バラの花図鑑/「シャルル・ドゥ・ミル」は花径9cmの豪華な花形、強香、強健!オールド・ローズを代表するバラ

      2017/07/04

スポンサーリンク



シャルル・ドゥ・ミル

Charles de Mills

DATA

バラの系統 ガリカ【G】
開花のしかた 一季咲き、1~4輪前後の小さな房咲き
花径 9cm
花形 浅いカップ咲き(クォーターロゼットになりやすい)
香り 強香(ダマスク香)
樹形 2~3mのシュラブ樹形
作出情報 1790年以前/オランダまたはフランス(詳細は不明)
 備考 別名「Charles de Wills 」「Bizarre Triomphant」

ガリカ系を代表するオールド・ローズ

強健で育てやすい

「シャルル・ドゥ・ミル」は、オールド・ローズを代表する完璧な花形

Charles de Mills
Charles de Mills / mmmavocado

浅いカップで、カップの内側がクオーター・ロゼット咲きになる、オールド・ローズを代表する完璧な花形と称えられるのが「シャルル・ドゥ・ミル」です。花びらの枚数が多く、花の中に納まりきらないとでもいうように、うねり、渦巻き、溢れるように咲く姿は、オールド・ローズの中でも特別にクラシカルで優雅な印象です。ときに花の中心に緑色のボタンアイが現れるのも、モダン・ローズには見られない特徴です。

花色は、深いローズカラーで、咲き終わりにかけてブルーイングで紫色を帯びていきます。

古い品種ですが花径9cmの堂々とした花で、豊かなダマスク香があります。

 

2~3mのシュラブ樹形

形はやや直立ぎみのシュラブ樹形です。ゆっくり生長し、最終的には細くしなやかな枝を2~3mまで伸ばすので、つるバラとしてフェンスに誘引したり、窓のまわりを飾ったりすることができます。広い敷地があれば、自然樹形で育てても見事な茂みを作ります。

剛毛状の細いトゲがありますが、大きな引っかき傷を作るようなものではありません。

艶のない長さ6cmほどのほっそりした葉をもちます。

深植えすると、根からサッカーを出して周囲に広がります。

「シャルル・ドゥ・ミル」は、強健で育てやすい、ガリカ系を代表する品種です。

 

口コミと値段の目安

バラ苗ショップからのコメント

Gallicaの最も代表的な品種であると共に、オールドローズ全体の中で最も美しい完璧なクォーター・ロゼット花を持つ品種。 一季咲き性ORの中では、まず第一にコレクションしたい品種の一つでは? クラシックダマスク香が香水の様にディープに香ります。(ローズ・アンティーク)

 

ロザリアンの口コミ

こちら、オールドローズといえば!と、よく代表される歴史の古~いシャルルドミルさんです。見事なクォーターロゼット咲きっていうんでしょうか、見事な咲き姿です。香りから咲いていく過程まで文句なし!たぶん一季咲きというところがお決まりの難点なとこなんでしょうね。花付きはまだ植え付けて一年もたってないのにバツグン、強健極まりないといった感じです。

 

バラ苗の値段の目安

まとめ

o0228021113263924831 (1)

「オールド・ローズを代表する完璧な花形」といわれる「シャルル・ドゥ・ミル」。カップの中にクオーター・ロゼットを作る整った花形になることもありますが、多くはあふれんばかりの花びらを持て余しているように、みっちりと縦横無尽に花びらが折り重なっているように咲きます。

色は濃いローズカラー。香りは強いダマスク香。そして強健。オールド・ローズの良いところをすべて併せ持っているのが「シャルル・ドゥ・ミル」です。

「シャルル・ドゥ・ミル」の樹高は、本やサイトによりまちまちで、1.2mと書いてあることもあれば、3mと書いてあることもあります。バラ園では1mちょっとにコンパクトに管理されているのを見ましたし、実際に育てているロザリアンさんのサイトでは壁をはいのぼり自然に枝先が垂れている様子を見かけました。自然樹形なら2~3mまで伸びますが、短くカットしてコンパクトに仕立てても咲くということのようです。

強健なのも魅力です。大きく育ててから、春夏に1~2時間の日照しかない家の北側に植えても、毎年よく咲いてくれると書かれている方もいましたよ!(大きく育てて、枝先を長く伸ばしたまま移植するのがポイントだそうです!)

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク









 - ▶バラの花図鑑 , ,