横浜フェア・里山ガーデンをレポート!犬連れOK!グランピングやフォレストアドベンチャー、アクセスや駐車場情報も!

      2017/04/15


2017年3月25日から開催されている第33回 全国都市緑化よこはまフェア「ガーデンネックレス横浜2017」には2つの会場があります。山下公園や海の見える丘公園などの海沿い一帯の「みなとガーデン」と、海からずっと内陸の奥まった場所にある「里山ガーデン」です。昨日訪れた「里山ガーデン」をリポートします!

スポンサーリンク



「里山ガーデン」は「ズーラシア」の隣! 駐車場も共有

の日差しはあるけれど、まだまだ風の冷たい4月6日、第33回 全国都市緑化よこはまフェア「ガーデンネックレス横浜2017」の「里山ガーデン」を訪れました。

「里山ガーデン」は、よこはま動物園「ズーラシア」の道を挟んだ隣にあります。奥まったところにあまり広くない駐車場があり、そこに車を止めて入口ゲートに進みます。

あとでパンフレットを見て驚いたのですが「会場には専用駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください」と書いてあります! どうやら「ズーラシア」の駐車場を臨時に「里山ガーデン」を訪れる客にも開放しているのでしょう。時間があれば「ズーラシア」も一緒に見てまわるといいですね!

駐車場は帰りに1000円支払いますが、「里山ガーデン」の入場料はありません。

 

三上貴史さんデザインのウェルカム・ガーデンがお出迎え!

ートをくぐってすぐの正面入り口広場には仮設テントや小さなイベント会場、そしてお土産物店などがあります。今回はポケモンとのコラボイベントがされていたようで、小さい子がスタンプラリーで楽しんでいました。

正面入り口広場の奥に現れるのがウェルカム・ガーデン。中央に見えるのは花でできたアフロヘアをもつ緑色のくま。「ガーデンネックレス横浜2017」のシンボルキャラクター・「ガーデンベア」です。

ガーデン・ベアの隣に立てば、花いっぱいの記念写真が撮れるフォト・スポットになっていますよ。

 

ガーデンベアは、なんと推定200歳!?

こで、ガーデン・ベアのご紹介。今回のよこはまフェアのシンボルキャラクター「ガーデンベア」推定年齢200歳の緑色のくま。頭に咲く天然の花が自慢です。趣味はガーデニングと散歩で、草花や蝶と話すことができます。

英語の「bear」には「くま」という意味だけでなく「花をつける・実を結ぶ」という意味もあります。横浜が花と緑であふれるように、そしてよこはまフェアが良い実を結ぶよう願って名づけられたとか!

 

ウェルカム・ガーデンは、三上貴史さんデザイン!

なんとデザインだけでなく、三上貴史さんご自身で植えつけもされたんですね!

繊細な花の組み合わせがとてもきれいでした。

 

大花壇は、1万平米の花畑!

ェルカム・ガーデンから右側の道を行くと、竹林の向こうに広がる1万平米の大花壇が見渡せる、花の見晴らしデッキに出ます。きれいな緑の芝生に縁どられた不規則な形につくられた花壇が、斜面いっぱいに広がります。紫、青、黄色、ピンクさまざまな花の色が宝石のように散りばめられて、思わず「わぁっ!」と歓声がもれる美しさ!

近づいてみると、宝石の煌めきのように見えていたのは、パンジーでした。紫系だけでもこれだけさまざまな色合いのパンジーを緻密に組み合わせて、ほんとうにキレイです!

今でも隙間ないくらいぎゅっと詰めて植えられていますが、これから暖かくなってくるとさらに花数が増えて、より見事になるでしょうね! しかし、いったいどれだけの株が植えられているのか、植え込み作業を考えると気が遠くなります。

緑の芝生に入ることはできませんが、間を通る通路をのんびり歩くと、一足ごとに幸せな気分になれそうです!

パンジー以外にも、チューリップやリナリア、ディモルフォセカ、ネモフィラなどたくさんの花々が組み合わされています。庭のある方には、植栽のヒントがたくさん得られそうですね。チューリップは原種系の背の低いものが多く選ばれていました。原種系は葉の細いものが多く、背があまり高くならないので、混植したときにパンジーなどの背の低い花ともうまくなじませやすいんですね!

今は春の花で埋め尽くされていますが、夏になればペチュニアやサルビアを中心にした夏花壇に模様替えされるようです。雰囲気がまたガラリと変わることでしょう。

スポンサーリンク




谷戸の菜の花畑、満開!

花壇の向こう、山桜咲く森の小径を抜けると、山間の谷戸に沿って菜の花が一面黄色く満開です。あたりに濃く菜の花の香りが漂います。黄色い菜の花と山桜の光景は、まさに里山。どこか懐かしい風景ですね。

そろそろ盛りを過ぎている菜の花の後には、ここはカキツバタ園になります。職員さんが7人がかりで作業中でした。おつかれさまです!

周りにはヤマブキなどが植えられていて、5月には紫色のカキツバタを黄色いヤマブキが縁どる景色に大変身します。

 

園内には何種類もの桜が開花

内の花壇を取り囲むように桜が植えられていますソメイヨシノはもちろん、エドヒガン、オオシマザクラ、ヤマザクラ、フゲンゾウなど、種類もさまざまです。写真は「ジンダイアケボノ」という桜。日本からアメリカに渡ったワシントンDCのソメイヨシノが、アメリカの桜と交雑してできた品種が逆輸入の形で1965年に日本にやってきた品種です。ソメイヨシノとそっくりな大きな花で、ソメイヨシノよりも少しピンク色の強い、華やかな桜です。

木にそれぞれ品種名がかけられているので、一つひとつ名前を確認しながら歩くのも楽しいものです。

園内はパークトレインがゆっくりとまわります。(片道1回200円)長い距離を歩くのが辛い方や、ベビーカーをお持ちの方に便利です。

 

犬連れOK!

つは里山ガーデンは犬連れOKなのです。何人かの方が犬と一緒に花の散歩を楽しんでいましたよ。ただし、もちろんマナーはちゃんと守りましょう。リードをつけ、他のお客さんの迷惑にならないよう注意してくださいね!

 

グランピングとフォレスト・アドベンチャーで身近に森を堪能する!

森を身近に楽しむグランピング体験!

▲ハンモック広場の近くにはたくさんの自然のスミレが咲いていました

ランピングという言葉をご存知ですか? グランピングとはグラマラス(Glamorous)+キャンピング(Camping)の造語です。「Glamorous」は「魅力的な」という意味なので、日本語に置き換えると「魅力的なキャンプ」ということですね。窮屈で不便な普通のキャンプでは味わえない、家具を設えたテント生活など、ゆったりとくつろいだ気持ちで森を楽しむのがグランピングです。

里山ガーデンのグランピングサイトには「MORI cafe」があり、お茶やコーヒーはもちろん、ガーデンベアのパンケーキやクッキー、ストーブで焼いたピザなどが食べられます。

また、アウトドア料理教室、レザーを使ったものづくり体験などの有料プログラム火おこし体験、丸太割体験、ハンモック体験などの無料プログラムも楽しめます。一部、予約制のものがありますので、詳しくはグランピングサイト運営のサイトで確認してください。

グランピングサイト運営のサイト

 

フォレスト・アドベンチャーで木の上を散歩する!(6月4日までの期間限定)

の上3~15mのところに足場を設置し、安全金具をつけて木の間を伝い歩きできるのがフォレスト・アドベンチャーです。里山ガーデンでは横浜フェアが開催されている6月4日までの期間限定でフォレスト・アドベンチャーのアクティビティが楽しめます。

男の子ならぜったいに大喜びしてくれますね。もちろん、おてんばさんや、大人でも楽しめます。

利用できるのは、身長110センチ以上、体重130キロ以下の人小学2年生以下の子どもは保護者同伴で参加することが可能です。コース1周で70~90分。料金は1人1000円です。

 

里山ガーデンへのアクセス・開場時間・入場料

公共交通機関利用

JR横浜線または横浜地下鉄グリーンラインで「中山駅」下車。

「鶴ヶ峰駅行き(森の台中央経由)」または「西ひかりが丘行き」バスで「西ひかりが丘」下車。

詳しくは、こちらを参照してください。

車利用

首都高速「葛西JCT」から約50分
東名高速「横浜町田I.C.」から約15分
保土ヶ谷バイパス「下川井I.C.」から約5分
第三京浜「港北I.C」から約20分

詳しくは、ズーラシアへの行き方を参照してください。

駐車場はズーラシアの駐車場を利用します。1日1回1000円です。

 

開場時間

9:30~16:30

横浜フェア開催中は休みはありません。雨天でも入場することはできますが、ハンモック広場など一部施設は閉鎖している場合があります。

入場料

無料

ただし、施設利用には別途料金がかかるものがあります。

 

まとめ

o0228021113263924831 (1)
今回は、昨日訪れた「ガーデンネックレス横浜2017」の「里山ガーデン」を紹介しました。どこを見てもそれはきれいで、とても楽しく散策できました。何人もの職員さんが植え替え作業をしたり、花殻摘みをしたりしていて、こういう地道な作業あってこその美しさなのだなぁと、感心しました。これだけしっかり作ってあるのだから、入場料とってもいいくらいですよね!

とにかく花の合わせ方がとてもセンスよくて、マネしたい組み合わせがたくさんありました。ネモフィラと合わせてあるこの淡い黄色の花はハナビシソウでしょうか。きれいだなぁ~って見とれちゃいました。

グランピングやフォレスト・アドベンチャーは、通常は都心部から遠く離れた場所でのみ体験できるものですが、電車やバスで行ける気軽な距離で楽しめるのもいいですね!

アクセスが少し悪いのですが、花散歩以外にもさまざまな楽しみ方ができる里山ガーデン。ぜひ、訪れてみてくださいね!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク






 - ▶花の情報便 , , , ,