千葉県八千代市にある京成バラ園芸は、日本を代表するバラの育種・生産・販売を行う会社です。京成バラ園のローズガーデンの広さと管理のよさは、さすが日本のバラ園芸界の老舗と思わずにはいられません! バラ好きなら一度は訪れてみたい京成バラ園のローズガーデンを紹介します。

スポンサーリンク




30,000㎡の敷地に1,600品種10,000株のバラが咲き誇る、圧巻のローズガーデン

Keisei rose garden. 京成バラ園
Keisei rose garden. 京成バラ園 / T.Kiya

葉県八千代市の京成バラ園芸といえば、バラ好きなら知らない人はいない日本を代表するバラの育種・生産を手がける会社です。

 

本社に併設するローズガーデンは、30,000㎡の広大な敷地に、1,600品種10,000株のバラが植えられています。

 

京成バラ園のローズガーデンは、モダン・ローズを中心とした整形式庭園と、樹木や草花を中心に原種バラを植えた自然風庭園があります。整形式庭園では圧巻のローズガーデンが楽しめ、自然風庭園では春と秋のバラのシーズンはもちろん、春のチューリップなどの球根植物から秋の紅葉まで、年間を通じて四季折々の花が楽しめます。

 

2015年にフランスのリヨンで開催された世界バラ会議で、京成バラ園のローズガーデンは、優秀庭園賞(WFRS Award of Garden Excellence)を受賞しています。

 

原種などの希少品種を多く植えていること、バラの仕立て方や見せ方に工夫が凝らされていること、バラの管理状態が良いこと、バラセミナーを開催していることなどが高く評価されました。

 

▼世界バラ会議については、こちらをご覧ください。

 

さくっと堪能したい方は動画をどうぞ!

[4k]千葉県・京成バラ園の満開のローズガーデン(6:35)

 

map_rosegardenmapkeiseibaraen

内は大きく2つのエリアに分かれています。入園ゲートを過ぎると、最初に現れるのがフランス式の整形式庭園。アンティークな石造りの噴水「エデンの泉」を中心に、左右対称に造られた見事なバラの庭園です。色とりどりのバラが見渡すばかり、視界を華やかに埋め尽くします

 

整形式庭園ではモダン・ローズを中心に色鮮やかなバラが植えられています。京成バラ園芸が作出したバラはもちろん、世界じゅうの著名なバラの育種会社のバラも見られます。

 

自然樹形に仕立てたバラ、剪定してきっちり高さをそろえて仕立てたバラ、ほふくさせフラワーカーペットのように仕立てたバラ、アーチ、トレリス、ポール仕立て・・・おそらくここで観られないバラの仕立て方はないと思います。

 

バラを中心にした整形式庭園の奥には自然風庭園があります。こちらは小川や池を中心にして樹木や草花が1年じゅう何かしら花を咲かせている庭です。ここには原種バラ約80品種が植えられています。

 

京成バラ園は、恋人の聖地に認定されたバラ園

Crush on you
Crush on you / ai3310X

成バラ園のローズガーデンは、NPO法人地域活性化支援センターが行っている「恋人の聖地プロジェクト」により「恋人の聖地」に認定されています。

 

「恋人の聖地」とは、全国の観光地域からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを選び、NPO法人地域活性化支援センターが認定しているものです。

 

整形式庭園と自然風庭園の間には、ブライダル ファッション デザイナー桂由美さんプロデュースによる「由美のガゼボ」があります。レース模様の青い丸屋根が印象的な「由美のガゼボ」は、ローズガーデンの美しいアクセントになっているのですが、どうやらそれだけではないようです。ガーデン内に設置されたパーティスペースでウエディングができるようなのです! これはステキですね!

 

春と秋のバラのシーズンには展示会やイベントも!

DSC_0456

DSC_0456 / _temaki_

と秋のバラのシーズンに合わせて

 

春は「ローズ・フェスティバル」(5~6月)

秋は「オータム・フェア」(10~11月)

 

と冠してバラのイベントが開催されます。フラワーアレンジメント作品やバラのイラスト展、トークショウ、ガーデンデザイナーによるガイドツアー、コンサートやセミナーなど、さまざまな企画が行われます。

春と秋のバラの見ごろ

春は5月中旬~6月初旬

秋は10月中旬~11月初旬

 

ローズフェスティバル2018

春 5月11日~6月17日 2018年のテーマは「恋」

5/14 三上貴史さんスペシャルガイドツアー&トークショウ

5/21 池田理代子さん×凰稀おうきかなめさん(元宝塚歌劇団宙組トップスター)によるスペシャルトークショウ

 

他にもローズガーデンガイドツアーやバラと花のイラスト展などが企画されています。

 

バラ園以外の施設も充実

園ゲートの外にある大型園芸専門店「ガーデンセンター」の充実した品ぞろえは、さすがとしか言いようがありません。バラ苗はもちろん、草花や樹木、園芸用品まで幅広くそろえています。

 

ローズ・ティーやバラソフトが楽しめるオープンカフェ「パティオ」

 

バラの切り花や、バラをモチーフにした雑貨などがそろう「ローズショップ」

 

自然素材にこだわったレストラン「ラ・ローズ」

 

焼きたてパンの香りも香ばしい 石窯ベーカリー「サンブレッタ」

 

ローズガーデンでバラを愛でて、バラ苗を選んで、疲れたらちょっとお茶したり食事したり。バラのグッズも買えて、1日じゅう楽しめそうですね!

スポンサーリンク



訪れた人の口コミは?

なんでもっと早く来なかったんだろうと後悔するくらい、素晴らしいバラ園です。

訪問したのは5月第4週の平日の晴天の日でした。混雑はしていましたが、薔薇をゆっくりみるのには全く問題ありませんでした。品種によっては多少終わりのものもありましたが、ほぼ満開でした。もう1週早い方がもう少しきれいに見ることができるかもしれません。

薔薇の解説ガイドさんがいるので、事前にガイド時間を確かめた上での訪問もおすすめです。

園内はたくさんのバラが咲いており、とてもいい香りでした。バラのソフトクリームがとてもおいしく、バラの香水等お土産も充実しています。ただ、周辺道路が渋滞しており、駐車場にたどり着くまでが大変でした。また、帰りも渋滞で疲れました。

秋のバラがとてもきれいでした。春のバラは咲いていないので、ところどころ花の咲いていない株もありました。アーチのバラが咲いていないのは残念ですが、メインの中央部分は大量に咲いていました。大輪のバラが密集して色とりどりで、とてもきれい!入場料は1000円、と少し高いです。園内はベンチも配置されていて、休憩しながら楽しめます。

 

アクセスと施設の案内

アクセス案内

【電車利用の場合】

■東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅下車

徒歩15分または、東洋バス八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車

(バス所要時間約5分)

■京成線 八千代台駅西口下車

東洋バス2番のり場八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車

(バス所要時間約30分)バスの運行状況により所要時間が変わります

【車利用の場合】

■「常磐自動車道  柏I.C」出口から国道16 号線 を千葉方面に

■「東関東自動車道 千葉北I.C」出口 から国道16 号線を八千代方面に

■「京葉道路 武石I.C」出口から八千代方面に

国道296 号線は混雑しますので、国道16 号線の利用がおすすめです

無料駐車場700台

 

開園時間と入園料・休園日

開園時間と入園料

12~3月上旬 10:00~16:00/大人300円

3月下旬~4月 10:00~17:00/大人300円

5~6月 9:00~18:00/大人1200円

7~9月 10:00~17:00/9月は大人300円/7~8月は大人500円

10~11月 9:00~17:00/大人1000円

春と秋のバラのシーズンには早朝・夜間の特別営業がある場合も。

詳しくは、京成バラ園のサイトで確認してください。

休園日

7~9月は水曜定休

12月~4月20日までの水曜日と、大晦日、元日

貸し切りや天候による臨時休園日もあるようなので、詳しくは、京成バラ園のサイトや電話で確認してください。

 

京成バラ園公式サイト

 

*お出かけの際には、必ず公式サイトでご確認ください!

 

▼2017満開の京成バラ園リポートはこちらからご覧ください!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク