バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ペネロペイア」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ペネロペイア」は、こんなバラ

▲間近に鑑賞して楽しめる、花一輪ごとの表情が魅力的

ネロペイアは、ピンクを基調にまるく咲く愛らしいバラですが、それぞれの花により花びらの裏が黄色がかっていたり、クリーム色に寄った色味だったり、淡い色の覆輪になっていたりと、微妙な花色の変化があります。色だけでなく、花びらの形も変化に富んでいます。縁に不規則な切れ目が入り、真ん中がツンと小さく尖った先尖咲き。しかも全体がゆるく波打つ波状弁。

 

とても繊細なつくりの「ペネロペイア」は、近づいてひとつひとつの花の表情を楽しみたいバラです。ダマスクの強香をもち、耐病性とくに耐暑性に優れた育てやすさも魅力的。

 

日本の気候に合った、日本人の感性に触れるバラにこだわった育種を大事にしている「ロサ・オリエンティス」の木村卓功さん2018年の自信作です。

 

今回育てる「ペネロペイア」の環境DATA

関東の陽当たりの良い庭(1日6〜7時間、陽が当たる南東のコンクリート通路)

 

鉢植え 。新苗から2年目の株。

 

今年の目標

元気に夏越し! (日向のコンクリート敷きの通路という過酷な環境で育てるので)まずは元気に夏越しして、秋花を見るのが目標です。

 

このバラを選んだ理由

複色の花色、モダンな花型、ダマスク系の強香、と好みの花であることと、高い耐病性と耐暑性を持ち、四季咲きで、色々な構造物に使える、そして”トゲが少ない”ことを兼ね備えた稀有な品種でした。同じ条件を満たすバラが他にほとんど見当たらなかったくらいです。この品種が一番「データ選考」だったので目論見の通りになるかどうか注目しています。

 

育てる人/とらうさぎ

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月15日の「ペネロペイア」/芽吹き

▲トゲが少ない赤い枝は、直立タイプのシュラブ樹形 写真提供/とらうさぎ

の間、「ペネロペイア」の枝は赤くなります。トゲが少なくてすべすべした枝です。すっと上に伸びる形で枝が出るので樹形が整いやすいように思います。

 

赤玉土小粒+バラの家「極上バラ培養土のもと」〜40%混合で、8号スリット鉢に植えつけてあります。元肥にはバラの家プレミアムローズオーガニック肥料(粉末)を規定量入れました。
 
 
▲赤い覆輪のある濃い緑色の若葉 写真提供/とらうさぎ
 
 
芽吹きは、やや遅いめです。濃い緑の葉で、赤い覆輪があります。控えめなツヤの照り葉だと思います。(枝の切り口には病気予防のためトップジンMペーストを塗ってあります)。
 
 
今のところ葉に病変はありませんが、枝に謎のカビ? らしき汚れが着きました。住宅の窓枠などに結露で生えるような緑色のものです。除菌ウェットティッシュでふき取るとそのままなくなりました。
 
 
現在、樹高は75cmほど。つるバラとして使えるシュラブ樹形ということなので、どのくらい大きくなるのか伸ばしてみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/とらうさぎ

ポタジェに憧れている庭仕事3年目の初心者です。庭のある家に越したのを契機にガーデニングにハマりました。狭い庭のうち一番日当たりの良い場所は家庭菜園に譲っているので、バラ栽培はそれ以外の場所を開拓しながら行っています。家庭菜園があるので、バラの栽培スタンスは減農薬です。東京都の郊外在住。

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク