バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回はラベンダー色のバラ「リベルラ」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「リベルラ」は、こんなバラ

▲F&Gローズを代表するバラ「リベルラ」

ベンダー色からシルバーに変化していく様子が美しいバラ「リベルラ」は、F&Gローズを代表するバラです。花つきがとても良く、たわわに咲くと見事です。花名は、ギリシア周辺の水域に生息する青トンボから名づけられています。

 

花径は7~8cm、樹高1m、四季咲き。マスカットのような強い香りがあります。

 

F&Gローズは、切り花品種の花もちの良さと多様性をもち、さらに庭で育てる楽しみも味わえるバラです。

 

今回育てる「リベルラ」の環境DATA

置き場所/関東の、ひさしのある雨の当たらない明るい場所

今年の4月9日にバラの家からお迎えした大苗

 昨年、新苗から育てたのですがあまり上手く行かなかったので、今年は大苗で再チャレンジです。

今年の目標/花も楽しみつつ元気に育てたい

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

4月初旬の「リベルラ」

▲若葉の「リベルラ」 写真提供/天女の舞子

年の4月9日にバラの家から到着した、立派な大苗です。葉の色は赤味の強い銅葉で、少しツヤがあります。到着と同時に肥料やりと殺虫・殺菌スプレーをしました。

 

肥料は「はなごころの特選有機濃いバラの肥料」を一掴みほど、鉢土に穴をあけて与え、上から土をかけました。殺虫・殺菌スプレーは、住友科学園芸の「ベニカXファインスプレー」。

 

新芽を確認したら同じ場所から出ているのがあったので、数カ所、芽かきをしました。

 

水を与えるときに、リキダス(活力剤)を200倍に薄めて与えるつもりです。様子を見てハイポネックス(液体肥料)も500倍に薄めて与えようと思います。

 

4月23日のリベルラ

▲若葉の赤味が抜け緑の葉に 写真提供/天女の舞子

 

いた頃の赤味の強かった若葉の色が抜け、ほぼ緑色の葉になりました。家族が誤って鉢を倒してしまい、柔らかい枝が数本折れてしまいました。

 

▲ふっくらしてきたリベルラのつぼみ 写真提供/天女の舞子

 

これまでは、水やりの時にリキダスとハイポネックスを与えてますが、次回からはハイポネックスを与えずに、リキダスのみにしようと思います。

最近の暖かさから、大苗には小さな鉢なので乾きやすくなってきているようで、水やりの頻度が増えてきた気がします。

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

▲「センチメンタル」写真提供/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った昨年の「国バラ」でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから無事に1シーズン枯らさないで、育てることが出来るようになったばかりの初心者です。まだまだ理解できてない部分もあるので、必要な作業に自信が持てないところもあります。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク