バラの芽吹きから冬の休眠期まで、1年をとおしてバラがどんなふうに育つのか追いかける「そだレポ」企画です。今回は「ミスティパープル」です。季節ごとに更新していくので、お楽しみに!


「ミスティパープル」は、こんなバラ

▲ひらひら波打つ花びらが「ミスティパープル」の特徴

スティパープルは、河本バラ園の河本純子さん2003年発表のバラです。

 

ひらひらと波打つ花びらの、淡いパープルの花を房咲きにするフロリバンダ系統の品種。四季咲きで、花径は8cm。ブルーの強香も楽しめます。樹高は1.2mていど。トゲが少なく、花もちがよく、育てやすい品種です。

 

2004年日本フラワー&ガーデンショウジャパンセレクション切花部門人気投票第一位を獲得しています。

 

バラの家のデータによると、樹勢、黒星病・ウドンコ病耐性、耐暑性は「普通」ですが、耐寒性と耐陰性が「弱い」となっています。

 

▲開きかけの「ミスティパープル」 写真提供/天女の舞子

 

これは天女の舞子家で1月に咲いた「ミスティパープル」です。まだ開き切っていないのでひらひらした印象はありませんが、中央が濃く、端にいくほど淡くなる紫のグラデーションがきれいです。

 

今回育てる「ミスティパープル」の環境DATA

関東の明るい半日陰(都会の住宅街のため、南向きだが狭い道路を隔てて3階建ての建物がある環境)

2年半前の夏にお迎えした株

今年の目標/元気なベイサルシュートが出てほしいです!

育てる人/天女の舞子

 

*バラの育て方は、育てる場所により、それぞれの木の状態により、また目的や好みによっても人それぞれです。ここで紹介する育て方は、一例として参考になさってください!

 

1月25日の「ミスティパープル」/冬剪定・植え替え

▲冬剪定前は樹高90cm 写真提供/天女の舞子

スティパープルのお迎えは2年半前の7月です。最初はあまり日当たりの良くない場所に置いていましたが、昨年から比較的日当たりの良い場所で育てています。

 

2本の主幹が伸びていて、真冬の1月だというのに花が咲いています。花の咲いている方は昨年に発生したベイサルシュートで、株元から90cmの樹高があります。写真左側の前からある主幹は70cmの高さです。比較的まっすぐ育つ品種なので、あまりスペースを取りません。

 

今日は、冬剪定と植え替え(土替え)を行います。

 

▲剪定後の樹高は60cm 写真提供/天女の舞子

 

河本バラ園のバラは「弱剪定」の方がいいそうなので、樹高60cmに冬剪定。内側に重なる枝と弱そうな枝を付け根から切り取っただけで、良い枝はあまり切っていません。とにかく「良い枝を残す」ことをイメージしました。

 

▲ベイサルシュート祈願で、寝かせて植えつけ 写真提供/天女の舞子

 

これまで植わっていた6号鉢から引き抜き根のチェックをしたところ、病虫害はなく、状態の良い根がしっかり育っていました。そこで同じ6号でも深さのある鉢(イングリッシュローズの鉢の再利用)に植え替えました。

 

使用した土はバラ専用の培養土「わくわくローズソイル」(緩効性化成肥料が少ない目に配合されている土)です。ニームとキトサンが入っているので、根頭がん腫病の抑制や虫害を減らす効果があればいいなと思っています。

 

今年も良いベイサルシュートが出るよう願って、株元に角度をつけて斜め植えにしました。さらに、バラが咲くまでの間たのしめる草花(プリムラジュリアンとフリンジパンジー)を植えました。

 

▲冬剪定と植え替え完了! 写真提供/天女の舞子

 

最後に支柱を立て、水やりの失敗を防ぐために「サスティー」(キャビノチェ株)を土に挿して、冬剪定と冬の植え替えは完了です。

 

3月17日の「ミスティパープル」/新芽ふくらむ・芽出し肥・薬剤散布開始

▲新芽ふくらむ 写真提供/天女の舞子

みの強い枝から新芽がふくらんできました。もう少しで若葉になりそうです。

 

▲株元の1年草が花盛り 写真提供/天女の舞子

 

芽出し肥として「バイオゴールド」(株タクト)6号鉢15粒のところ10粒を与えました。まだ病虫害は発生していませんが、予防のため全体にベニカXネクストスプレー(住友化学園芸)を散布しました。

 

4月6日の「ミスティパープル」/若葉広がる・発蕾(?)・芽かき

▲若葉広がる 写真提供/天女の舞子

芽が長く伸び、若葉が大きく広がってきました。

 

▲一か所だけ芽かき 写真提供/天女の舞子

 

一か所、同じ場所から芽が出ているところがあり、芽かきで新芽を減らしました。大輪品種ではないので、基本的にあまり芽かきが必要ではない品種なので、初めて芽かきしました。

 

▲枝先の膨らみは蕾かな? 写真提供/天女の舞子

 

枝先に、小さな蕾(かな?)が見えてきました。

 

4月26日の「ミスティパープル」/蕾のガク割れ・バラゾウムシ被害

▲樹高85cm。状態は良さそうだけど・・・ 写真提供/天女の舞子

々引っ越しをするので忙しくて、最近あまりていねいな管理ができていません。「ミスティパープル」は、樹高は85cmまで伸びていて、葉も茂り、状態は悪くなさそうです。蕾も5つ上がってきました。

 

▲蕾や新芽の先がそろってお辞儀 写真提供/天女の舞子

 

昨日、蕾や新芽の先がお辞儀しているのを見つけました。このところ連日の雨で水やりできていなかったので、水切れさせたかと思い水やりしましたが、今日になってもよくなりません。

 

▲バラゾウムシ被害 写真提供/天女の舞子

 

どうやらコレ、バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)にやられたようです。5つある蕾のうち4つが被害に遭ってしまいました。新芽がやられているところもあります。

 

▲これがバラゾウムシ 写真提供/天女の舞子

 

これがバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)です。上の写真は、去年そだレポした「鏡花」についていたものです。バラゾウムシは蕾の下のところに産卵するので、いきなり蕾がぐったりしてしまいます。こうなると、もうこの蕾は咲けません。

 

残念ですが、バラゾウムシにやられた4つの蕾は摘み取りました。2番花に期待します。

 

▲残った1輪は、もうすぐ咲きそう 写真提供/天女の舞子

 

バラゾウムシ被害をまぬかれた1番花の蕾はひとつ。こちらはガク割れが始まり、うっすら紫色を帯びた花びらが見えています。

 

これ以上、害虫被害が広がらないよう、株元に「ベニカXガード」(住友化学園芸)を5g散布しました。一応「ロハピ」(アース製薬)もかけましたが、適用がないからあまり意味ないかも。

 

しかし、バラゾウムシ被害があったのはこの株だけです。ほかのバラにはまったく被害が出ていません。もしかしてバラゾウムシに好かれる品種なのかな? それとも場所の関係かな?

 

5月5日の「ミスティパープル」/開花・スリップス被害

▲花径7.5cm。シルバーグレーの花色 写真提供/天女の舞子

スティパープルの1番花が開花。花径は7.5cm。やや反り返った丸弁に咲きました。強香品種のはずですが、お昼のせいか香りは感じられませんでした。

 

写真では紫に写っていますが、実際に見ると赤みのないシルバーグレー。咲き始めは中心がもっと濃い色になりますが、これだけ開くと青というより白っぽい印象が強いです。

 

▲今年もスリップス被害 写真提供/天女の舞子

 

去年この場所に置いていたバラにスリップス被害がありました。今回は「ベニカXガード」を使っているし、蕾のときに何度も薬剤をかけて予防していたんですが、やっぱりスリップスがいました。農薬耐性がついているんでしょうか。

 

5月7日の「ミスティパープル」/花形が変化!

▲ひらひらの花形に! 写真提供/天女の舞子

開から2日たった5月7日。花びらが波打って立ち上がり、全体にひらひらした印象の花になりました。花芯も隠れてかわいい感じの花形です。花びらの先が傷んできたのが残念ですが──。

 

外側の花びらが白っぽいシルバーグレーで、中心がほんのりブルーに染まっています。花形は違うけれど、ガブリエルのような花色です。

 

もう咲き終わりなので香りはほとんどありませんが、爽やかさのあるブルー香がほんのりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育てた人紹介/天女の舞子

あまり植物を育てた経験がなかったので、以前は「バラは難しい」と諦めていました。でも、フラっと行った「国バラ」(国際バラとガーデニングショウ)でバラソムリエの小山内さんに会って。自分が本の内容を理解出来なかった理由がやっとわかりました。それから数年。まだまだ理解できてない部分もありますが、少しずつ自分なりのやり方を工夫しています。都会の住宅街なので、狭い敷地と日当たりの悪い庭を、少しでも良い環境にできないかと試行錯誤しながら栽培しています。

 

趣味はメダカの飼育(繁殖)です。時々どうでもいいことをTwitterで呟いたり、たまにメダカの動画とかをYouTubeであげたりしています。 埼玉県在住

 

▼そだレポ検索は、こちらのページを利用してください

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク