バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回はポリアンサ系のバラ「ピンクマザーズディ」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ピンクマザーズディ」は、こんなバラ

▲白~淡ピンクの柔らかなグラデーションが愛らしい「ピンクマザーズディ」

ンクマザーズディは、赤色のバラ「マザーズディ」の色変わり品種です。カーブの強いころんとした愛らしいカップ咲きで、咲き始めの淡いピンク色からじょじょに白に退色していきます。数輪~ときに10輪以上の大きな房咲きになります。香りはほとんどありませんが、花もちがとてもよく、強健で育てやすいポリアンサ系のバラです。

 

▼「マザーズディ」の品種紹介は、こちらをご覧ください。

 

今回育てる「ピンクマザーズディ」の環境DATA

関東の東向きベランダ(日照3時間ていど)

昨年から、ベランダで育てている株

今年の目標/我が家の環境での育ちかたを、しっかり観察する

育てる人/あいびー

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月中旬の「ピンクマザーズディ」

▲ほっそりした若葉が展開してきた「ピンクマザーズディ」

年の「国際バラとガーデニングショウ」で購入した後、ベランダで管理している株です。年末に培養土で6号深鉢に植え替えしました。3月中旬になり、若葉が開いてきました。ピンクマザーズディはほっそりした7枚の照り葉です。赤味のないフレッシュな緑色が美しい。

 

枝ぶりは、やや横張り。

 

4月中旬の「ピンクマザーズディ」

▲花枝も伸び、葉が茂ってきました

がずいぶん茂ってきました。ほっそりとした7枚葉がとてもきれい!

 

▲枝先に小さなつぼみを発見!

 

この時期の手入れ

土母(活力剤)を希釈して水やり(日照不足を補うため)

害虫対策/4月初旬に株元にオルトランEXを散布。さらに1週間に1度、ニームオイルを希釈して散布しています。

 

 

 

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク