三上真史さん結婚!そのキザなプロポーズとは!?

      2017/06/22


スポンサーリンク



NHK「趣味の園芸」の司会や、全国都市緑化よこはまフェアの広報親善大使を務めるなど、園芸の楽しさを広める活動を行っている「園芸王子」こと三上真史さんが、結婚したことを発表しました。そのプロポーズがキザだと巷で話題ですが、さて、どんなプロポーズだったのでしょうか!

あの「園芸王子」が結婚!

HK「趣味の園芸」の司会、さらに「全国都市緑化よこはまフェア」では広報親善大使としてオープニングシンポジウムに出演したり、里山ガーデンのウェルカムガーデンをプロデュースしたりと、さまざまな形でガーデニングを広める活動をしている「園芸王子」こと三上真史さんが結婚されました!

オフィシャルブログでは、こう書かれています。

ガーデニング好きな僕としては常々自分の”庭”を持ちたいと申しておりましたが、この度 “家庭” を持つこととなりました。
笑顔の花咲く明るい家庭を育んでいきたいと思っております。

「庭」と「家庭」をかけるあたり、なかなか憎いコメントですね!

そして「笑顔の花咲く」とは!

大学卒業後の一時期、ライターをしていた三上さんらしい、ウィットに富んだ文章です^^

 

気になるお相手は?

相手は、高校の一つ下の後輩の一般女性の方。交際10年を経ての結婚なのだそうです。

しっかりとした、落ち着いた家庭を築いていってくれそうですね^^

 

108本のバラの花でプロポーズ!

でキザだと言われているプロポーズのしかたですが、なんと108本のバラの花束でプロポーズしたのだとか!

バラの花言葉は「愛情」です。

そして、贈る本数により細かい意味づけがされます。

贈るバラの本数による意味あいを紹介しましょう。

1本──一目ぼれ、あなたが運命の人

2本──お互いの愛情

3本──愛している

4本──一生愛し続ける

5本──あなたを賞賛する

6本──あなたに夢中

9本──永遠の愛

10本──あなたは非の打ちどころがない

11本──あなたはわたしの宝物

12本──わたしのものになってください

40本──真実の愛

44本──不変の愛

50本──偶然の巡り合い

99本──永遠の愛

100本──100%の愛情

101本──最愛、あなただけ

108本──結婚してください

つまり108本のバラの花束は「結婚してください」というプロポーズにぴったりな意味を持っているのです。

さすが「園芸王子」です。

ちゃんとバラの本数に意味があることを知っていたんですね!

バラの色は、間違いなく「赤」でしょう!

なにしろ赤バラの花言葉は「あなたを愛しています」ですからね!

 

▼バラの花の本数による意味は、こちらの記事でも取り上げています。

「いつか999本プレゼントできたらいいな」

スポンサーリンク




上真史さんが公式ブログで結婚を発表したのは5月30日の朝ですが、じつは5月5日には婚姻届けを提出しているそうです。婚姻届けを提出した数日後に、三上さんはこんなことを話していたそうですよ。

バラの花言葉は愛情。バラだと本数ですね。1本で『片思い』、3本か5本で『告白』、999本になると『来世も一緒にいたい』。いつかは、999本プレゼントできたらいいなあと思っています

999本のバラで「来世も一緒にいたい」と、いつか言いたいとは! 見事なのろけっぷりを披露してくれていますね。

ところで、上に紹介したマツコさんの記事でバラの値段と重さを考察したんですが。

バラのお値段はピンキリですから、バラ100本で1980円~10万円とばらつきがあります。

バラ100本の重さは5~7キロです。

999本となると、100本の約10倍。

1980円X10=1万9800円

10万円X10=100万円

重さは50~70キロです!

まさか「園芸王子」が100本で1980円のバラを贈るとは考えにくいので、

999本のバラは、ざっと70キロ100万円のバラの花束になりそうです。

いや・・・これを花束にするのはムリですね。

きっとバラで埋め尽くされたバラ部屋がプレゼントされることでしょう。

香りもすごそうです!

 

挙式はガーデンで!

式の日程などは未定だそうですが、ガーデン挙式を希望しているという情報もあります。

そのこだわりが「園芸王子」らしくていいですね!

 

まとめ

o0228021113263924831 (1)
いつも爽やかな笑顔でガーデニングの楽しさを広めてくれている三上真史さんがご結婚されるということで、いろいろ妄想を広げつつ、紹介しました。
108本のバラでプロポーズという、そちらに注目が集まっているようですが、個人的には、公式ブログに記載されていた言葉がとても印象的でした。もう一度、紹介しますね。

常々自分の”庭”を持ちたいと申しておりましたが、この度 “家庭” を持つこととなりました。
笑顔の花咲く明るい家庭を育んでいきたいと思っております。

庭と家庭をかけたところ、花と笑顔の花咲くをかけた表現、とても素敵だと思いました。
どうぞ、このお芽出たいニュースが実を結び、素敵な(家)庭に育っていってくれますように。
心から祝福します^^

cropped-rose1.png
スポンサーリンク






 - ▶花の情報便 , ,