花びらの先に不規則な切れ込みが入るシャクヤク咲きの大輪バラ、「イヴ・ピアジェ」を紹介します。スイスを代表するハイ・ジュエリーブランドピアジェ社」の会長に捧げられた、豪華なバラです。

スポンサーリンク




イヴ・ピアジェ(イブ・ピアッチェ)

Yves Piaget

Rose Yves Piaget バラ イブ ピアッチェ
Rose Yves Piaget バラ イブ ピアッチェ / T.Kiya

DATA

バラの系統 ハイブリッド・ティー【HT】
開花のしかた 四季咲き、1輪咲きまたは数輪の房咲き
花径 14cm
花形 シャクヤク咲き
香り 強香(ダマスク・モダン)
樹形 やや横張りのブッシュ樹形
作出情報 1984/フランス・メイアン

((Pharaon×Peace)×(Chrysler Imperial×Charles Mallerin))×Tamango)

 備考 1982年バガデル国際コンクール芳香カップ賞受賞

1982年ジュネーブ国際コンクール金賞及び芳香賞受賞、他2賞受賞

切り花でも人気の品種

 

豪華なシャクヤク咲き&強香で、ガーデンでも切り花でも人気のバラ!

ヴ・ピアジェは、不規則な切れ込みが入りゆるくウエーブした80枚ほどの花びらが豪華なシャクヤク咲きの代表品種です。花径14cmの巨大輪と、濃いバラ色の、とても存在感あるバラです。

 

さらにイヴ・ピアジェの人気を支えているのが、強いダマスク・モダンの香りがあること。

 

イヴ・ピアジェは、花の大きさ、花色、花形、強香と、どれをとっても華やかな、ハイブリッド・ティー系統の人気品種です。

 

コンパクトなブッシュ樹形

ヴ・ピアジェは、樹高1.3mの、やや横張りのブッシュ樹形です。コンパクトに育つので、鉢植えにも向きます。花枝が長く、切り花にも使いやすいバラです。じっさい、ガーデンローズとしてだけでなく切り花としてもたくさん流通しています。水揚げがよく、花もちも良い、切り花向きのバラです。

 

育てやすさは「普通」です。薬剤散布も含めて、通常の四季咲きブッシュ・ローズの手入れをきちんと行えば問題なく育てられます。

 

スイスの名門ジュエラーのイヴ・ピアジェ氏に捧げられたバラ

PIAGET
PIAGET / paparutzi

アジェといえば、1874年創業のスイスを代表する高級時計とジュエリーのブランド「ピアジェ」(Piaget)を思い浮かべますよね。

 

じつはバラ「イヴ・ピアジェ」は、作出したメイアン社からピアジェ社の会長イヴ・ピアジェ氏に捧げられたバラなのです。

 

イヴ・ピアジェ氏は、幼い頃からバラに特別の愛情を注いできました。「ジュネーブ国際バラ新品種コンクール」へ協賛するなど、バラに対する功績を称えて、1982年、メイアン社は同コンクールで金賞および芳香賞を受賞したバラをイヴ・ピアジェ氏に捧げることにしたのです。

 

ピアジェ社は、自社のメセナ活動(芸術・文化の援護活動)の一環として、マルメゾン城の庭をリニューアルする事業に取り組んでいます。

 

ピアジェ社では2014年、ピアジェ・ローズをモチーフとしたローズ・パッション・ハイ・ジュエリー・コレクションを発表しています。

 

▼ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌとマルメゾン城については、こちらをご覧ください。

 

▼ピアジェ社のマルメゾン城リニューアル事業の取り組みについては、こちらをご覧ください。

 

イヴ・ピアジェ=イブ・ピアッチェ

のバラは、日本では「イヴ・ピアジェ」よりも「イブ・ピアッチェ」という名称で呼ばれることが多く、場合によっては「イヴ・ピアジェ」と「イブ・ピアッチェ」が別のバラと勘違いされている方もいるようです。

 

アルファベット表記の「Yves Piaget」を日本語表記に変える段階で、京成バラ園が「イブ・ピアッチェ」と表記し、それが広がったのが始まりとどこかで読みました。(出展を探し出せず、ややあいまいな記憶ですが)

 

詳しくは分かりませんが、「イヴ・ピアジェ」が商標登録されていたために、当時、使えなかったとかいう理由のような気がします。あくまで、わたしの推測ですけれどね。

 

枝替わりが多く、つるタイプもある!

替わりに「ピンク・イヴ・ピアジェ」、「フレグランス・オブ・フレグランシズ」など、たくさんの品種があります。一連のイヴ・ピアジェの枝替わり品種はイヴ・シリーズまたはイヴ姉妹と呼ばれることもあります。

 

突然変異でつる性になった「つるイブ・ピアジェ」もあり、この品種はよく返り咲きします。

 

交配親としても優秀で、シャクヤク咲きの切り花に、たくさんのイヴ・ピアジェを交配親にした品種があります。

 

中には「イブNO6」という品種があるのですが、思わず2度見してしまいました。ご存知の方ならピン! と来るでしょうね。あさのあつこさん原作の小説「NO.6」の二人の主人公のうちの一人が「イヴ」という名前で役者をしているのですが、この「イブNO6」というバラは、小説の中のイヴくんに印象がだぶります! ほんとうはナンバリングされたイヴシリーズの一つで、小説とは関係ないんですけれども。

スポンサーリンク



口コミと値段の目安

バラ苗ショップからのコメント

ロマンティカシリーズ・・・
仏メイアン社作出によるオールドローズとモダンローズの両方の要素と雰囲気を兼ね備えた品種群

フリルのかかった切れ込み弁がぎっしりつまったフリフリ・シャクヤク咲きです。濃い目のピンクの大変豪華な花になります。
香りも極めて豊に香ります。メイローズとパロマローザ、アニスシードの強い香り。花弁数:70~80枚位で花径14cm位。(花ひろば)

ロザリアンの口コミ

このバラの大きな特徴は4つあり、1つ目は見た目の豪華さです。シャクヤク咲きで一度見たら脳裏に焼き付いて離れません。少々「うどんこ病」がでても、「ボーリング」せずに咲く強さが、このバラにはあります。

このバラの2つ目の特徴は、その芳香です。まさに「天然の香水」というべきもので、嗅ぐ者をすべて虜にします。

このバラの3つ目の特徴は、その花持ちの良さです。切り花種出身のその特性を生かし、その芳香を維持しながら、花形を大きく変化させながら咲き進みます。

4つ目の特徴は枝変わりの多さです。「イブシリーズ」とか「イブ姉妹」とか呼ばれますよね。

バラ苗の値段の目安


まとめ

o0228021113263924831 (1)
スイスの高級ジュエラー「ピアジェ」の会長イヴ・ピアジェ氏に捧げられたバラ「イヴ・ピアジェ」。濃いバラ色の巨大輪でシャクヤク咲き、そして力強いダマスク・モダンの香りと、高級宝飾品にも負けないほどの存在感を示すバラが「イヴ・ピアジェ」です。

 

その交配親を見てみれば、世界バラ会議で初の殿堂入りを果たした名花中の名花「ピース」があり、モダン・ローズの強香品種を代表するパパ・メイアンを生み出した「シャルル・マルラン」あり。血筋の良さは折り紙付きですね。

 

イヴ・ピアジェは、風格漂う女王のように存在感のあるバラです!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク