バラの分類/多彩なバラの花形。 高芯咲き、カップ咲き、ロゼット咲き・・・咲き方の種類いろいろ!

      2017/05/03


バラにはさまざまな花形があります。だからこそ、何万もの品種があっても飽きずに楽しめるのですが、初心者のうちは聞きなれないバラの花形の名前に戸惑ってしまうものです。ここでは、多彩なバラの花形を一つひとつ紹介します! 参考にしてくださいね!

スポンサーリンク



基本は、バラを横から見た形から分類する

高芯咲き

IMG_4170_Fotor

▲半剣弁高芯咲きの「モンタギュー」

横から見たとき芯が高く花を上から見る芯を中心に花びらが渦巻くような形に咲くのが「高芯咲き」です。1912年にイギリスのウィリアム・ポールが作出した「オフェリア」という淡いピンク色のバラにより、高芯咲きが確立したとされています。ハイブリッド・ティー系統やフロリバンダ系統のモダン・ローズに多く見られる花形です。

高芯咲きのバラには、剣弁の花びら、半剣弁の花びら、丸弁の花びらがあり、それぞれ「剣弁高芯咲き」「半剣弁高芯咲き」「丸弁高芯咲き」と呼ばれます。

IMG_4171

▲咲き進んで花芯がほどけた「モンタギュー」

高芯咲き外側の花びらから順に開いていくので、長く花芯が高いままに残りますが、咲き進むとやがて巻き上がっていた芯がほどけておしべが見えてきます。

 

「剣弁高芯咲き」か「高芯剣弁咲き」か?

ラ・フランス

▲モダン・ローズの祖ハイブリッド・ティー系統の「ラ・フランス」

弁高芯咲きといえば、ハイブリッド・ティー系統に特徴的な咲き方です。花びらが「剣弁」で、芯が高くなる咲き方で、いかにも「モダン・ローズ」らしい咲き方といえます。

ところで、「剣弁高芯咲き」(けんべんこうしんざき)という表記と「高芯剣弁咲き」(こうしんけんべんざき)という表記の両方を見かけますが、どちらが正しいのでしょう? 花びらの形状を先にもってくるか、芯が高くなる性質を先にもってくるかの差で、どちらも同じことを言っているので、どちらでもいいといえばいいのですが。

少し古いバラの本を見ると、「高芯咲き」と次に紹介する「平咲き」を並んで紹介しているものを見かけます。このことから、「平咲き」とは「高芯咲き」ではないことをさす言葉だろうとわたしは推測しています。平咲きで「剣弁平咲き」という言い方はできても「平咲き剣弁咲き」という言い方はしにくいですよね。

ということは高芯咲きでも、花びらの形状を先にもってくる「剣弁高芯咲き」が正しい呼び方なのではないかなぁ、と思っています。もちろん推測なので、違う場合にはどうぞご指摘くださいね!

 

平咲き

minibara

▲丸弁平咲きのミニバラ

横から見たときに、芯が高くならず、平らに咲く咲き方です。上記の「高芯咲き」と対になる分類方法で、「高芯ではない」という意味合いで使われてきたのではないかと思います。主に八重咲きのモダン・ローズを分類するためのものと思われますが、ナーセリーの方(つまりバラ生産のプロ)が「平咲き(一重咲き)」と使っている場合も見かけるので、ややあいまいです。

平咲きのバラにも高芯咲きと同じように、剣弁の花びら、半剣弁の花びら、丸弁の花びらがあり、それぞれ「剣弁平咲き」「半剣弁平咲き」「丸弁平咲き」と呼ばれます。

 

 

ポンポン咲き

Mini Roses
Mini Roses / drpavloff

▲ポンポン咲きのミニバラ

側の花びらが、付け根から下向きになるまで強く反り返り、花を横から見る球形に近い形に見える咲き方を「ポンポン咲き」と呼びます。ポンポン咲きは、バラではミニバラに多い咲き方のように思います。大輪のバラでは、イングリッシュ・ローズでポンポン咲きの品種を見かけます。

「剣弁ポンポン咲き」、「丸弁ポンポン咲き」という分け方をしているサイトもありました。

dalia

▲ポンポン咲きのダリア

ポンポン咲きは、ダリアや菊、ジニア(ヒャクニチソウ)などキク科の植物によく見られます。

 

カップ咲き

IMG_4372_Fotor

▲シャロー・カップ咲きの「クレア・オースティン」

びらが内側に向かってゆるくカーブしていて、花を横から見るカップのような形になる咲き方を「カップ咲き」といいます。花びらの立ち上がりが低い、浅いカップのものを「シャロー・カップ咲き」、花びらの立ち上がりが高い、深いカップのものを「ディープ・カップ咲き」と呼び分けることもあります。

pierre deepcup

▲咲き始めはディープ・カップ咲きの「ピエール・ドゥ・ロンサール」

ップ咲き典型的なオールド・ローズの咲き方で、多くのオールド・ローズがカップ咲きです。

近年、オールド・ローズの花形が人気になってきたのにともない、オールド・ローズのような花形のモダン・ローズも多く作出されています。写真の「クレア・オースティン」はモダン・シュラブ系統のイングリッシュ・ローズ、「ピエール・ドゥ・ロンサール」は、ラージフラワード・クライマー系統のバラ。どちらもモダン・ローズです。

IMG_2390-2

▲オープン・カップ咲きの「アンジェラ」

ップ咲きでは、カップの中が花びらで満たされているものが多いのですが、花びらの枚数があまり多くない品種では、カップの中は空洞です。こういうタイプの咲き方を「オープン・カップ咲き」と呼ぶ場合もあります。

IMG_4348

▲盃状咲きの「スパニッシュ・ビューティー」

ップ咲きの中でも花びらの先が内側にカーブせず、外に反る咲き方「盃状咲き」と呼ぶことがあります。写真の「スパニッシュ・ビューティー」のようなタイプの咲き方をさすようですが、「盃状咲き」という分け方自体、あまり一般的ではありません

 

抱え咲き

mygarden

▲抱え咲き?の「マイガーデン」

え咲きの説明はかなりまちまちです。「カップ咲き(抱え咲き)」と書いてあったり、「芯を抱えるようになる」と書いてあったり、「5分咲きくらいで花芯がほぐれてくる咲き方」とあったり、はっきりしません。典型的な抱え咲きのバラとして「マイガーデン」が紹介されている本がありましたので、写真を載せておきます。(「丸弁高芯咲き」との違いが分かりませんが・・・)。

 

小さな花びらが放射状に伸びるロゼット咲きと、クオーター・ロゼット咲き

「ロゼット咲き」は、花びらが芯から放射状に伸びる花形

Cardinal de Richelieu

▲ロゼット咲きのバラ「カーディナル・ドゥ・リシュリュー」(Cardinal de Richelieu)

ゼットというと、小学生のころに理科の時間に習った覚えがありませんか? タンポポの葉のように、平らに放射状に伸びる形をロゼットと言うのでしたね。じつはこの「ロゼット」という言葉は、「バラのような」という意味で、もともとバラの花形をさしていたのです。

上の写真のように、花芯から花びらが放射状に伸びる咲き方「ロゼット咲き」です。外側から内側にいくほど花びらが小さく、横から見ると平らに見えるのが特徴です。

でもよく考えれみれば「バラのような(ロゼット)咲き方のバラ」って・・・なんだか言葉として変ですね!

ロゼット咲きは、オールド・ローズに多く見られる花形です。写真のカーディナル・ドゥ・リシュリューガリカ系のオールド・ローズです。モダン・ローズではミニバラでよく見かけるように思います。

 

花芯が4つに割れる「クオーター・ロゼット咲き」

IMG_3925-2

▲クオーター・ロゼット咲きの「ピエール・ドゥ・ロンサール」

めてこの咲き方のバラを見た人は、きっと誰もが驚いてしまうでしょう。「こんなバラがあるなんて!」と、すっかりバラの虜になってしまうかも! それくらい特別に優雅でアンティークな魅力のある咲き方が「クオーター・ロゼット咲き」です。

「クオーター」は1/4の意味なので、クオーター・ロゼット咲きは「1/4ずつに分かれたロゼット咲き」といった意味でしょう。でも、正確に4つに分かれなくても、3つでも5つでも、複数に分かれて渦を巻くようになる咲き方をすべて「クオーター・ロゼット咲き」と呼んでいます。

IMG_4263_Fotor

▲「真宙」(まそら)

ップ咲きクオーター・ロゼット咲きは、近年とても人気が高く、さまざまな品種のバラが作出されています。上の写真の「真宙」(まそら──2009年作出)のように、カップの内側の花びらが細かく分かれて全体が渦を巻くような複雑な形状の花形もあります。ここまで細かく分かれると、さすがに「クオーター・ロゼット咲き」とは言いにくいらしく、単に「カップ咲き」と表記されています。

 

品種は少ないけれど、特別ユニークな咲き方

シャクヤク咲き

yves piaget

▲シャクヤク咲きの代表品種「イヴ・ピアジェ」(Yves Piaget)(「イヴ・ピアッチェ」とも表記されます)

るくフリルのかかった切れ込みの多い花びらが不規則に並ぶので、まるでシャクヤクのように見える咲き方を「シャクヤク咲き」といいます。代表的な品種は「イブ・ピアジェ」です。

 

ボタン・アイ

IMG_4280-2

▲ボタン・アイのデュシェス・ドゥ・モンテベロ(Duchesse de Montebello)

の中央の小さな花びらが芯に向かって折りたたまれているような咲き方を「ボタン・アイ」といいます。確かに真ん中にポチンとボタンを留めたように見えますね! オールド・ローズに特徴的な花形ですが、オールド・ローズを交配の親としていることの多いイングリッシュ・ローズでも見かける花形です。とってもユニークですね!

 

フリル咲きとナデシコ咲き

ピンク・サマースノー ホワイト・グルーテン・ドルスト

▲左:フリル咲き 右:ナデシコ咲き

打つ花びらをもつフリル咲きと、先に細かい切れ込みが入ったギザギザな花びらをもつナデシコ咲きは、花びらの形状のページで紹介しています。参考にしてください。

バラの分類/バラの花びらの形状には5つの種類があります!

 

▼花びらの枚数による分類のしかたは、こちらをご覧ください。

バラの分類/花びらの枚数は何枚から八重咲き?

▼花の咲く時期や回数による分類のしかたは、こちらをご覧ください。

バラの分類/バラの一季咲き、返り咲き、くり返し咲き、四季咲き、ちゃんと区別できる?

 

まとめ

o0228021113263924831 (1)
バラの咲き方の分類を、なんとかちゃんとまとめたいと思ったのだけど、かなり大変だったわ! それというのも、資料により紹介のしかたがまちまちだからなのよ。つまり、学術的(?)にきちんと分けられたものではなくて、経験則的になんとなく分類されているものなんでしょうね。なるべく広く調べたつもりなので、参考にしてください!

高芯咲きのところで紹介したように、花形は、咲き進むにつれて変化します。育てる環境によっても変わります。いつもコピーしたように同じ花が咲くわけではないので、だいたいの目安と考えてくださいね!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク







 

<おすすめ記事一覧>



 - ▶バラの分類 , , , , , , , , , , , , , , ,