小さな鉢でも育てられるミニバラは、ちょっとしたスペースでも気軽にバラが楽しめますよね。今では中輪咲きのミニバラや、枝を長く伸ばすつる性のミニバラなんかもあり、そのバリエーションも豊かになってきています。でも・・・「それじゃミニバラって何がミニなの? ミニバラの定義は?」と、疑問に思ったことはないですか? ミニバラについて調べてみました。

スポンサーリンク




ミニバラには、花色も咲き方もさまざまな種類がある!

も葉も小さいけれど、ちゃんとバラの形をしているミニバラは、とても可愛らしいですね。

 

木の大きさも小さいものなら高さ10cmほどのものから、大きくても30cmほどです。街の小さな花屋の店先で売られていたり、スーパーの花コーナーにミニバラの鉢が並んでいたりと、身近に購入できるので、多くの人が育てた経験があるでしょう。場所を取らずにバラが育てられる気軽さも嬉しいですね。

 

このごろではミニバラの品種はとても増えてきて、花の色も咲き方もさまざまです。

 

大型のバラと同じように花色は赤、ピンク、白、黄色、オレンジ色、さらに色の混じった複色のものもあります。咲き方は一重咲きも、半八重咲きも、八重咲きも、剣弁も、丸弁もあります。

 

花の大きさは花径1cmを切るほど小さいものから、5~6cmになるものもあります。

 

樹形はブッシュ樹形の品種が主流ですが、シュラブ樹形のものや、つるバラもあります。つるバラでは枝の長さが2mに達するものもあります。

 

花径6cmでも、2mに達するつるバラでも、ミニバラなの?

Rose, Cioccofiore, バラ, チョコフィオーレ,
Rose, Cioccofiore, バラ, チョコフィオーレ, / T.Kiya

▲花径6cm樹高1mのミニバラ「チョコフィオーレ」

うなると、なんともややこしくなってしまいます。花径6cmもあるバラを「ミニ」バラと言えるんでしょうか? そもそもバラの世界では、何cmから「ミニ」なんでしょうね??? 花のサイズだけの分類を調べたところ、それぞれの分類は以下のようになっていました。

 

マイクロミニ/花径1~2cmのバラ

小輪/花径3~5cmのバラ

中輪/花径5~8cmのバラ

大輪/花径8~13cmのバラ

巨大輪/花径13cmを越えるバラ

 

ミニ=小輪とすれば、花径3~5cmのバラがミニバラとなります。花径6cmあるバラは、「ミニ」どころか中輪のバラと分類されてしまいます。

 

しかも上の写真の「チョコフィオーレ」はブッシュ樹形(木立性)で、なんと樹高が1mにもなるのですから、木のサイズ的にも花のサイズ的にも、とても「ミニ」とは呼べないように思えます。

 

▲つる性のミニバラ(クライミング・ミニチュア系統)の「つるスタリナ」

 

ミニバラの中にはつるバラもあります。たとえば上の写真の「つるスタリナ」はつる性品種で、枝先が長く2mくらいまで伸びます。2mまで伸びるけれど、これはバラの分類上はミニバラなのです。

 

ここまで読んでくると、もしかしたらミニバラの「ミニ」は、花の大きさとも木の大きさとも関係ないのではないか? というふうに思えてきますよね。

スポンサーリンク



ミニバラの「ミニ」は、ロサ・キネンシス・ミニマの「ミニ」

▲「ロサ・キネンシス・ミニマ」(Rosachinensis minima)

ーロッパのバラの世界に四季咲き性をもたらした中国原産のバラ「ロサ・キネンシス」には、突然変異で生まれたとされる矮性種で「ミニマ」と呼ばれるバラがあります。

 

「ロサ・キネンシス・ミニマ」(Rosachinensis minima)は、樹高30cmたらずの小さな木に花径3cmほどのピンク色の花を咲かせます。このバラと、ポリアンサ系統のバラを交配して生まれたのが「ミニバラ」です。

 

