バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「クードゥクール」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!

「クードゥクール」は、こんなバラ


【大苗】バラ苗 クードゥクール (FL白) 国産苗 6号鉢植え品【即納】《J-IR5》2020春新品種

ードゥクールは、2020年に京成バラ園から発表されたフロリバンダ系統のバラです。先の尖った幅の広い花びら(宝珠弁)を半八重咲きにする花は、どこか蓮を思わせて、今までのバラにはない涼し気な雰囲気があります。

 

さらにこのバラをより印象的にしているのが、花の中央に現れる紅色のアイ(ブロッチともいいます)。これは、西アジア原産のバラ「ロサ・ペルシカ」ゆずりの性質です。

 

もともとの「ロサ・ペルシカ」は、原産地と気候の大きく異なる日本ではとても育てにくいバラでした。が、「ロサ・ペルシカ」の影響を色濃く受け継いでいるのに「クードゥクール」は、「バラの家」での育てやすさを示す項目で「タイプ0」。病気に強く、樹勢が強く、耐暑性にも優れる育てやすいバラです。

 

春はシルバーグレイの花びらが、夏には淡いピンクに、秋には青味を帯びた藤色に変化するところもおもしろく、フロリバンダ系統なのでたくさんの花を房咲きにするのも嬉しいところ。もちろん四季咲きです。

 

ちなみに、クードゥクール(Coup de Coeur)は、フランス語で「一目惚れ」の意味。

 

今回育てる「クードゥクール」の環境DATA

関東の陽当たりの良い庭(南側の道路に面した花壇。南側とはいえ向かいの家の影になり、午後からのみ陽があたります。日照は夏は7時間、冬は5時間ていど)

 

庭植え /昨年、新苗で迎えて1年間鉢で育て、この冬に庭に植えました。

 

今年の目標

新苗から2年目なので、しっかり根を張り健康に育てること。2株並べて植えてあるので、大きなシュラブのように仕立てられたらいいなと思っています。

 

このバラを選んだ理由

クールな印象の他にはない花姿と、春と秋で異なる花色、それに最強クラスの耐病性が両立しているところに惚れこみました。

 

育てる人/とらうさぎ

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月7日の「クードゥクール」/芽吹き

▲2株そろって萌芽 写真提供/とらうさぎ

2株とも芽吹き始めたところです。「クードゥクール」の枝は棘が少なくしなやか。左の株の方が育ちが良く、昨年の秋にはよく咲きました。右の株は左より樹勢が弱く、秋花が咲きませんでした。

 

どちらも病害虫被害はなかったので原因ははっきりしませんが、右の株は台木からの枝の出方がほぼ水平で樹形が変だったので、その影響かもしれません。

 

バラは、花の咲いた枝が堅く締まるといわれますが、右の株は花を咲かせられなかったためか、左に比べて枝が細くて柔らかいので、支柱を立てて枝を上向きに矯正しています。樹高は左の株が50cm、右の株が40cmです。

 

株周りの波型の丸い囲いは、高植えにするためのもの。我が家の庭土が粘土質で水はけが悪いので、土壌改良した上に地面を少し高くすることで水はけが良くなるよう工夫しています。株元のヤシファイバーは、霜除けのために敷いています。

 

▲ごく細い赤い覆輪の若葉 写真提供/とらうさぎ

 

「クードゥクール」の若葉は黄緑色で、ごく細い赤い覆輪があり、葉脈が透けてきれいです。

 

4月3日の「クードゥクール」/発蕾

▲つやつやの若葉が茂って元気そう 写真提供/とらうさぎ

やつやの若葉が茂ってきました。現在の樹高は左が60cm、右が50cmです。2株とも病気は出ていません。

 

▲フロリバンダらしく側蕾つき 写真提供/とらうさぎ

 

今年は蕾がつくのが早いです。ほっそりした緑色の蕾が見えています。

 

やはり左の株の方が樹勢がよく、蕾の数も多いです。右の株にも少ないながら蕾があるので、咲いて枝をしっかりさせてほしいと思っています。

 

この時期の手入れ

ゾウムシとアブラムシが出ているので、「トウガラシ+ハーブスプレー」を散布しています。アブラムシは、テントウムシがたくさん来て食べてくれています。

 

施肥はしていません。

 

4月25日の「クードゥクール」/開花・ベーサルシュートの発生

▲春の一番花が開花! 写真提供/とらうさぎ

ードゥクールが咲きだしました。今、近所のモッコウバラが花盛りで、それと同時ということは、かなり早咲きに感じます。これまで我が家で一番の早咲きはオールドローズの「ゼフィリン ドルーアン」だったのですが、交代は確実ですね。

 

▲弁底に濃いピンクのアイライン 写真提供/とらうさぎ

 

カタログによると、クードゥクールの春花は「グレーがかった白に咲く」と書かれていますが、今回咲いた花はグレイッシュなピンクでした。日陰で撮影すると、さらにモーヴがかった色に写ります。花びらの底には、くっきり濃いピンクのアイラインが見えます。

 

花径は6cmで、「小中輪」としては大きめです。昼は平たく開いて咲きますが、夜は花びらを閉じます。

 

▲たっぷりの蕾が房状に 写真提供/とらうさぎ

 

蕾はまだたくさんあるので、順番に咲いてくると思います。まだ株が小さいせいかも知れませんが、地際の低い位置からも蕾を上げています。

 

▲樹高は60cm 写真提供/とらうさぎ

 

現在の樹高は変わらず60cm。株の間にもしゃもしゃ茂っているのは、宿根草のアスチルベです。

 

▲ベーサルシュートが発生 写真提供/とらうさぎ

 

左右どちらの株からもベーサルシュートが発生しました。左の株のベーサルシュートはもう30cmを越えそうだったので、すぐにピンチしました。

 

この時期の手入れ

イモムシ、ゾウムシ、アブラムシが出ているので「トウガラシ+ハーブスプレー」を散布。アブラムシには「カダンセーフスプレー」も散布しています。

 

追肥はしていません。病気も発生していません。

 

5月1日の「クードゥクール」/満開

▲後続の花はグレーや藤色がかった淡いピンクに 写真提供/とらうさぎ

ードゥクールがたくさん咲きました。前回はかなりピンク色でしたが、後続の花はだんだん白に近くなってきました。大きいものは花径10cmにもなり、「小中輪」の看板に偽りありじゃないかと!? 株の状態にもよるのかも知れませんが。

 

▲葉の間に埋もれるようにたくさんの花 写真提供/とらうさぎ

 

花枝があまり長くないので、葉の間に埋もれるように咲いています。花色は、グレーか藤色がかった微妙なニュアンスのある淡いピンク色。夕方には薄紫色にも見えます。

 

思ったより花びらの質が繊細で、雨風にはあまり強くありません。とくにガクが下りたタイミングで雨にあたると、花弁数がそんなに多くないのにボーリングして開かないときがあります。

 

▲とにかく早咲きなのが目立つ 写真提供/とらうさぎ

 

花もちは、晴れていれば5日くらいありますが、雨が降ると一気に傷みが目立ってしまいます。透明感のある花弁の宿命かもしれません。

 

香りは顔を寄せれば少し香るていど。駅にある花屋の店先のような、グリーン&フローラル系の香りだと思いました。

 

我が家で咲いているバラはクードゥクールと早咲きのゼフィリンドルーアン、ほかはボレロが1輪だけです。クードゥクールの気の早い咲きっぷりが目立っています。

 

5月15日の「クードゥクール」

▲つぎつぎ花を咲かせ続ける 写真提供/とらうさぎ

ードゥクールは、満開を迎えてからも入れ替わり立ち替わり咲き続けています。

 

▲枝先にびっしり房状に花を咲かせて 写真提供/とらうさぎ

 

後から伸びた枝にたくさんついた蕾が開いて、房咲きになっています。5月も中旬になり、さすがに花数がやや減ったかなと思い始めていましたが、もう新しい枝が伸びてその先に蕾がつきそうです。

 

花を咲かせるのにエネルギーを使っているようで、なかなか樹高が高くなりません。樹高は以前と変わらず60cmほどです。

 

▲雨がかかったクードゥクールはハッとするほど綺麗 写真提供/とらうさぎ

 

以前、クードゥクールの花は風雨に弱いとレポートしましたが、雨が降り始めた瞬間のクードゥクールはとても美しいと思います。晴天の日よりも曇りや雨の日の方が花弁の透明感と、弁底のアイラインによる陰影が強調されてとても綺麗です。上の写真は4月29日の様子です。

 

この時期の手入れ

防虫のため、トウガラシ+ハーブスプレーを散布しています。

 

6月5日の「クードゥクール」/サイドシュートに蕾

▲サイドシュートの先に房状の蕾 写真提供/とらうさぎ

番花がひと段落したあたりでサイドシュートがぐんぐん伸び始め、今は樹高90cmになっています。ピンチせずにそのまま伸ばしたところ、今の高さで房咲きに蕾をつけたので、このまま咲かせるつもりです。

 

左右二つの株の間に、ちょうど「アスチルベ」が咲いています。

 

この時期の手入れ

虫が出ているようなので、「トウガラシ+ハーブスプレー」を散布しています。病気は出ていません。施肥もしていません。

 

「クードゥクール」は葉がツヤツヤで硬いのか、イモムシもつきにくいような気がします。

 

 

 

 

 

育てた人紹介/とらうさぎ

ポタジェに憧れている庭仕事4年目のロザリアンです。庭のある家に越したのを契機にガーデニングにハマりました。狭い庭のうち一番日当たりの良い場所は家庭菜園に譲っているので、バラ栽培はそれ以外の場所を開拓しながら行っています。家庭菜園があるので、バラの栽培スタンスは減農薬です。東京都の郊外在住。

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク