母の日アジサイを贈ることが増えてきています。その理由や、今年贈りたいアジサイのギフトをお花屋さんごとに紹介します。母の日用のプレゼントだけでなく自分用のアジサイを入手するにも今がチャンスです。流通量が少なく、これまでなかなか入手できなかった「万華鏡」。今年こそ手に入れてみませんか!

スポンサーリンク




母の日の鉢花ギフトには、もはやカーネーションよりアジサイ! どうして?

年も母の日が近づいてきましたね。

もうそろそろ何をプレゼントするか考えなければ──と思っている方も多いことでしょう。

 

母の日のプレゼントといえば赤いカーネーションの花が定番ですよね。かつては存命のお母さまには赤いカーネーションを、亡くなってらっしゃるお母さまには白いカーネーションを、と言われていました。そのあたりの詳しいお話しは別の記事をご覧いただくとして。

 

▼母の日にカーネーションを贈るのはなぜ? の疑問を詳しく紹介しています

 

じつはここ数年、鉢花のプレゼントに限っては、カーネーションよりもアジサイの方が人気が上です。その理由はいくつか考えられます。

 

母の日にアジサイが人気の理由その1/アジサイは来年も咲かせられる!

花に限っていえば、カーネーションを来年も咲かせるのは難しいのに対して、アジサイは管理が楽で来年以降も咲かせることができます。花を育てるのが好きなお母さまに贈るなら、アジサイの方が喜んでもらえますね。

 

切り花なら、だんぜんカーネーションの方が安価で流通量も多いです。でも鉢花では、アジサイはカーネーションと肩を並べる、いやもはやそれ以上の、母の日定番のギフトとなっているのです。

 

母の日にアジサイが人気の理由その2/魅力的なアジサイの新品種がつぎつぎ登場!

年、アジサイの魅力的な新品種がつぎつぎ登場しています。

 

たとえば写真の「万華鏡」というアジサイは、小さな花びらが八重咲きになっていて、それぞれの花びらに白い覆輪があります。その名のとおり万華鏡を覗きこんだような美しさです。

 

また最初はフラワーアレンジメントで輸入品の「秋色アジサイ」と呼ばれるものが人気になったことに端を発して、このごろではこってりした色味のアジサイの鉢花も登場しています。

 

他にも驚くほど劇的に色を変えるアジサイなど、アジサイのバリエーションがとても豊かになってきています。

 

母の日にアジサイが人気の理由その3/アジサイの花言葉に良い意味が追加された!

ジサイといえば、その花色が変化することから「移り気」や「浮気」という花言葉が一般的でした。このため贈り物にするにはためらわれることもあったそうです。

 

でも、花言葉関係なしにみてみれば、アジサイはとても魅力的な花ですよね。花言葉から敬遠されるのはもったいないことです。そこで、現在では良い意味の花言葉がつけられ、贈り物にしやすくなったという面もあります。アジサイは小さな花が寄り添っている様子から「家族団らん」という花言葉が追加されました。

 

花色からいえばピンクや赤紫色のアジサイには「元気な女性」という花言葉があるそうです。いつまでも元気でいてほしいお母さんに贈るにはぴったりですね!

 

母の日にアジサイが人気の理由その4/母の日まわりはカーネーションが品薄に!

の日といえばカーネーションという固定概念があるため、いまや母の日まわりはカーネーションが品薄になってしまいます。しかも値段も高くなります!

 

だったら必ずしもカーネーションでなくても良いのでは? という考えから、他の花が選ばれることが増えてきています。アジサイはもちろん、バラやコチョウラン、マーガレット、ベゴニアなどがよく選ばれているようです。

スポンサーリンク



2018年、今年の母の日はいつか知ってる?

の日は「5月第2日曜日」とされているので、毎年少しずつ日にちが異なります。

2018年の母の日は5月13日(日曜日)です。

 

ネット注文の花のプレゼントは時間の余裕をもって!

分で手渡せればいいのですが、遠方に住んでいるお母さまに贈る母の日のプレゼントをネットで注文する方も多いでしょう。

 

母の日はもちろん、敬老の日、クリスマス、お歳暮など、多くの方が花の贈り物をする時期は、とうぜん花屋さんも運送業者も混みあいます。いつもならしないミスが出る可能性も高くなります。とくに花は生ものですから、ミスなくしっかり送ってもらいたいものですよね。

 

意外と花のギフトにはトラブルが多いものです。トラブル被害に遭わないために、あらかじめ時間の余裕をもって、注文しましょう! 4月中に予約しておけば、早割が適応されるお店もありますよ!

 

▼花のギフトのトラブルについては、こちらをご覧ください。

今年の母の日に贈りたい、おすすめのアジサイギフト5選をご紹介!

2018年、今年の母の日に贈りたい、アジサイのギフトをご紹介します。プレゼント選びの参考になさってくださいね!

1、フラワーマーケット花由


母の日ギフト 母の日 ギフト 早割 プレゼント 花 送料無料 希少品種 20種から選べる!母の日 アジサイ 5号 inバスケット 母の日限定 あじさい 花鉢 鉢花 鉢植え フラワーギフト 母の日プレゼント 贈り物 鉢 紫陽花 【5/9〜13の期間内にお届け】

ず最初に紹介するのは、楽天の人気花店「フラワーマーケット花由」さんの、「アジサイ選べる20種類!」です。2017年の楽天花ジャンル大賞やギフト賞を受賞しているお店なので、安心感はばつぐんですね!

 

アジサイの種類も20品種もあり、どれにしようか選ぶのが楽しくなるような美しい品種ばかりがセレクトされています。わたしは花びらに不規則なラインが入る「スプラッシュ」「舞姫」が気になりました。とっても素敵ですね!

 

2、anne’s flower アンのお花屋さん


【お買い物マラソン期間中ポイント5倍】【母の日ギフト 母の日 早割 プレゼント】お母様に好評♪選べるアジサイの鉢植え 絞りアジサイブルー 絞りあじさいピンク てまりてまり 色が変わるマジカルレインボー【送料無料】【楽ギフ_メッセ】

天の人気花屋さんanne’s flowerからは、「5種から選べるあじさい鉢植」をご紹介。魅力的なあじさいばかりが5種類セレクトされていますが、この中でわたしのイチオシは「てまりてまり」です。

 

「てまりてまり」は、小さな花びらが集まったとても可愛らしいアジサイです。花言葉を意識すればピンク色がおすすめですが、庭におろして植えるなら色の管理が楽なブルーの方がいいと思います。

 

花色が劇的に変化する「マジカルレインボー」も楽しいですね!

 

3、風味絶佳、山陰


母の日ギフト 島根県産 高鮮度のあじさい鉢植え 選べる2品種(「万華鏡」「銀河」) 送料無料

ジサイの大人気品種「万華鏡」をプレゼントしたいと思っている方も多いことでしょう。淡い色といい、小さな花びらといい、ほんとうに魅力的なアジサイですが、その人気ゆえになかなか手に入れにくいものです。しかも入手できたとしても、小さな鉢植えのことがほとんど。

 

じつは「万華鏡」は島根県で生産されています。品質を保つために生産者が限定されているそうなのです。だから品薄なんですね。そんな万華鏡を生産地、島根県から直接送ってもらいましょう。少し値ははりますが、大きくて状態の良い「万華鏡」が期待できます!

 

「万華鏡」をご自分用に入手を検討している方にもおすすめです。

 

4、BunBun!Bee


【母の日ギフト】早割4/29まで! 花とスイーツ Lサイズ 虎焼き 送料無料 タマラコルダナ 紫陽花 クレマチス 楽天総合1位メッセージカード付き イベントギフトL 2018

BunBun!Beeからは、花だけでなくスイーツも贈りたい! と、欲張りな注文に応えてくれる鉢花とスイーツのセットを紹介します。

 

アジサイはピンク色の「てまりてまり」と「カメレオン」のどちらか。他にもオレンジ色やピンク色のバラの鉢花を選ぶこともできます。

 

「てまりてまり」のピンク色は、ふんわりやさしいアジサイ。きっとどのお母さまにも喜んでいただけます。カメレオンは、最初は淡いピンク色だったのに、育てているうちにライムグリーンに、さらにチェリーレッドにと劇的に色を変えていく不思議なアジサイ。「あらら?」と、お母さまに嬉しいサプライズを届けます!

 

スイーツは虎屋本舗の「虎焼き」、甘いアイシングをかけたバームクーヘン「でこぼこバーム」、文明堂の「母の日カステラ」、亀屋万年堂のブッセ「ナボナ」の4種類から選べます。花だけでなくスイーツも極上品です^^

 

5、プリザーブドフラワーの花音


【送料無料】プリザーブドあじさいのナチュラルリース【楽ギフ_包装】

は好きだけれど手入れは苦手・・・そんなお母さまにはプリザーブドフラワーのリースはいかがでしょう? プリザーブドフラワーは、生花そっくりなドライフラワーです。高温多湿のところを避けて飾れば、きれいなまま5年以上楽しむことができます。

 

淡いピンク色のアジサイに、濃いピンク色のペッパーベリーをあしらった、乙女なリース。いつまでも可愛らしいものが大好きなお母さまにぴったりですね!

 

まとめ

2018年、今年の母の日ギフトに贈りたいアジサイの鉢植えを中心に記事をお届けしました。

 

じつはわたしも去年はカーネーションだったけど、今年はアジサイを注文しました。ピンク色の「てまりてまり」にしたんですが、お母さん喜んでくれるといいな^^

 

母の日にアジサイを贈ることが一般的になってしまったため、梅雨が近くなってから好みのアジサイを自分用に購入しようと思っても入手しにくくなってしまっています。「今年こそ万華鏡がほしい!」と考えている方は、ご自分用に今から注文しておくと間違いないですね。

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク