バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ジュードジオブスキュア」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ジュードジオブスキュア」は、こんなバラ


【大苗】バラ苗 ジュードジオブスキュア (ER杏黄) 輸入苗 6号鉢植え品【即納】《ER-Y》

り高い品種の多いイングリッシュ・ローズのなかでも、「超強香」のバラとして多くの方に愛されているのが「ジュードジオブスキュア」です。

 

カーブの強いコロンとした杏色の大輪花は美しく、香りはグアバを思わせるフルーツの超強香。四季咲き性も強く、しかも育てやすい。欠点の少ない、初心者でもベテランでもじゅうぶん楽しめる優れた品種です。

 

1995年デビッド・オースチン作出の、強香バラ好きにはたまらない名花といえます。

 

今回育てる「ジュードジオブスキュア」の環境DATA

関東の陽当たりの良い庭(1日5〜6時間陽が当たる南東の軒下)

 

庭植え 。大苗から2年目の今冬に地植えした株。

 

今年の目標

薬害を発生させない!(昨年は9月の薬剤散布でひどい葉焼けを起こして調子を崩したので)今年は健康に夏越しをするのが目標です。

 

このバラを選んだ理由

ジュードジオブスキュアは、まさに一目惚れしたバラです。アプリコットの花色、丸い花型、フルーツの強香、と、すべてが好みで心を鷲掴みにされました。

 

育てる人/とらうさぎ

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月15日の「ジュードジオブスキュア」

▲大苗から2年目の株 写真提供/とらうさぎ

年春に大苗でお迎えし、今冬に南東の軒下に地植えしました。1日5~6時間の日照があります。もとの土壌は粘土質で、植え穴の底に京成バラ園の土を1袋(14リットル)+庭土にバラの家「極上バラ培養土のもと」〜40%混合で植え付けしました。元肥にはバラの家プレミアムローズオーガニック肥料を規定量入れています。

 

ジュードジオブスキュアは冬になってもあまり枝が赤くならないようです。全体に緑色がかった薄い茶色ですが、剪定跡などが焦げ茶色に変色することがあります。

 

これまでの経緯
12月8日/鉢植えから地植えに。
 
2月11日/葉をむしって剪定
我が家では、ジュードジオブスキュアは寒くなっても葉が落ちません。2月になっても青々しているので剪定時期に迷いましたが、結局思い立った日にやってしまいました。葉を下向きに引いてもなかなか取れないのでハサミで切り取り、剪定した枝先にトップジンMペーストを塗りました。
 
3月15日/芽吹き
ちょうど芽吹きだしたところです。我が家の他の品種に比べると遅い方だと思います。
 
 
▲芽吹きは細く繊細なかんじ 写真提供/とらうさぎ
 
 
芽吹きは細く繊細なかんじで、開くと葉脈が目立つ赤っぽい葉になります。控えめなツヤがあり照り葉の系統だとは思いますが、ピエールドロンサールやボレロと比べるとそこまでテカテカしているわけではありません。今は特に病変もなく順調な芽吹きです。
 
 
現在、樹高は40cmくらい。この品種は放っておいても満遍なく枝が出ます。横張りですが綺麗な枝ぶりだと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/とらうさぎ

ポタジェに憧れている庭仕事3年目の初心者です。庭のある家に越したのを契機にガーデニングにハマりました。狭い庭のうち一番日当たりの良い場所は家庭菜園に譲っているので、バラ栽培はそれ以外の場所を開拓しながら行っています。家庭菜園があるので、バラの栽培スタンスは減農薬です。東京都の郊外在住。

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク