バラの花図鑑/「アイスバーグ」は花つき良く育てやすい、殿堂入りした白バラの名花!

      2017/07/04

アイス・バーグ

スポンサーリンク



アイスバーグ

Iceberg

img_4045_fotor

DATA

バラの系統 フロリバンダ【F】
開花のしかた 四季咲き 4~5輪の房咲き 房咲き
花径 8cm
花形 半八重のカップ咲き
香り 微香
樹形 ブッシュ樹形(やや横ばり)rose_1
作出情報 1958年 ドイツ/コルデス社
備考 トゲが少なく扱いやすい

1955年  ADR受賞

1958年 バーデンバーデン国際コンクール 金賞

1958年 イギリス国際コンクール 金賞

1983年 世界バラ会議バーデンバーデン大会にてバラの栄誉殿堂入り

「氷山」の名をもつ、殿堂入りの白バラ

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0%e7%a7%8b

▲秋花の「アイスバーグ」。房咲きにならず1輪咲きになっているものも多い

1983年にドイツのバーデンバーデンで開催された世界バラ会議で、殿堂入りに選出されたのが「アイスバーグ」です。フロリバンダ系統のバラとしては初の快挙でした。

アイスバーグは、半八重の清楚な純白の白バラで、房咲きするので1株にたくさんの花を咲かせるのが特徴です。花びらは咲き始めから咲き終りまであまり劣化せず、長くきれいな状態を保ちます。

花柄が細く、ややうつむき加減に咲きがちです。

咲き始めのおしべは鮮やかな黄色で、白い花びらによく映えますが、残念ながらこの黄色はすぐに黒っぽくなってしまいます。地面に花びらがはらはらと散る様子もきれいです。

 

完全四季咲きで、暖地では冬にも開花!

Schneewittchen
Schneewittchen / ai3310X

も夏も秋も咲く、完全四季咲きのバラです。暖地では冬も咲くそうで、お正月にアイスバーグを飾ったなんて書いている方も見かけました。

花の香りは微香で、葉は照り葉です。

 

耐陰性、耐暑性、耐寒性に優れ、病虫害にも強く育てやすい

ADR賞は、見た目の美しさとともに、耐寒性や耐病性のすぐれた品種が選ばれる賞です。ADR賞を受賞しているということは、初心者でも育てやすい手のかからないバラということです。

実際にわたしも育てた経験があります。耐陰性があるということで、東向のベランダの内側(窓に近いあたり)で育てました。日照条件はかなり悪かったと思うのですが、よく咲いてくれました。バラを育て始めたばかりの頃で、満足に肥料や病虫害対策もしていなかったと思うのですが、病気も害虫も発生せずとても育てやすかった覚えがあります。

 

育て方のポイント

全四季咲きのバラなので、肥料をしっかりやるよう心掛けましょう。

シュートがあまり出ないタイプのバラなので、古い枝をあまり切らず大切に育てます。冬の剪定では、枝分かれした上で切ると、翌春の枝が増えて花をたくさん咲かせられます。

 

ドイツ名は「シュネー・ビッチェン」

%e7%99%bd%e9%9b%aa%e5%a7%ab%ef%bd%81%ef%bd%83
常は英語名の「アイスバーグ」と呼ばれています。アイスバーグとは「氷山」の意味です。純白の花で香りがほとんどないことからの印象でしょうか。作出国ドイツでの名前「シュネー・ビッチェン」。シュネー・ビッチェンは、「白雪姫」の意味です。じつは、とても愛らしい名前のバラだったのですね!

 

枝替わりにピンクや赤のアイスバーグも!

ブリリアント ピンク アイスバーグ(Brilliant Pink iceberg)
ブリリアント ピンク アイスバーグ(Brilliant Pink iceberg) / _temaki_

イスバーグの枝替わりには淡い桃色の「ピンク・アイスバーグ」があります。さらにピンクアイス・バーグの枝替わりで濃い桃色の「ブリリアント・ピンク・アイスバーグ」が、ブリリアント・ピンク・アイスバーグの枝替わりで紫みの強い深い紅色の「バーガンディー・アイスバーグ」が作出されました。

花色は違うけれど、どれも元の白花のアイスバーグと同じ強健で、四季咲きによく咲く、優れた性質は同じです。

 

つるアイスバーグも優れた名花

IMG_2721-2

▲アイスバーグとつるアイスバーグを使ったホワイトガーデン

イスバーグには、枝替わりでつる性になった「つるアイスバーグ」もあります。トゲが少なく枝が柔らかいので、扱いやすい人気品種です。つるアイスバーグは一季咲きです。

アイスバーグとつるアイスバーグを使ったホワイトガーデンは、まばゆいばかりの庭になります。

 

口コミと値段の目安

バラ苗ショップからのコメント

初心者の方が白バラを探している時に、必ずおすすめする優秀な品種です。
バラ愛好家絶賛の超銘花。多花性で次々と白い花を咲かせます。真冬になるまで花を上げつづけます。
中輪で半八重に近い花ですが、とても気品があります。房咲きになり、ひらひらと軽やかな花弁の雰囲気と純白な花色が、お庭を別世界に変えてくれます。花はやや垂れ下がります。

耐病性が強く育てやすく、照葉でうどん粉病にもなりづらいです。多花性ですので、開花後は追肥が効果的です。

アイスバーグは世界バラ会の殿堂入り品種ですので、いろんな気候や環境で世界中の人が楽しんでおり、非常に評価されています。(花ひろば)

 

ロザリアンからのコメント

花は中輪ですが多花性で、純白の丸弁の花は、少なめの花弁の数と、細首でうつむき加減に咲く風情とあいまってとても清清しく、まさに「白雪姫」の名に相応しい花姿です。

枝は細く、花が咲くとしだれ気味ですが、性質は強健で、今までまったく病気にはお目にかかったことがありません。最近はつる性のものもあり、地植えで大きく育つようですが、株はもともとコンパクトなので、大きな鉢なら鉢植えでも充分楽しめます。

雑誌やカタログで見ただけでも、誰もが憧れてしまう可憐なバラですが、育ててみると手ごたえも申し分なく、いっそう好きになってしまうこと請け合いです。

 

バラ苗の値段の目安

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0%e6%a5%bd%e5%a4%a9

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0%e6%a5%bd%e5%a4%a9

まとめ

o0228021113263924831 (1)
アイスバーグは白バラで、丸く優しい印象の花をたくさん咲かせます。フロリバンダ系統のバラなので、房咲きする上に四季咲きです。耐陰性、耐暑性、耐寒性があるので、よほど厳しい環境でない限り花が楽しめる品種だと思います。

我が家のベランダでも育てていましたが、ほんとうに手入れもせずに水やりだけでよく咲いてくれました。鉢に植えっぱなしにしていたせいで、コガネムシの幼虫に根を食い荒らされてしまい、ついに枯れてしまいましたが・・・。当時はそんなすごいバラの天敵がいるなんて知らなかったものだから、いい勉強をさせてもらいました。いつかまた育ててみたいと思います。

ブッシュ樹形のアイスバーグも、つるアイスバーグも、どちらも育てやすくてしっかり手応えのある花を咲かせてくれる人気品種です。初心者はもちろん、たくさんのバラを育てている方も、バラ同士の色がけんかしてしまいそうなときにはアイスバーグをなじませ役に活用してみてはいかがでしょうか!

cropped-rose1.png
スポンサーリンク







 

<おすすめ記事一覧>



 - ▶バラの花図鑑 , , , , ,