6月23日の「グリーンアイス」/2番花の蕾をピンチ

▲2番花の蕾がたくさん 写真提供/ORCA

1番花の切り戻しから約1カ月。2番花の蕾がたくさんついてきましたが、株の生長を優先してすべてピンチします。枝をもう少し伸ばしたいので、切り戻しではなく蕾のみ取り除きました。

 

▲株にボリュームがでてきた 写真提供/ORCA

 

樹高はあまり変わらないけれど、枝葉が増えて株にボリュームが出てきました。なんとかフェンスの半分くらいまで伸ばしたい! 上部のヘデラは、なんとか根づいてくれたようです。

 

ミニバラなのにハダニも病気もありません。強い品種ですね!

 

7月11日の「グリーンアイス」/ベイサルシュートが発生

▲蕾は見つけ次第ピンチ 写真提供/ORCA

の「グリーンアイス」は枝を伸ばすのが目的なので、蕾を見つけ次第ピンチしています。フェンスからはみ出す枝を3本ほどカットしました。この調子なら、なんとかフェンスの半分くらいまで届きそうです。

 

小さい鉢に植えたアイビーは健気に根付いてくれたようで、枝葉にボリュームが出てきました。

 

▲ベイサルシュートが発生 写真提供/ORCA

 

良く見ると、株元からベイサルシュートが出ています。鉢土に、マルチング用のマンネングサをポツポツ植えました。

 

我が家の多くのバラは、夏の間、屋根つきのミニドッグランに棚を作って並べましたが、「グリーンアイス」は強そうなので外で管理しています。

 

▲もう1鉢は次々開花 写真提供/ORCA

 

一方こちらは、フェンスに誘引せず自然に枝垂れるようにした鉢。蕾をピンチしていないので、次々花を咲かせています。こっちの仕立て方の方が良かったかな~なんて思いながら見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/ORCA

かつて東京に住んでいたころ、新宿の某百貨店の生花店でブルームーンの切り花を見て感動しました。そこで、きれいな青紫色のブルームーンを花束にして、お芝居をしていた友人の舞台に贈ったことがあります。

 

その後、和歌山県の白浜町に引っ越してから始めたのがバラ栽培で、今年で2年になります。ブルームーンの思い出もあり青バラをメインに、青バラを引き立てる色として緑や白、茶系のバラを育てています。

 

白浜は暖かいイメージがあると思いますが、冬はすごい風が吹くんです。海の近くなので塩害にも気を配り、いろいろ考えながらバラ栽培を楽しんでいます。生花店に勤めていたこともありますが、切り花がメインなので植物栽培はあまり経験がありません。

 

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク