1月12日の「アンジェラ」/冬の植え替えと誘引

▲鉢底から根がびっしりと!

よいよ「アンジェラ」の冬の植え替えです。我が家の「アンジェラ」は12号の大鉢に植えてあるので、ちょっと大変なんですが毎年、植え替えをがんばっています。

 

枝の誘引をすべて外し、葉をぜんぶ取り去り、枝先の細いところをカットしてからベランダの床に寝かせてみると・・・鉢底から盛大に細根が飛び出していました。いつもならしない追肥をしたので、かなり機嫌よく生育してくれたようです。

 

▲しっかりした根鉢が出てきました!

 

少し苦労しながら鉢を抜いてみると、それは立派な根鉢が出てきました。ここまで根が張っていると、かなり根の整理をしないとダメです。肩(根鉢の上部の外周)の根をはがし、下の方の根は根さばき(根かき熊手)でほぐしてから長さをカット。古い枯れている根も取り除きます。

 

▲楕円形に整えた根

 

鉢に入りやすいように、楕円形に根鉢を整えました。右側に置いてあるのは、除去した根です。けっこう取りました。この後、元の鉢に新しい培養土で植えつけました。

 

▲左右に広げて誘引

 

灰色に変色してきた長い古枝を半分くらいから先カットして、バランスを観ながら誘引しました。去年、新しいベイサルシュートが3本出てくれたので、全体に枝の世代交代ができた感じです。今年もたくさんの花が期待できそうです^^

 

▲早い芽はもう5mm以上に!

 

つるバラは芽吹きが早いので、よく見ると早いものはもう5mm以上になっていました。元気に育っていってほしいです。

 

今回の「そだレポ」の感想

▲アンジェラをベースに、賑やかなベランダに^^

まり日照条件のよくないベランダなのに毎年、賑やかに花を咲かせてくれる優秀つるバラ「アンジェラ」の1年でした。エアコン室外機の前にある枝が2本枯れたので、そこに新しいベイサルシュートが欲しくて追肥をしたところ、3本のベイサルシュートに5本のサイドシュートと、たくさんの新しい枝を出してくれた1年でした。

 

思いがけずシュートの枝先に花が咲いたり、2度の大型台風でせっかくのベイサルシュートが無残なことになったりと、なかなか大変でしたが、なんとか1年乗り切りました。

 

他のバラを窓の前に寄せ集めて、即席バラ園をつくったのも楽しかったです^^ 今年も「アンジェラ」は、たくさん咲いてくれると思います。「アンジェラ」は、どなたにもオススメできる、優秀つるバラです!

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク