バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画を始めました。今回はミニバラ「グリーンアイス」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「グリーンアイス」は、こんなバラ

▲庭植えのグリーンアイス

リーンアイスは上品な白緑色の花色と、グリーンアイの咲き方が人気。病虫害に耐性が高く、育てやすいので、鉢植えはもちろん庭植えや混植もできる貴重なミニバラです。

 

ミニバラといえばハダニに悩まされることが多い中で、グリーンアイスはハダニ知らず! どんどんシュートをのばす強健さもあり、初心者にもぜったいオススメできる品種です。やや枝垂れる樹形です。

 

とても人気が高く、ネット販売では予約しないと買えないことが多いのが難点!

 

▼「グリーンアイス」の詳しい品種紹介はこちらです

 

今回育てる「グリーンアイス」の環境DATA

関東の東向きベランダ(日照3時間ていど)

去年の春に購入した挿し木苗(2株)

今年の目標/つるバラの足元を彩り、鉢の縁からこんもり枝垂れるように咲かせる

育てる人/あいびー

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

3月中旬の「グリーンアイス」

▲つるバラの株元に、ニオイスミレやパンジーと一緒に寄せ植え

年末に、1辺35cmほどのつるバラの大鉢に、新しい培養土で植え替え。つるバラ(アンジェラ)、ニオイスミレ、パンジーと一緒に寄せ植えしました。グリーンアイスの株は手前と後ろ側の2株あります。大鉢の縁からグリーンアイスがこんもり枝垂れるように育って、つるバラ(アンジェラ)の足元を彩ってほしいと思います。

 

2月末から芽吹き始め、3月中旬には新しい葉が広がってきました。ツヤのある照り葉です。

 

去年ウドンコ病にかかったので、予防のため「マイローズ殺菌スプレー」を散布

 

日照不足を補うため、光合成細菌入りの活力剤「土母」を混ぜて水やりしています。

 

4月中旬の「グリーンアイス」・・・。

▲チューリップが花開き、つるバラの若葉が茂ってきた4月中旬・・・

 

ューリップが咲き、日増しに賑やかになるベランダの景色に浮かれて、すっかり忘れてしまっていたのですが・・・。「グリーンアイス」は上の写真の黄色いチューリップの向こう側にあります。フェンスに誘引したアンジェラの葉も茂ってきたので、この環境ではほぼ日照ゼロ! こうなることが予想できていませんでした──。

 

▲徒長したグリーンアイスの枝

 

チューリップをかき分けてみると、ひょろひょろと徒長した「グリーンアイス」の枝が4本ほど伸びています。でも、これではとても花は見込めません・・・。一応、レポートは続けますが、来年別の場所に植え替えて、もう一度リポートしますね──。

 

4月30日の「グリーンアイス」

▲「グリーンアイス」のつぼみ

ューリップの花が終わったので片づけてみると、なんと嬉しいことに「グリーンアイス」につぼみがついていました。しかも房状に! 耐陰性高いんですね「グリーンアイス」。驚きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク