バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回はつるバラ「アンジェラ」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「アンジェラ」は、こんなバラ

▲枝いっぱいに花をつけるアンジェラ

径6cmほどの、半八重咲きの花を房咲きにするつるバラです。春の花つきは圧巻で、濃いめのピンク色の花が群れ咲く様子は、あたりをパッと華やかにしてくれます。強健で、生育旺盛。病虫害にも強く、とても育てやすいつるバラです。

 

香りはほとんどなく、わずかに返り咲きするていどのほぼ一季咲きですが、あまり日照条件のよくない我が家のベランダで毎年よく咲いてくれるお気に入りのバラです。

 

ADRを受賞しています。

 

▼「アンジェラ」の詳しい品種紹介は、こちらです。

今回育てる「アンジェラ」の環境DATA

関東の東向きベランダ(日照3時間ていど)

数年、ベランダで育てている株

今年の目標/去年の酷暑でエアコン室外機の前の枝が2本ダメになったので、今年はシュートを育てたい!

育てる人/あいびー

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

1月の「アンジェラ」

▲ベランダのフェンスに誘引した「アンジェラ」

年末に新しい培養土で植え替えし、ベランダのフェンスに誘引しました。右側の枝は長いのですが、左側の枝が2本、エアコンの室外機の前になるので、去年の酷暑でエアコン24時間フル稼働していたため、ほぼ枯れてしまいました! 枯れた枝は、株元から切り取ってあります。

 

これまで誘引にビニタイを使ってきましたが、ほどくときに面倒なので、今年からジュート紐を使っています。こっちの方が、取り除くときハサミで切ればいいので楽ちん!

 

▲あちこちから芽が立ってきた「アンジェラ」

1月下旬になると、あちこちから小さな芽が立ってきています。

 

2月の「アンジェラ」

▲待望のベーサルシュート発見!

の芽は少しずつ膨らんでいます。2月末には、待望の左側に向かうベーサルシュートを発見! この時期に出るシュートは花を咲かせてしまうので、咲かせないようにピンチする予定です。できるだけ長く伸ばしたい!

 

3月の「アンジェラ」

▲葉が展開してきました!

いぶ葉が広がってきました! アンジェラの若葉は、赤みのないツヤのある緑の葉です。

 

4月初旬の「アンジェラ」

▲日に日に葉が茂ってきている

4月に入っても寒い日が続いていますが、ずいぶん葉が茂ってきました。今年の誘引は、手すりに枝を沿わせて留めつけたところがミソです。この方が室内からも花がよく見えるんじゃないかな~♪

 

▲ベーサルシュートもすくすく育ってます

ベーサルシュートは、ベストな方向に向かってスクスク生長しています。嬉しい♪

 

この時期の手入れ

追肥/つるバラは基本、寒肥だけでいいのですが、シュートを育てたいので少ないめに追肥しました。肥料は手持ちの「プロミック」。N:12P:12K12+微量要素と高濃度で2ヵ月持続型。(むかーしもらった物なんだけど、ほぼ使わないので、いつまでもなくならないんですよ、この肥料)。花に影響しないように、つぼみが上がったら取り除く予定。

土母(活力剤)を希釈して水やり(日照不足を補うため)

害虫対策/1週間に1度、ニームオイルを希釈して散布。これまで病気にかかったことがないので、殺菌剤は使用しません。

 

4月中旬の「アンジェラ」

▲「アンジェラ」のつぼみ

ちこちからつぼみが上がってきました。肥料は花に影響することがあるので、置き肥を取り除こうとしたのですが・・・。株元にいろいろ植えているせいで、置き肥がどこにあるのか分かりません! まぁ、今年はシュートを育てたいしいいか! と、いうことで、置き肥そのままにします! (変な花も面白そうだし!)

 

▲シュートの先をピンチ

シュートの先にもつぼみが見えてきたので、こちらはすかさずピンチです。

 

 

 

 

 

育てた人紹介/あいびー

北よりの東向きベランダしかないのに、バラ栽培にはまってしまった主婦。日照不足に悩みながらも、バラ生活楽しんでいます。手間なくよく咲くバラが好き。趣味はバラ園巡り。小説とアニメも好き! 横浜在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク