バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回はデルバール社の「ポールセザンヌ」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ポールセザンヌ」はこんなバラ


【バラ苗】 ポールセザンヌ 大苗 デルバール (Del) 四季咲き 黄色 強香 強健 バラ 苗 薔薇

ールセザンヌは、黄色と桃色の色鮮やかな絞り模様のバラです。咲き始めは鮮明な花色で、じょじょに退色していく様子も美しい。花径9cmのカップ咲き。絞りのバラをたくさん発表しているフランスのデルバール社のバラです。

 

ダマスクを基調にフレッシュなシトラス香がのる強香です。

 

樹高1.8mまで伸びるシュラブ樹形のバラなので、小型のつるバラに仕立てることもできます。

 

今回育てる「ポールセザンヌ」の環境DATA

関東の、ひさしのある明るい玄関前(昼に数時間、建物の影になりますが陽当たり良好)

今年の3月19日にお迎えした大苗

今年の目標/枯らさずしっかり育てること!

 じつは昨年、中苗で迎えたポールセザンヌを理由も分からないまま枯らしてしまったので・・・。

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

4月初旬の「ポールセザンヌ」

▲ポールセザンヌの葉が茂ってきたところ 写真提供/天女の舞子

年の3月19日にバラの家から届いた大苗です。現在は届いたときの鉢のまま(6号?)。一度、有機質肥料(花ごごろの、特選有機 濃い バラの肥料)を一握り与えています。

 

届いたときにはまだ新しい葉が広がってきたところでしたが、今では大きな葉がワサワサとたくさん茂ってきました。ポールセザンヌの葉は赤味のない緑のツヤ葉です。新しい枝もだいぶ伸びてきています。

 

よく見ると、同じところから複数の芽が出ていたので芽掻きをしました。

 

4月23日の「ポールセザンヌ」

▲4月中旬のポールセザンヌ 写真提供/天女の舞子

 

花枝が伸びて広がってきたので、支柱を立て麻紐で結びました。支柱はダイソーで長さ75cmのものを購入。

 

ポールセザンヌは枝を短く切ってブッシュ仕立てにも、長く伸ばしてオベリスク仕立てにもできるそうなので、どうしようか悩みちゅうです。

 

この時期の手入れ

病気と害虫対策/殺虫と病気予防に住友科学園芸のベニカXファインスプレーをかけました。

活力剤と追肥/水を与えるときにリキダスを200倍に薄めたのとハイポネックスを1000倍に薄めたのを混ぜて与えました。

 

▲つぼみが上がってきました 写真提供/天女の舞子

 

つぼみが見えてきたので、水やりのハイポネックスを控え、リキダスのみ入れるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

▲「センチメンタル」写真提供/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った昨年の「国バラ」でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク