淡いピンクからじょじょに赤みを載せていく半八重咲きのバラ、桜霞を紹介します。とても花付きがよく、フロリバンダの桜霞もきれいですが、つる桜霞も庭に使いやすいバラです。

スポンサーリンク




桜霞

sakuragasumi

DATA

バラの系統 フロリバンダ【F】
開花のしかた 四季咲き、8~20輪の房咲き
花径 4cm
花形 半剣弁平咲き
香り 微香
樹形 0.8mほどのブッシュ樹形(横張り性)
作出情報 1988年 日本/鈴木省三
 備考 満開時の花つきは見事!

枝替わりの「つる桜霞」(2001年鷲見繁氏作出)も庭に使いやすい優秀品種

 

「桜霞」は素晴らしい花つきで株いっぱいに花を咲かせる!

Rose, Sakura-Gasumi (Misty Cherry blossoms), バラ, 桜霞(さくらがすみ),
Rose, Sakura-Gasumi (Misty Cherry blossoms), バラ, 桜霞(さくらがすみ), / T.Kiya

霞は、まさに桜の霞がかかったように景色を一変させてしまうほどの素晴らしい花つきが魅力です。春の花つきは素晴らしいの一言! 秋は春よりも花数こそ減りますが、じゅうぶんたくさんの花で庭を彩ってくれます。花径は4cmと桜よりも大きいのですが、桜の優しい雰囲気をよく再現しています。

 

咲き始めは淡いサーモンピンクで、咲き進むとやや赤みを帯びてきます。「半剣弁平咲き」とDATAでは表記していますが、実際は花びらの反り返りはあまりないので、「丸弁咲き」と言っても違和感はありません。

 

花つきとともに花もちも良く、多いときには20輪にもなる大きな房咲きになることがあります。

 

「桜霞」は、日本で作出された品種!

形はやや横張り性のブッシュ樹形です。0.8mとコンパクトに育つので、花壇なら前面に植えると映えます。また、鉢植えでも育てやすいサイズです。

1988年に鈴木省三氏により作出された日本生まれのバラです。日本の気候によく合っていて、育てやすいところも魅力です。

 

つる桜霞も評価の高い名花!

▲つる桜霞の春の花つきは素晴らしい

近はブッシュ樹形のバラよりもつるバラが人気ですが、「桜霞」の枝替わりの「つる桜霞」(2001年鷲見繁氏作出)も庭でとても使いやすい品種として知られています。

 

クライミング系統に属しますが、枝が細く扱いやすい。春の花つきは「桜霞」同様に素晴らしく、返り咲きも楽しめるつるバラです。枝先は2.5~3mまで伸びます。

 

もともとのフロリバンダ系統の「桜霞」よりもこちらの「つる桜霞」の方が今ではよく知られています。

スポンサーリンク



口コミと値段の目安

バラ苗ショップからのコメント(つる桜霞)

四季咲中輪系「桜霞」の枝変り。可憐な桃色の小花が次々咲くつるバラ。
アーチやトレリス等幅広く演出が楽しめる使いやすい品種です。(ザ・ローズショップ)

 

ロザリアンの口コミ(桜霞)

1990年鈴木省三氏作出のばらです。横張りでもコンパクト、鉢植えで膝上程度かな。
とても強健、次から次へと蕾や枝を出してくれます。ハダニクイーンになったこともありますが、今は大丈夫。適当&お気楽ガーデナーの私のお手入れにも、ちゃんと答えてくれました^^

 

バラ苗の値段の目安

まとめ

「桜霞」は、日本が誇るバラの作出家・鈴木省三氏が作出した品種です。春の花つきの良さは圧巻で、愛らしい花で株いっぱいを覆いつくします。

 

昨今はつるバラ人気が高く、枝替わりの「つる桜霞」(2001年鷲見繁氏作出)がとても扱いやすいと人気です。日本で作出された品種なので、日本の気候に合っていて育てやすいところも安心できますね。返り咲きも楽しめるつるバラです。

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク