バラの系統/モダン・ローズを系統で調べる【保存版】

      2017/07/04

ラ・フランス

スポンサーリンク



1867年、フランスの育種家ギヨーにより作出された「ラ・フランス」は、完全四季咲き性をもつバラの品種です。ラ・フランス以降に生まれたバラの系統がモダン・ローズです。ここでは、モダン・ローズの系統について紹介します。アンダーバーのある青い文字から、それぞれのページにリンクしています。

モダン・ローズの系統は、ラ・フランスから始まった!

IMG_4343-3

19世紀初頭、中国の4種類のバラがヨーロッパに渡ってから半世紀を経て、ようやく誕生したのが完全四季咲き性をもつ「ラ・フランス」という名のバラです。

ラ・フランスは四季咲き性があり、剣弁高芯咲きの花形、ティーの香りをもつバラです。ラ・フランス以降、四季咲き性のバラが次々と生み出され、ラ・フランス以降に作られたこれらのバラの系統は、モダン・ローズと呼ばれます。

 

ハイブリッド・ティー系統 モダン・ローズを代表するハイブリッド・ティー系統を紹介!

ポリアンサ系統とフロリバンダ系統 房咲きする、ポリアンサ系統とフロリバンダ系統。

ミニチュア系統とミニ・フローラ系統 小さくて愛らしいバラの系統。

シュラブ系統(含イングリッシュ・ローズ) シュラブ樹形をもつモダン・ローズ。

 

クライミング系統は、モダン・ローズのつるバラ

IMG_4107_Fotor

ダン・ローズはほとんどが木立性樹形です。木立性樹形のバラの枝替わりで現れたつるバラと、モダン・ローズとオールド・ローズのランブラー系統のバラを交配したつるバラは、クライミング系統と呼ばれます。

 

クライミング系統 枝先が長くのびるモダン・ローズのつるバラ。

 

cropped-rose1.png

スポンサーリンク






 - ▶「バラを知りたい!」目次 , ,