バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回はミニバラ「ワンダーファイブ」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

ミニバラ「ワンダーファイブ」は、こんなバラ

▲「ワンダーファイブ」夏の白花 写真提供/ハナたろう

径1cmほどの極小輪ミニバラ「ワンダーファイブ」は、気温の低いときにはピンク、高温期には白に発色する房咲きタイプのミニバラです。

 

生育旺盛な完全四季咲き。花後に剪定しておけば、つぎつぎ花枝を伸ばしてつぼみをつけるので、年に何度も花が楽しめます。

 

第4回モナコ国際バラコンクールにてPIAGET賞を受賞しています。

 

今回育てる「ワンダーファイブ」の環境DATA

関東の南向きの庭(陽当たり良好)

去年の春に購入し、育てているバラ

今年の目標/去年の経験から、とても強健で暴れそうだったので、冬に思い切った強剪定をしました。これでどこまで育ってくれるか楽しみ!

育てる人/ハナたろう

 

3月中旬の「ワンダーファイブ」

▲ワンダーファイブの新葉 写真提供/ハナたろう

年の春に道の駅で花つきの苗を購入しました。当初、品種名が分からなかったのですが、おそらく早野園芸さんの「ワンダーファイブ」と思われます。去年の春花は木を太らせるため花もつぼみも摘んで育て、夏から咲かせました。

 

昨年末にオリジナル・ブレンドの培養土で10号プラ鉢に植え替え。去年育ててみて強健すぎるほど強健で暴れるほどだと感じたので、株元から5cmくらいでバッサリ切り詰める強剪定をしました。

 

オリジナル・ブレンドの培養土の配合は、赤玉小粒7:バーク入り腐葉土2:籾がら燻炭1。元肥に「バットグアノ」(こうもりの糞を原料とするリン酸が豊富な有機質肥料)をひと握り入れてあります。

 

3月に入ってモサモサ芽吹いてきて、中旬には写真のように濃い緑色のツヤツヤの葉っぱ(まるでノイバラのよう!)が広がってきました。

 

害虫防除のため、株元にオルトランDXを散布しています。

 

 

 

育てた人紹介/ハナたろう

▲庭に咲いた「イントゥリーグ」 写真提供/ハナたろう

バラ栽培3年目。マイホーム購入を契機に新たな趣味として始めました。  初めて育てた『イントゥリーグ』の花容・芳香に感動してハマりました^^ 栃木県在住

 

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク