バラは、さまざまな方法で分類されます。「オールド・ローズ」「モダン・ローズ」という分類方法も、とてもよく知られた分け方です。オールド・ローズにはオールド・ローズに共通する特徴があるし、モダン・ローズにはモダン・ローズに共通する特徴があるので、とても便利な分け方です。

ここでは、オールド・ローズについて説明します。

スポンサーリンク




オールド・ローズは、ヨーロッパで古くから栽培されてきたバラ

▲ガリカ系の「シャルル・ド・ミル」(Rosa `Charles de Mills´)

1867年以前の系統のバラがオールド・ローズ

1867年にフランスのギヨーにより作出された「ラ・フランス」はモダン・ローズ第1号とされるバラです。このラ・フランスより以前に作出されたバラの系統を「オールド・ローズ」、ラ・フランス以降に作出されたバラの系統を「モダン・ローズ」と呼び分けています。

 

オールド・ローズは、主にヨーロッパの原種バラを元に改良されてきた園芸品種群で、親とする品種の違いから、ガリカ系統、アルバ系統、ダマスク系統など、さまざまな特徴をもつ系統のバラがあります。ヨーロッパの絵画に盛んに描かれてきた、ヨーロッパで古くから栽培されてきた品種がオールド・ローズなのです。

 

ルノワール

▲ルノワール「花瓶のばら」

ルノワールの絵画にも、オールド・ローズらしい、花びらの多い丸い咲き方のバラが描かれています。

 

オールド・ローズの特徴は、花びらの枚数が多く、香りがよく、樹形はシュラブ(半つる性)で一季咲き

▲一般にコモン・モスと呼ばれるオールド・ローズ(Rosa centifolia var muscosa

ールド・ローズは、花びらの多い八重のカップ咲きで香りのよいものが多く、しかも育てやすいという優れた特徴があり、現代でも愛好家の多いバラです。日本では、明治時代以降バラといえばモダン・ローズ一辺倒になっていたところに、1990年代にオールド・ローズが紹介されると同時に人気となりました。

 

オールド・ローズは枝先を2mていどまで長く伸ばすシュラブ・タイプ(半つる性)の樹形がほとんどで、アーチ仕立てにしたり、壁にはわせたりと、庭に取り入れやすいことから、これをきっかけに日本で西洋風ガーデニングが盛んになりました。良いところの多いオールド・ローズですが、そのほとんどが春だけの一季咲きです。

 

【オールド・ローズに多く見られる特徴】

樹形 シュラブ(半つる性) 自立はするものの、枝先を伸ばせば2mくらい
花形 花びらの枚数の多い八重咲き ロゼット、クォーターロゼットなど
花色 白、ピンク色、赤、赤紫 特に白~ピンク色の濃淡が豊富
花径 小輪~中輪 大きくても8cmていど
花期 一季咲き 春のみ。返り咲き性質のあるものも少しある
香り 強い ダマスク系統を中心によく香るものが多い
強健さ 強健で育てやすい 強健で育てやすいものが多いが、

高温多湿な日本の夏は苦手

 

「オールド・ローズ」「モダン・ローズ」という分け方は便宜的なもの

「オールド・ローズ」、「モダン・ローズ」という分類方法は、じつは学術的なものではなく、便宜的な分け方です。場合によっては原種をオールド・ローズに含める方もいます。(当サイトでは、オールド・ローズと原種は別としています)。

 

20世紀に作出されたオールド・ローズもある!

Variegata di Bologna
Variegata di Bologna / mmmavocado

▲1909年に作出されたオールド・ローズ「ヴァエリガータ・ディ・ボローニャ」

ールド・ローズについて、誤解しやすいことがあります。「ラ・フランス」が作出された1867年以前に作られたバラだけがオールド・ローズと呼ばれると思いがちなことです。「1867年以前に作られたバラ」ではなく、正しくは「1867年以前に作られたバラの系統」をオールド・ローズと呼びます。

 

たとえばブルボン系統の「ヴァエリガータ・ディ・ボローニャ」(Rosa `Variegata di Bologna´)は、20世紀になって作出された園芸品種ですが、オールド・ローズです。

 

まとめ

モダン・ローズにはない、優雅で優しい雰囲気や、多彩な咲き方、そして香りも楽しめる品種が多いオールド・ローズ。春だけしか咲かないというデメリットを補って余りある魅力的なバラです。

 

さまざまな系統のバラがあるので、それを一つ一つ見比べていくのも楽しいですね! オールド・ローズの細かい系統についてはまた別のページで紹介しています!

 

▼オールド・ローズの系統について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク