Kinki Kidsの新曲「薔薇と太陽」Va・Cu・Vanの意外な意味は!?

      2017/04/16


今年デヴュー20周年を迎えるKinki Kidsの36枚目のシングル「薔薇と太陽」が7月20日に発売、7月27日付のbillboard JAPANトップシングルセールスと共に総合セールス1位を取りました。少しレトロでかっこいい曲ですが、くり返される謎の呪文「Va・Cu・Van」が気になります! そこで早速調べてみました。

スポンサーリンク



「薔薇のような雰囲気の男性芸能人は?」に堂本光一の名が!

バラの花束

し以前の話になりますが、Yahoo掲示板に「薔薇のような雰囲気の男性芸能人は?」という質問があったんですね。その回答欄に並んだ名前は、なるほど~と思わず首を縦に振ってしまう面々でした。

 

及川光博
アルフィーの高見沢俊彦
京本政樹
GACKT

 

そして、Kinki Kidsの堂本光一の名前も! その理由として、こんな回答が。

 

堂本光一さんだと思います。
薔薇は美形な人が似合うイメージがありますよね。
誕生日に相方の剛くんからコンサート中に貰ってましたが…歌の最中で、その薔薇を大事に抱えながら歌っている姿が本当に王子様みたいでした。

 

堂本光一さんは確かに薔薇が似合いそうな、華やかな雰囲気がありますよね。それを意識してなのかどうなのか、今年20周年を迎えるKinki Kidsの36枚目のシングルのタイトルは「薔薇と太陽」

 

Kinki Kidsの新曲「薔薇と太陽」、楽曲提供はイエモンの吉井和哉氏

IMG_4085_Fotor

詞・作曲を手がけたのはTHE YELLOW MONKEY吉井和哉氏。少し昭和なムードのタイトル通り、曲調もややレトロな雰囲気にビートを載せた感じ。熱い恋の炎を「赤い薔薇」にたとえ、恋人たちの出会いと別れをドラマティックに表現しています。

「灼熱の影」「カルメン」「闘牛士」と、スペインをほうふつとさせる言葉を詩に散りばめ、プロスペル・メリメの小説「カルメン」をベースにしていることが分かります。さらに印象的に用いられている単語が「薔薇(roses)」「太陽」「シャルドネ」「コルク」。そして「Va・Cu・Van」

「シャルドネ」は、白ワインを作る定番ぶどう品種。詩の中では「命の白いシャルドネ」と表現しています。その「コルクを抜く」とは・・・つまり、もう後には引けない状態に落ちたってことでしょうか。なかなかキザな表現ですねー!

 

「Va・Cu・Van」は、なんとオランダの会社名だった!

「Va・Cu・Van」を音読みすると「ヴァ・キュ・ヴァン」ですよね。じつはフランス語ワインのことを「ヴァン」と言うのです。綴りは「vin」です。「Va・Cu・Van」の最後の「Van」を「vin」にして「Va・Cu・Vin」で検索してみると・・・・。

なんとオランダのキッチン用品を扱っている会社名でした! 正しくは「VACU VIN」社

ワインラックや、飲み物を急速で冷やす便利グッズなども扱っていますが、VACU VIN社のワイン用品で目を引くのが「ワインサーバーストッパー」です。

ワイン1本を飲み切ることができなかったときに、このストッパーを瓶の口にあて、ポンプで瓶の中の空気を抜くことができるという商品。ワインは酸化しやすいので、飲み残したワインが酸化で味が落ちてしまうのを防ぐためのものです。

使っている人たちの間では、「ヴァキュヴァン」という名前で通っているようです。もしかしたら吉井和哉さんが日常的に使っているものなのかも知れないですね!

もちろん社名そのままでは差しさわりがあるので、「VACU VIN」から「Va・Cu・Van」に表記を変えているのでしょう。

 

恋を「Va・Cu・Van」するとはつまり・・・?

o0228021113263924831 (1)
え上がった恋を「Va・Cu・Van」(=VACU VIN)するってことは、つまり、酸化しないようにストッパーかけるってことでしょうか。恋をいつまでも燃え上がった美しい形のままに、いつまでも酸化しないように瓶に閉じ込めておく・・・心に焼き付けておくって意味なんでしょうかね。

ホセとカルメンの恋が、最後は悲しい終わりを迎えたけれど、それでもいつまでも語り継がれるほど人々の心に残っているように、ぼくらの恋心の中にVACU VINされたように、いつまでも焼き付いているよ! そんな意味と解きましたがいかがでしょうか?

夏は恋の季節。Kinki Kidsの歌に載せて、悔いのない恋してくださいね!(わたしは、かなり遠い目です~)。

cropped-rose1.png
スポンサーリンク









 - ▶花の情報便 , , , ,