6月7日の「鏡花」/切り戻し・お礼肥え

▲風雨で花が散ってしまった 写真提供/天女の舞子

年の一番花が終わったので、2番花に向け花枝を切り戻しました。平均15cmほど、とくに枝の長いものは25cm切り戻しています。

 

お礼肥えとして「バイオゴールドセレクション薔薇」を、10号鉢の規定量30~50粒のところ15粒与えました。何度も肥料やりで失敗しているので、控えめにしています。

 

6月15日の「鏡花」

▲切り戻したところから新芽が発生 写真提供/天女の舞子

回、切り戻したところから、旺盛に新芽が出てきています。目立った病虫害はありません。

 

株元に植えていたパンジーを抜いた後に補充した土が多かったのか、株元が埋まっていたので、少し避けました。

 

6月22日の「鏡花」/ベイサルシュートの発生と処理

▲ベイサルシュートが2本発生 写真提供/天女の舞子

元からベイサルシュートが2本発生しています。どちらも30cmを越えているので、シュート処理をします。

 

▲先端を手でピンチ 写真提供/天女の舞子

 

先端から最初の5枚葉の上、外芽のところでピンチしました。

 

▲害虫被害が多い 写真提供/天女の舞子

 

蕾がいくつも上がっていますが、今年は虫が多いですね。撮影時にもバラゾウムシの犯行現場に出くわしましたし、すっかり食べられてしまっている蕾もあります。

 

撮影後にベニカXネクストスプレーをかけておきました。

 

あいびーあいびー

蕾を食べたのはたぶん、ヨトウガかホソオビアシブトクチバあたりだと思います。こんな食べ方するってことは、結構大きくなっていると思うので、株をしっかり確認して捕殺してくださいねー!

7月10日の「鏡花」/2番花がつぎつぎ開花

▲2番花がつぎつぎ開花 写真提供/天女の舞子

7月に入ってから、2番花がつぎつぎ開花しています。2番花はぜんぶで5~6輪あります。

 

全開して花径8cmあるので、大きさは1番花とそう変わりませんが、花の印象はずいぶん違います。

 

▲細い花びらのロゼット咲き 写真提供/天女の舞子

 

1番花はまるい花びらでカップ咲きに咲きましたが、2番花は咲き進むにつれ花びらの先が細くなりロゼット咲きになりました。

 

花もちは悪く、開花から3日ほどで鉢を動かしただけで、つけ根からボロリとまとまって散ります。

 

▲葉の色が悪いのが気がかり 写真提供/天女の舞子

 

花枝が細くて長いため、開花するにつれ枝がたわむので支柱が欠かせません。道路に面した場所に置いているのですが、これだけ支柱で固定していても折れ曲がってしまう枝があります。思ったより、風が強く当たる場所なのかもしれません。

 

色が白く抜けている葉がいくつかあります。薬剤をかけているのでハダニではないと思うのですが──。少し様子を見てみます。

 

7月13日の「鏡花」/クロロシス治療

▲なんとなく葉色が悪い 写真提供/天女の舞子

ダニではなさそうなのに葉の色が白っぽく抜けているのが気になっていましたが、そういえば今年は元肥も芽出し肥もなしで春花を咲かせたので、栄養不足(クロロシス)かもしれません。

 

京阪園芸の小山内健さんの動画のコメントでクロロシス対策のスペシャルケアを教えていただけたので、試してみました。

 

リキダス(活力剤)200倍+ハイポネックス(液肥)1000倍をバケツに10リットルつくり、庭のバラ全体にスプレー散布し、残りは鉢土にかけました。来週もう一度、ケアしようと思っています。

 

7月27日・30日の「鏡花」/台風後の手入れ・黒星病対策

▲黒星病がひどいので罹患した葉を除去 写真提供/天女の舞子

風が通過した7月27日に、台風後の手入れをしました。株全体に霧状にしたホース水をかけて塩を洗い流し、落ちてしまったクロロシス対策用のリキダス(活力剤)200倍+ハイポネックス(液肥)1000倍を葉面散布し、残った溶液を鉢土にかけました。

 

赤い新芽があちこちから芽吹いていますが、古い葉を中心に黒星病がひどく出てきたので、病気の葉をすべて取り除きました。

 

さらに、クロロシス対策用の溶液が乾いてから株全体にベニカXネクストスプレーをかけ、株元にベニカXガードを散布。3つついていた蕾を、すべてピンチで取り除きました。マルチングもしたいところですが、今、手元にないので後日購入します。

 

8月10日の「鏡花」/花と蕾をピンチ・台風後の手入れ

▲花と蕾をピンチ 写真提供/天女の舞子

星病で葉が落ちてしまったので鏡花の蕾はピンチしているのですが、ピンチしそこなった花が咲いていました。花径5cmの小さな花ですが、かわいらしいです。

 

▲ピンチ後の鏡花 写真提供/天女の舞子

 

先日の台風で鉢が転がってしまいましたが、土が少しこぼれる程度で済みました。

 

この時期の手入れ

台風後の手入れとして、株全体をホース水を霧状にして洗い流し、落ちてしまったクロロシス対策用のリキダス(活力剤)200倍+ハイポネックス(液肥)1000倍を葉面散布し、残った溶液を鉢土にかけました。

 

葉が乾いてから、黒星病対策のベニカXネクストスプレーを散布。

 

8月24日・9月7日の「鏡花」/追肥・夏剪定

▲どんどん蕾を上げて咲く 写真提供/天女の舞子

ず8月24日の様子から。ピンチしそこなった花が、また咲いていました。黒星病なのに、ひっきりなしに蕾を上げます。花と蕾、さらに黒星病の葉を取り除きました。

 

夏剪定に備えて、あらかじめ追肥します。バイオゴールドを10号鉢で規定量30~50粒のところ、葉を落として弱りぎみなので1o粒与えました。

 

▲夏剪定前の樹高は55cm 写真提供/天女の舞子

 

9月7日。夏剪定をします。剪定前の樹高は55cm。黒星病が株全体に蔓延したので、かなりの葉を取り除いているため状態はイマイチです。

 

▲樹高35~40cmに夏剪定 写真提供/天女の舞子

 

剪定後の樹高は35~40cm。枝先の新芽や若葉を剪定で切ってしまったので、ほとんど葉がなくなりました。剪定はいつも悩みます。いずれ答えが出るので、ドキドキしながら見守りたいと思います。

 

最後に、株全体にベニカXネクストスプレーを散布しました。

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った「国バラ」(国際バラとガーデニングショウ)でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク