大正初期に建てられたシックな洋館と、フランス式整形花壇に咲く90種180株のバラのコラボが楽しめる、旧古河庭園の紹介です。

旧古河庭園は、大正初期の洋館とバラが楽しめる

furukawa02(1)

 

京都北区にある旧古河庭園は、大正初期の洋館洋風庭園日本庭園が楽しめる庭園です。

洋館と洋風庭園の設計者イギリス人建築家のジョサイア・コンドル博士(1852~1920)。ジョサイア・コンドル博士は、旧宮内庁本館(1931年取り壊し)、鹿鳴館(華族会館)(1940年取り壊し)、ニコライ堂(重要文化財)、旧岩崎邸庭園洋館(重要文化財)など、現存しないものも多くありますが、日本の建築界に大きく貢献した建築家です。

日本庭園は、近代日本庭園の先駆者とされる小川治兵衛(1860~1933)の作です。小川治兵衛は、平安神宮神苑、円山公園、京都国立博物館庭園の他、京都を中心に多くの寺院や邸宅の庭を手がけています。

旧古河庭園は、和洋が見事に調和した近代庭園として、2006年「国の名勝」に指定されています。

 

さくっと堪能したい方は動画をどうぞ!

「旧古河庭園」春のバラ2016(3分17秒)

 

90種180株のバラがお出迎え!

旧古河庭園

に梅、桜、バラ、ツツジなど。夏にハナショウブ。秋にバラ、紅葉、ヒガンバナなどと、さまざまな植物が楽しめますが、やはり見事なのは西洋庭園のバラです。春バラの咲く5月にはたくさんの見学客でにぎわいます。

旧古河庭園の洋風庭園は、フランス風の整形式庭園です。低く刈り込んだ生垣で囲んだ幾何学模様の花壇を左右対称に配し、その中に90種180株のバラが植えられています。

バラの多くは四季咲きのモダン・ローズなので、春と秋を中心に、夏にも少し咲きます。

毎年5月の春のローズ・フェスティバルではクラシック音楽会や日本庭園を中心にした庭園ガイド、バラ関連の商品や鉢植えを売るローズ・ショップの出店、さらにライトアップも行っていて、夜の入場ができる期間があります。

 

春と秋のバラの見ごろ

春は5月中旬~6月初旬

秋は10月中旬~11月初旬

 

バラフェスティバル2017

春のバラフェスティバル 5月6日(土)~5月31日(水)

9時~17時(最終入園は16時30分)

※5月6日(土)・7日(日)は、9時~18時(最終入園は17時30分)ライトアップ期間は下記参照

バラと洋館、日本庭園のライトアップ

平成29年5月12日(金)~21日(日)

日没~21時

その他、音楽会、庭園ガイドなどが開催されます。

Rose Festival @ Kyu Furukawa Garden
Rose Festival @ Kyu Furukawa Garden / *_*

訪れた人の口コミは?

バラの見頃に合わせて行われる「春バラと洋館のライトアップ」に出かけました。

バラは満開でした。
土曜日でとても人が多く、人が入らないように写真を撮るのも大変!という感じでしたが、ライトアップされたバラは幻想的で素敵でした。夜は少し肌寒かったですが、ライトアップを待った甲斐がありました。

種類によっては少しピークを過ぎていそうなものもあり、綺麗な花を楽しむには、早めの来園がおすすめです。

早春

バラとつつじが有名な庭園ですが、花の季節から外れた時期に行ったので園内は静かでした。
洋館と西洋風の庭園だけがあるのかと思っていましたが、広い日本庭園もあってのんびりできました。
日本庭園には、大きな心字池や枯山水の庭、築山、茶室、深い緑に覆われた苔むした庭などがあってお勧めです。

 

アクセスと施設の案内

交通案内

JR京浜東北線 上中里駅 下車 徒歩7分
東京メトロ 南北線 西ヶ原駅 (N15)下車 徒歩7分

 

施設案内

開園時間
午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

入園料
一般   150円
65歳以上 70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

 

洋館見学

洋館の内部見学には往復はがきでの事前申し込みが必要です。

見学料800円

 

喫茶室と茶室

洋館一階の喫茶室では、コーヒー、紅茶、パウンド・ケーキなどがいただけます。喫茶室は壁紙も壁の彫刻もバラがモチーフになっていて、かつて「薔薇の間」と呼ばれていた部屋。庭に面したテラス席もあります。

日本庭園の茶室では、薄茶がいただけます。

 

売店

売店の営業は土日祝のみ。ただし、ローズ・フェスティバル開催中は平日でも営業しています。

食用バラを練りこんだバラアイスが人気です!

 

問い合わせ

旧古河庭園サービスセンター(03-3910-0394)

館内見学申込・問い合せ(財)大谷美術館 (3910-8440)

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク