バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「つるブルームーン」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「つるブルームーン」はこんなバラ


つるブルームーン(大苗)7号鉢植え つるバラ バラ苗

るブルームーンは、青バラの人気品種「ブルームーン」(HT)が、突然変異でつる性になったバラです。もともとの「ブルームーン」同様に、半剣弁のラヴェンダー色の大輪花を咲かせます。ブルーの強香もあり、咲いたときの満足感の高いバラです。

 

返り咲きも少し期待できます。

 

枝が固くて太く曲げにくいので、繊細な誘引はできません。広い壁面などにおおらかに誘引するのに向いています。逆に小さなトレリスやオベリスク、アーチなどでは良さが生かせません。トゲは少なく、あまり引っかき傷を作らずに誘引作業ができます。

 

「つるブルームーン」を購入するときに特に注意したいことがあります。この品種はつる性が安定していないので、大苗から育てるとつる性が失われて木立ち樹形にもどってしまいやすいことです。長尺苗か、枝先に蕾や花のない新苗を購入する方が安全です。

 

今回育てる「つるブルームーン」の環境DATA

関東の北側の庭の壁面(明るい日陰)

大苗から育てて3年目の株

今年の目標/たくさん開花させて、通りすがりの人の足を止めたいですね^^

育てる人/ハナたろう

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

12月13日の「つるブルームーン」/壁面誘引

▲3年かけて樹高350cmの高さに! 写真提供/ハナたろう

つはこの「つるブルームーン」は、大苗で購入して育て始めたところ、木立ち樹形にもどってしまった株です。木立ち樹形から蕾のピンチを続け、3年かけてようやく樹高350cmの高さまで育てることができました。

 

今回は、この「つるブルームーン」のそだレポを、冬の誘引作業から始めたいと思います。

 

誘引する場所は、家の北側の壁です。4月~10月は午後から陽がさします。8月~9月は強烈な西日があたります。11月~3月までは、まったく直射日光はありません。ということで、日照環境としては「明るい日陰」です。バラを育てるには十分な環境とはいえないと思います。

 

日照は少ないのですが、屋根の下なので雨があまり当たらず黒星病にかかりにくいことと、花びらが痛みにくいというメリットがあります。

 

▲家の凸部を利用してワイヤーを留める 写真提供/ハナたろう

 

トレリスなどを使わず誘引したいので、窓の外側についている面格子や雨どいなどを利用してワイヤーを取り付けます。

 

今回の誘引で準備したもの

ワイヤー

電工ペンチ(ワイヤーをカシメて止める道具)

スリーブ(ワイヤーを通してカシメる部品)

ジュート紐

ペンチとハサミ

脚立

 

あいびーあいびー

じつは、外壁にワイヤーを張るために、熱で溶かして取り付けるタイプのフック(「すっぽんフック」など)を提案したのですが、却下されました。「壁に密着させて誘引すると風通しが悪くなるから」とのこと。なるほど、納得です。

▲扇形になるように壁面誘引 写真提供/ハナたろう

 

つるブルームーンの枝は固くて真っ直ぐなので、壁面に扇形を描くように誘引します。

 

▲ワイヤーに枝を留めつける 写真提供/ハナたろう

 

枝とワイヤーは、堅結びでしっかり留めつけます。

 

▲誘引完了 写真提供/ハナたろう

 

赤いラインがワイヤー、青い点がジュート紐で枝を留めつけた位置です。右下の枝を留めるために、追加で黒い支柱を1本立てました。

 

▲花枝が長い、切花向きのバラ 写真提供/ハナたろう

 

最後に花や細枝をカットして、誘引作業は完了。割り箸より細い枝は切り取りました。

 

あまりに葉が青々としているので今回はそのままにして、後日、葉を取ることにしました。寒肥は既に施してあるので、葉をむしれば後は春の芽吹きを待つだけです。

 

▲春の開花が楽しみ! 写真提供/ハナたろう

 

遠くからワイヤーは見えないので、まるでバラが壁を這い登っているようです。来春の開花が、今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/ハナたろう

バラ栽培4年目。マイホーム購入を契機に新たな趣味として始めました。  初めて育てた『イントゥリーグ』の花容・芳香に感動してハマりました^^ 栃木県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク