バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ノヴァーリス」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ノヴァーリス」は、こんなバラ

▲薄紫色の凛とした咲き姿が美しい

界じゅうでバラが愛されていますが、日本人ほど薄紫のバラ(いわゆる青バラ)を好む人はいません。薄紫のバラが作出されるのは、ほぼ日本とドイツだけといわれます。アメリカにも紫のバラはありますが、もっとはっきりとしたプルーンのような濃い色です。

 

「ノヴァーリス」は、ドイツの有名ナーセリー「コルデス社」が2010年に発表したシュラブ系統の青バラです。それまで青バラは病気にかかりやすく、樹勢がなく、耐陰性もない育てにくい品種がほとんどでした。そんな常識をくつがえしたのが、この「ノヴァーリス」です。

 

「ノヴァーリス」は、「バラの家」の評価によると「樹勢3、ウドンコ病耐性4、黒星病耐性4、耐陰性3、耐寒性3、耐暑性3」です。とにかく病気耐性が高く、樹勢もそこそこ。他のほとんどの青バラの耐陰性が2なのに、「ノヴァーリス」の耐陰性は3です。それまでの青バラに比べて、格段に育てやすい青バラなのです。そのため「最強の青バラ」という呼び名すらついています。

 

花びらの先が尖った咲き姿も、凛としてきれいです。

 

▼青バラについてくわしくは、こちらをご覧ください

今回育てる「ノヴァーリス」の環境DATA

関東の東向きベランダ(日照3時間ていど)

昨年、新苗で購入し育てている株

今年の目標/あせらずじっくり木を育てたい。花は少量ずつ春・秋の両方楽しみたい^^

育てる人/あいびー

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月12日の「ノヴァーリス」/芽吹き

▲芽吹きはやや遅く3月に入ってから

にかひとつ青バラをお迎えしたいと思い、昨年いろいろ調べたのですが、青バラってどれも耐陰性が低いんです。ほとんどの青バラが「耐陰性2」です。そんななか「最強の青バラ」の呼び声高い「ノヴァーリス」だけは「耐陰性3」でした。これなら日照条件のあまりよくない我が家のベランダでも、なんとか咲いてくれるかな、と期待して昨年の春に新苗でお迎えしました。

 

秋花を少し楽しんだ後の今年の1月に8号角鉢に植替えし、ようやく若葉が広がってきたところです。

 

▲やや赤みを帯びた若葉

 

「ノヴァーリス」の芽吹きは、他の品種に比べてやや遅いめでした。3月に入ってようやく芽吹いてきたかんじです。葉色は胴葉というほどではないけれど、やや赤みを帯びています。艶もほんの少しあります。樹高30cm。

 

▲50ppmの次亜塩素酸水を散布

 

今年から我が家では次亜塩素酸水を導入しました。病気予防の消毒として頻繁に散布する予定です。

 

ウドンコ病耐性4と高評価の「ノヴァーリス」ですが、去年少しウドンコ病が出ていたので、予防的に次亜塩素酸水を散布しました。若葉に影響が出ると嫌なので、通常の100ppmより薄い50ppmの散布液です。

 

さらに芽出し肥として、緩効性化成肥料を少量、土にばら撒きました。「ノヴァーリス」を植えた土は元肥なしのバラの土だったと思うのですが・・・じつは土が足りなくなって元肥ありの培養土もいくつかのバラに使ったんですね。そして、どのバラにどの培養土を使ったか忘れてしまって(^^; 

 

もし「ノヴァーリス」に元肥ありの培養土を使っていたら、さらに芽出し肥を追加するのは多すぎます。と、いうことで。肥料過多になるのは嫌なので、少量の肥料やりにとどめておきました。

 

4月3日の「ノヴァーリス」

▲旺盛に葉が展開

ヴァーリスの芽は各枝に3芽ずつ。バランス良く、葉が大きく広がってきました。真ん中の枝が左に寄り過ぎていたので、短く切った割りばしの両端を鼓型に凹ませてはさみ、枝同士がくっつきすぎないようにしました。

 

▲若葉にウドンコ病が!

 

昨年もそうだったんですが、やはり若葉にウドンコ病が出ています。我が家が日照が悪いせいでもありますが、ちょっとウドンコ病には弱そうな印象です。次亜塩素酸水の散布をしているんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク