バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ザ ミル オン ザ フロス」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「ザ ミル オン ザ フロス」は、こんなバラ


バラ苗 ザミルオンザフロス 大苗ER6L専用角鉢入 ピンク系 イングリッシュローズ

ンクの花びらに、ごく細い糸のような紅色の覆輪が入る「ザミルオンザフロス」は、イギリスのデビッド・オースチン2018年発表のイングリッシュ・ローズです。

 

花は小ぶりながら形の整ったディープカップ咲き。中央に黄色いボタンアイが現れる愛らしい花形です。小ぶりな花を枝いっぱいに房咲きにして、とても華やかな印象になります。

 

樹高1.2mのシュラブ樹形で、よく返り咲きます。フルーティな中香も楽しめる人気品種です。

 

花名は、1860年に出版されたイギリスの作家ジョージ・エリオットの小説「The Mill on the Floss」(『フロス湖畔の水車小屋』)に由来しています。

 

今回育てる「ザミルオンザフロス」の環境DATA

関東の陽当たりの良い庭

 

鉢栽培/今春に大苗を購入。基本は日向に置いて1日7時間ほど陽に当て、暑い時期と雨の日は軒下に入れるつもりです。

 

今年の目標/イングリッシュローズ(正確には輸入苗)を鉢で育てるのが苦手なので、とにかく元気に育ってくれればと願っています。大きく育ったら玄関への通路に置いて、ウエルカムローズにしたいと考えています。

 

このバラを選んだ理由/バラには珍しい繊細な糸覆輪に一目惚れしました。さらに耐病性も高そうなので期待しています。実際に育てて確認したいと思います。

 

育てる人/とらうさぎ

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月7日の「ザミルオンザフロス」/芽吹き

▲枝先が痛んで、下の方から芽吹いている 写真提供/とらうさぎ

ミルオンザフロスは、発表されたときから気になっていた品種でした。が、わたしはイングリッシュローズ(というか輸入苗)に少し苦手意識があって、ずっと買うのを躊躇していました。

 

ところが今春、近所のホームセンターのセール会場で出会ってしまったのです! 気がついたときには鉢を抱えてレジに並んでいました(笑)。

 

店頭で見たときには既に少し芽吹いていましたが、枝先に元気がなく、下の方の芽が動いていました。ホームセンターの屋外管理の間に乾いた寒風にさらされ傷んだのかもしれません。

 

▲元気な芽の上まで枝を切り戻し 写真提供/とらうさぎ

 

上の方の芽は動きそうになかったので、元気な芽の上まで切り戻しました。切り戻し後の枝の長さは10cm弱。葉を入れても樹高15cmです。

 

土は購入してきたときのまま育てます。焦げ茶色の繊維質のもの(ココナツピート?)が主体で、そこに小粒の赤玉土、鹿沼土、バーミキュライトを混ぜてあるような軽い土です。水保ち、水はけは良さそうにみえます。

 

▲「ザミルオンザフロス」の若葉は赤みの強い照り葉 写真提供/とらうさぎ

 

葉は赤みのある照り葉で、赤い覆輪がかかっています。ツヤツヤして丈夫そうです。

 

4月3日の「ザミルオンザフロス」

▲枝が伸びて樹高30cmに 写真提供/とらうさぎ

が伸びて、葉が増えてきました。現在の樹高は30cmです。

 

最初のうちは少し元気がないかなと思っていましたが、水やりのタイミングを乾かしぎみにすることで、もちなおしてきました。表土を少し掘っても乾いてみえてから数日(鉢が軽くなるまで)待ってから水やりするようにしています。どうやら、他の国産バラとは水やりのタイミングが違うようです。

 

蕾はまだですが、このまま枝を伸ばしてもう少し大きくなってから蕾をつけてほしいと思っています。

 

この時期の手入れ

害虫防除のため株元に「オルトランDX」を撒きました。施肥はしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/とらうさぎ

ポタジェに憧れている庭仕事4年目のロザリアンです。庭のある家に越したのを契機にガーデニングにハマりました。狭い庭のうち一番日当たりの良い場所は家庭菜園に譲っているので、バラ栽培はそれ以外の場所を開拓しながら行っています。家庭菜園があるので、バラの栽培スタンスは減農薬です。東京都の郊外在住。

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク