バラの花図鑑/「マチルダ」は、花付き、花もちも良い淡い蛍光ピンクの愛らしいバラ

      2017/05/19


マチルダ

matilda

DATA

バラの系統 フロリバンダ【F】
開花のしかた 四季咲き、5~8輪の房咲き
花径 7cm
花形 丸弁半八重のゆるいフリル咲き
香り 微香
樹形 1mほどのブッシュ樹形(やや横張り)
作出情報 1988年 フランス/メイアン
 備考 耐寒性、耐暑性があり育てやすい

花付き、花もちが良い

別名「シャルル・アズナーブル」(Charles Aznavour )、「ベッドフォードビューの真珠」(Pearl of Bedfordview )、「誘惑」(Seduction )など

スポンサーリンク



抜群の花付きの良さで、株いっぱいに咲く

rose : Matilda : マチルダ
rose : Matilda : マチルダ / naitokz

「マチルダ」は、丸弁半八重咲きの淡いピンク色のバラです。花びらの端がゆるく波打つので、とても愛らしい印象がします。花色はかすかに青みを感じるためか、蛍光色のように見えます。

フロリバンダ系統なので四季咲きで、春から晩秋まで繰り返し花を咲かせます花付きが抜群によく、春は大きな房を作って株いっぱいに咲きます。秋には房は小さくなり、1輪咲きまたは数輪のスプレー咲きとなりますが、よく咲いてくれます

咲いてから日数を経るごとに花色は少しずつ白っぽく退色していきますが、枝先に長くとどまり長期間楽しむことができます。

切り花にしても花もちがよいところも魅力です。

香りはほとんどありません。

 

半横張り性のブッシュ樹形でまとまりが良い

▲「マチルダ」の秋花。春よりは少ないが、よく咲いている

横張りのブッシュ樹形で、樹高は1m前後。花壇で前面に植えたり、コンパクトに育つので鉢植えにも向きます。

耐寒性、耐暑性があり生育は旺盛ですが、寒冷地ではべと病に注意が必要です。

バガテルバラ新品種国際コンクール金賞をはじめ、数々の国際コンクールで賞を獲得しています。

スポンサーリンク




口コミと値段の目安

バラ苗ショップからのコメント

白地にピンクの飾りのある花色で、とても愛らしく、男女問わず不変の人気です。香りは微香ですが、中輪の花をたくさん房につけ、一年を通して開花し続けます! 樹はコンパクトな樹形で、まとまりがあり、鉢植えにも向きます。(バラの家)

 

ロザリアンの口コミ

マチルダは、我が家にある30種類のバラの中でも特に強健種で花数も多く、そのうえ開花が一番早く、そして秋の最後に咲くバラもこのマチルダです。この可憐な姿からは想像できないほど、たくましく頼もしいバラなのです。

このバラは、「来年のために、これ以上は咲かせない」という理由で、蕾を取らない唯一のバラです。マチルダのさらに素晴らしいところは、庭で咲くのはもちろんのこと切り花にしても、とても花持ちがよいことです。

 

バラ苗の値段の目安

まとめ

o0228021113263924831 (1)
淡いクリーム色に花びらの縁から花の中心に向かって淡くなるピンク色のバラ「マチルダ」。香りこそあまりないものの、花付きよく、花もちもよく、四季咲きで、切り花にしても長く楽しめる、とても生活の中で使いやすいバラです。

寒冷地ではべと病が発生しやすいという注意書きがありましたが、樹勢が強く育てやすいので、初心者にもおすすめできます。

たくさん咲いてくれるので、惜しげなく切り花にして楽しめそうですね♪

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク






 - ▶バラの花図鑑 , ,