つまり「ミニバラ」の「ミニ」は、「ロサ・キネンシス・ミニマ」の「ミニ」で、「ミニバラ」とは、「ロサ・キネンシス・ミニマ」を親として作出された系統のバラをさすのです。ミニバラは、正式には「ミニチュア系統」と呼ばれます。

 

ロサ・キネンシス・ミニマの流れを汲むので、多くのミニバラはブッシュ樹形で、樹高は30cmほど、花は3cmほどです。でも、さまざまな品種改良がなされた結果、花径6cmで樹高1mにもなる品種や、枝先を2mまで長く伸ばすつるバラ品種が作り出されました。

 

ミニバラは花や木が小さいからミニバラなのではなくて、「ロサ・キネンシス・ミニマ」という中国原産の矮性種とポリアンサ系統を交配して作り出されたバラを「ミニバラ」と呼んでいるので、樹高や花径は関係ない、ということのようですね。外見だけでそれがミニバラかどうかを判断するのは、一般人には難しいことです。

 

一般のバラ好きには、見分けが難しい「ミニバラ」ですが、そのややこしさを増幅させているのが種苗会社のカタログです。A社では「ミニバラ」となっている同じ品種が、B社では「フロリバンダ」に分類されていたり、「ポリアンサ」に分類されていたりするのです。それぞれの種苗会社の考えにより、独自の分類がされているのでしょうが、なんともややこしいですね。

 

やや大型の「ミニフローラ系統」は、まだポピュラーな言い方ではない

Tidewater Rose, Rosa
Tidewater Rose, Rosa “BRItide” Miniflora / Ryan Somma

年、ロサ・キネンシス・ミニマとフロリバンダ系統のバラを交配した、「パティオ・ローズ」と呼ばれる品種群が登場しています。「パティオ・ローズ」の樹高は、ミニチュア系統のバラとフロリバンダ系統のバラの中間のサイズです。こういった、ミニバラとフロリバンダ系統のバラの中間のグループのバラを系統名で言えば「ミニフローラ系統」と呼びます。

 

ただしこの名称は新しい系統名で、まだ一般にあまり知られていません。一般名称の「パティオ・ローズ」の方が馴染みがあるかもしれません。

 

先ほど紹介した花径6cm樹高1mのミニバラ「チョコフィオーレ」は、いっそミニバラではなく「ミニ・フローラ系統」、または「パティオ・ローズ」と紹介してくれればいいのに・・・とも思うのですけれどね。

 

矮化剤を使って強制的にミニサイズにしたミニバラもある!

ニバラとして販売されているものには、矮化剤を使って強制的に木が大きくならないようにしたバラもあるようです。矮化剤を使ったバラは、次第に薬の効果が切れてきて、ミニバラだと思って育てていたら、数か月後には大きくなってしまうのだとか。つまり元の姿にもどるのですね。

 

これは見せかけだけのニセモノのミニバラです。

 

矮化剤は木が大きくならないようにする効果はありますが、花や葉は小さくなりません。20cmくらいの高さしかないバラの木に不釣り合いなほど大きな、たとえば花径10cmほどのバラの花が咲いていたら、それは矮性品種なのではなくて矮化剤で無理にコンパクトな木にしている可能性が高いです。

 

まとめ

ミニバラは、花の大きさや木の大きさに関係なく、ロサ・キネンシス・ミニマを交配の親にもつ系統のバラをいいます。さまざまな品種改良の結果、花径6cmのミニバラや、2mのつるを伸ばすミニバラも登場しました。植物学的にはそれらはすべて「ミニバラ」なのでしょうが、一般のバラ好きにはなかなか見分けは難しく、「小さいからミニバラだと思っていたのに?」と、頭をかしげてしまいますよね。

 

ミニバラは「小さいからミニバラ」なのではなく、ロサ・キネンシス・ミニマを交配の親とする「ミニチュア系統」のバラを、俗称で「ミニバラ」と言っているのだと分かれば、違和感はなくなるでしょうか。

 

フロリバンダ系統との中間的なサイズの「ミニフローラ系統」や、矮化剤を使ったミニバラと、さまざまなミニ・タイプのバラが登場してきて、ますますややこしいですね!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク