バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「結愛」(ゆあ)です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「結愛」(ゆあ)は、こんなバラ


結愛(ゆあ)(大苗)7号鉢植え  四季咲き中輪房咲き系(フロリバンダローズ)スプレー咲き バラ苗

らみのある剣弁の花びらをぎゅっと集めた高芯咲きのバラです。ウエーブがかかったり先が尖ったりする近年流行の花形ではない、古くからのクラシカルなモダンローズの雰囲気があります。

 

写真だけ見ると大輪花のように見えて、じつは花径6cmの中輪咲き。それを枝いっぱいに房咲きさせるフロリバンダ系統のバラです。花つきよく、香りもよく、四季咲き性も良好。

 

樹高1.2mの木立ち樹形で、庭でも鉢でも育てられます。

 

病気耐性、耐寒性、耐陰性が低く、やや手がかかりますが、手をかけた分たくさんの花でしっかり応えてくれるバラです。

 

今回育てる「結愛」の環境DATA

関東の、陽当たりの良い庭

一昨年の秋に購入し、育てている大苗。

今年の目標/樹高が高くなりすぎないように管理する。

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

2月9日の「結愛」/冬剪定・用土替え

▲剪定前の樹高は137cm 写真提供/天女の舞子

れは、一昨年の秋に出かけたイベントで迎えた「結愛」です。「ラ・フランス」と「結愛」で悩んでいたら京成バラ園ヘッドガーデナー・村上敏さんから、「結愛」の方が花が長もちするとオススメしてもらいました。

 

剪定前は、株元から137cmの樹高があります。まず、これを剪定していきます。

 

▲剪定後の樹高は55cm 写真提供/天女の舞子

 

今年は120cmくらいに抑えたいので、気持ち強めに剪定しました。剪定後の樹高は55cmです。右側の低い方の枝にはあまり良い芽がなく、ちゃんと育つか少し心配です。

 

低い方の枝は鉛筆ていど、高い方の枝はさらに二回り太いサイズがあります。

 

▲結愛の根をチェック! 写真提供/天女の舞子

 

根鉢を崩して根をチェックしたところ、がん腫はなさそうなので、予定通り用土替えをしていきます。鉢も現在の8号から10号にサイズアップします。

 

▲株元に春の花を 写真提供/天女の舞子

 

用土はバラの家「プレミアム培養土」を使って植えこみました。京阪園芸の小山内健さんが、株を傾けて植えるとシュートが出やすいと話してられたので、わざと斜めにしています。

 

株元にはパンジー、ビオラ、ヒヤシンスを寄せ植えしました。

 

最後にリキダス(活力剤)の1000倍液と竹酢液を300倍に希釈した水をかけて用土替えは完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った「国バラ」(国際バラとガーデニングショウ)でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク