バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「鏡花」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「鏡花」は、こんなバラ


鏡花(きょうか)(大苗)7号鉢植え 四季咲き大輪系 F&Gローズ ネオ・モダンシリーズ バラ苗

花は、淡いピンク色のディープカップ咲き。1輪に80枚以上の花びらがぎゅっと詰まったクラシックな花形が魅力的なバラです。花径は約10cm。フルーツにミルラの乗った強香も楽しめます。

 

樹高1.2m。四季咲き。半直立性の木立ち樹形。

 

「鏡花」はF&Gローズブランドのバラ。花枝が長く豪華な花を咲かせる切花向きの花で、しかもガーデンでも育てやすい品種です。

 

品種名は、明治後期から昭和初期にかけて活躍した小説家・泉鏡花から名づけられました。泉鏡花は怪奇趣味と特有のロマンティシズムが特徴的な作家で、バラの「鏡花」は、泉鏡花が小説に描く女性をイメージしています。

 

「バラの家」のデータによると、四季咲き性と耐暑性は★4、樹勢★3、ウドンコ病耐性★3、黒星病耐性★2、耐陰性と耐寒性が★2。黒星病耐性が低いので軒下など雨の当たらない環境で育てた方が良さそうです。

 

今回育てる「鏡花」の環境DATA

関東の、陽当たりの良い庭

昨年の冬に購入し、一年間鉢で育てた大苗。

今年の目標/昨年の夏に水切れで太い枝を1本枯らしてしまったので、今年は元気に夏越しさせたい。

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

2月1日の「鏡花」/冬剪定・植え替え

▲大苗から1年間育てた「鏡花」 写真提供/天女の舞子

の「鏡花」は、昨年の大苗の福袋で我が家に迎えてちょうど1年たった株です。今回は、大苗から2年目の「鏡花」をレポートします。

 

まず冬剪定と植え替えを行います。剪定前の樹高は80cmです。

 

▲剪定後は半分の樹高40cmに 写真提供/天女の舞子

 

葉を取り除いた後、芽を確認しながら剪定していきます。

 

下の方にあまり良い芽がなく、悩みながら半分の40cmに切りました。左の枝は良い芽がなかったので、細い枝を残しています。右の枝は交差していますが、とりあえずこのままで。

 

▲8号鉢から10号鉢へ 写真提供/天女の舞子

 

8号のスリット鉢から10号鉢(ロゼアポット)に植え替えます。「鏡花」の鉢の中央に、枝の太さの比較になるよう割り箸と鉛筆を並べて立てています。

 

▲がん腫なし! 写真提供/天女の舞子

 

「鏡花」を鉢から出して、根のチェック。一部、塊のようなものがあってがん腫かとあせったのですが、硬くて崩れないのでカルスと判断しました。とりあえず一安心です。

 

▲株元にパンジーとヒヤシンスを 写真提供/天女の舞子

 

もともと入っていた鉢底石をきれいに洗って消毒してから新しい鉢の底に敷き、バラの家の「プレミアム培養土」で植えこみました。元肥はナシです。最後に、株元にパンジー「ドラキュラ」とヒヤシンスを寄せ植えしました。

 

「鏡花」の枝は、横に寝かせ気味にしています。京阪園芸の小山内健さんによると、こうするとシュートが出やすくなるそうです。植え替え後は、リキダス(活力剤)の1000倍液と、竹酢液の300倍液を与えました。

 

こってりした色あいの八重咲きパンジー「ドラキュラ」は、近所の花屋さんが頑張って仕入れてくれたもの。とても個性的なパンジーです。1年草を株元に寄せ植えしておけば、バラの花がない時期も鉢が賑やかでいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った「国バラ」(国際バラとガーデニングショウ)でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク