バラの花図鑑/「ピエール・ドゥ・ロンサール」は、世界でもっとも愛されるバラ

      2017/04/16


ピエール・ドゥ・ロンサール

Pierre de Ronsard

ピエールドロンサール

DATA

バラの系統 ラージフラワード・クライマー系統【LCl】
開花のしかた 一季咲き ただし株が充実してくれば返り咲くつるバラ一輪咲き
花径 10~12cm
花形 カップ咲きからクォーター・ロゼット
香り ダマスク系の微香
樹形 クライミング樹形 3mrose_3
作出情報 1988年 フランス/メイアン
交配 (Danse des Sylphes×Handel)×Kalinka Climbing
備考 登録名はRosa `Meiviolin´。別名Eden rose 88(エデン・ローズ88)

2006年、世界ばら会連合バラの栄誉殿堂入り

▼ラージフラワード・クライマー系統は、こちらをご覧ください

バラの系統/クライミング系統




ピエール・ドゥ・ロンサールは世界で最も愛されるバラ

IMG_3925-2

▲カップ咲きから見事なクォーター・ロゼット咲きに!

界で最も愛されるバラ、とも言われているのがピエール・ドゥ・ロンサールです。外側はほぼ白に近い淡い桃色で、内側にいくほど濃くなります。咲き始めは深いカップ咲きで、やがて形の良いクオーター・ロゼット咲きに。花径は10~12cm。見ごたえのある花を枝先に1~3輪ずつ咲かせます。

花もちが良く、長く楽しめるところも魅力。基本的に一季節咲きですが、日当たりがよく、株が充実してくれば返り咲きも期待できます。

香りはダマスク系の微香

2006年、世界バラ会議でバラの栄誉殿堂入りの名花です。

枝替わり品種に白花ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール赤花くり返しよく咲くルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールという品種もあります。

品種名は、フランスのルネッサンス期を代表する詩人、ピエール・ドゥ・ロンサールにちなんで名づけられました。

 

▼世界バラ会議と殿堂入りのバラについては、こちらをご覧ください。

バラを選びたい/殿堂入りのバラと、世界バラ会議について詳しくご紹介!

 

ピエール・ドゥ・ロンサールの育て方のポイント

IMG_4029

▲壁面を覆うピエール・ドゥ・ロンサール。この花つきの良さは圧巻!

花がうつむいて咲くので、高い位置に誘引するのがポイント

3mほどのクライミング樹形で、アーチやフェンスや壁など広く誘引して咲かせられます。ただし、ピエール・ドゥ・ロンサールは花柄が細く長いので、花の重みでうつむいて咲いてしまいます。下から花を見あげられるように高い位置に誘引するのがポイントです。

たくさんの花を咲かせるには、枝をなるべく地面に水平に近くなるよう倒して誘引するといいのですが、枝が太くて硬いので、一度で思った角度にできない場合は、何度かに分けて倒します。

 

冬季の短い切り詰めにも耐えるので、ブッシュ樹形にも育てられる

エール・ドゥ・ロンサールはつるバラですが、ブッシュ樹形のバラのようにコンパクトサイズに育てることができます。この場合は冬の休眠期に思い切って地際から15cmくらいまで短く剪定します。こうすると高さ50~60cmの位置に花を咲かせることができます。

冬季の短い切り詰めに強い品種のつるバラなら、こういう仕立て方ができます。同じように仕立てられるつるバラに、「ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール」「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」「メイ・クイーン」「ローラ・ダボー」「ドロシー・パーキンス」「アッシュ・ウエンズディ」などがあります。

【追記】普通にカットするだけでは上手く咲いてくれないという情報があります。どうやら少しコツがあるようです!

 

病虫害に強く、初心者にも育てやすい

エール・ドゥ・ロンサールのはツヤのある照り葉です。この照り葉のおかげで病虫害に強く初心者にも育てやすいバラです。

 

口コミと値段の目安

生産者からのコメント

大輪の見事な花が株一面に咲くツルバラの定番。枝の寿命がとても長くて古い枝でも何年もよく咲いて、シュートもよく出ます。株が成熟すると秋にも返り咲きますし、病気にも強いし、強い剪定をしてもよく咲きます。ツルバラの優等生です。はじめてツルバラを植えようとお考えの方にお勧めです。(まつおえんげい)

 

ロザリアンからの口コミ

大きくなりますが、育てやすさでいえばトップの部類で、とても強健です。
4年目ぐらいから返り咲くようにもなりました。

あまりにも可愛すぎる花がびっしり咲くので、少し気恥ずかしさを覚えることもあるくらい可愛いバラです。

 

バラ苗の値段の目安

%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%a5%bd%e5%a4%a9

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%a5%bd%e5%a4%a9

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%a5%bd%e5%a4%a9

まとめ

o0228021113263924831 (1)

桃色から外側にいくにつれ淡くなっていくグラデーションが本当にきれいで、ボリュームのある花もクォーター・ロゼット咲きしてくれる花形も、うっとりするほど優雅な雰囲気のバラです。

しかも育てやすいということで、我が家でも日照条件の悪いベランダの奥で鉢植えで育てています。明るい日陰なんですが、夏でも直射日光は3時間くらいしかささないです。それでもたっぷり咲いてくれますよ! 

確かに病気には強いらしく、発症した気配がありません。虫は・・・アブラムシは見かけませんが、ハスモンヨトウはつきますね。

cropped-rose1.png
スポンサーリンク









 - ▶バラの花図鑑, クライミング系統 , , , , , , , , , , ,