミリリットルずつ計15ミリリットルの菌根菌を入れて土をかぶせ、水やりしました。


【根の生育を助ける】薔薇の菌根菌 200ml

 

オベリスクを設置してから高さの関係で置き場に少し困り、雨の当たる場所に置き場所を変更しました。朝から昼まで明るめ(直射日光ではない)の光が当たる場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

 

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った「国バラ」でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク