バラ苗の3つの種類「新苗」「大苗」「鉢苗」。それぞれの特徴とメリット・デメリットを分かりやすくご紹介!

      2017/05/03


20XX年6月上旬

いざバラを買おうとすると、バラの苗にはいくつかの種類があることに気がつきます。どの苗を選ぶべきなのか、迷ってしまうこともありますよね。それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか、分かりやすく説明します。


スポンサーリンク



バラの苗には「新苗」「大苗」「鉢苗」の3種類がある

バラの苗をさす言葉には、意外といろいろな種類があるものです。新苗、一年(生)苗、大苗、二年(生)苗、鉢苗、開花苗、裸苗、長尺苗、接ぎ木苗、挿し木苗・・・。バラの苗を選ぼうとして、困ってしまった経験はないですか? 「あれ? 新苗って何だっけ?」「初心者ならどれを選べばいいんだろう?」・・・と。

初心者が必ず押さえておきたいのは「新苗」「大苗」「鉢苗」3種類です。ここでは、バラの苗の種類を、「新苗」「大苗」「鉢苗」を中心にそれぞれ分かりやすく説明します。

 

バラは、通常、接ぎ木で作られる

%e8%8b%97%ef%bc%95%e7%a8%ae%e9%a1%9e3

ラの苗は、通常、「芽接ぎ」または「切り接ぎ」という方法で、台木に、咲かせたい品種のバラを接ぎ木して作られます。「芽接ぎ」は9月ごろに行われ、「切り接ぎ」は1月ごろに行われます。現在では「芽接ぎ」で作るのが主流のようです。

接ぎ口にはビニールテープが巻かれています。

 

バラ苗を作る国により、台木にするバラは違う

IMG_4228_Fotor-3

▲日本の苗木の台木に利用されているロサ・ムルティフロラ(ノイバラ)

ラ苗の台木は、日本ではロサ・ムルティフロラ(ノイバラ)が使われます。ロサ・ムルティフロラは日本原産の原種バラで、病気にかかりにくく、夏の暑さにも冬の寒さにも強い日本の気候によく合った強健なバラです。以前は「ロサ・ムルティフロラの台木は*根頭がん腫病にかかりやすい」と言われていましたが、現在では根頭がん腫病の予防対策が取られているので、きちんとしたバラ苗専門店で取り扱っている苗ならほとんど発症しません。

*根頭がん腫病は、アグロバクテリウムという細菌により発症するバラ科の植物の病気です。根頭がん腫病を発症すると、株元や根に大きなコブができ、生育障害を引き起こします。重症になると、バラを枯らしてしまうこともあります。それだけでなく、根頭がん腫病は次々と感染していくという怖さがあります。何本ものバラを育てている方にとって、とても恐ろしい病気なのです。根頭がん腫病にかかったバラは、基本的に廃棄処分します。

ヨーロッパの苗は主にロサ・カニナロサ・ラクサを台木にしていて、アメリカの苗ドクター・ヒューイマネッティというバラが台木に使われています。(ロサ・ルゴサなど、他にも何種類かの台木があるそうです)。

ロサ・カニナの台木は成長するのにやや時間がかかり移植に弱いところがあるけれど根頭がん腫病にかかりにくいという特徴があります。ドクター・ヒューイの台木はとても立派な大きな株になるけれど寿命が短いなどと、それぞれ少しずつ特徴が異なるようです。

 

新苗は、接ぎ木して間もない赤ちゃん苗

%e8%8b%97%ef%bc%95%e7%a8%ae%e9%a1%9e1

接ぎなら9月ごろに、切り接ぎなら1月ごろに作った苗木を春まで育てて4月ごろから販売されるのが新苗です。

芽接ぎで作った新苗なら、接いでから半年ちょっと経っています。切り接ぎで作った新苗なら、接いでから3ヵ月ほどしか経っていません。新苗は、まだまだ赤ちゃんのような苗です。

新苗はひょろりとした幹が1本立っていて、多くは蕾がついていますが、つるバラではほとんど蕾はついていません。ただし、カクテルのように特別樹勢の強いつるバラの場合は、蕾がついていることがあるようです。

新苗は日本特有の苗で、輸入苗の新苗というのはありません。

新苗は「1年(生)苗」「春苗」という呼び方がされることもあります。

 

新苗のメリットとデメリット

苗のメリットは、花が咲いている新苗なら実際の花を確認して選べること。他の苗に比べて、価格が安いことが挙げられます。

【参考価格】アイスバーグの新苗980円

デメリットは、接ぎ木してからあまり時間が経っていない赤ちゃんのような苗なので、接ぎ口を守りながら生長に合わせて適切な管理が必要なこと。新苗は育てるには適さない小さな鉢に植えられているので、すぐに植え替えや鉢増しする必要があるのもデメリットといえます。

また新苗についている蕾は、株にエネルギーを回すために開花させず、秋まで繰り返し摘み取らなければいけません。せっかくの蕾を摘むのは、バラ好きにはかなり勇気のいることです。四季咲きやくり返し咲きのバラなら秋の花から咲かせてもよく、一季咲きのバラなら翌年の春まで花を見るのはお預けになります。

新苗はあまり初心者向きではなく、バラを育てた経験がある人向きの苗です。

 

新苗の購入から開花まで

四季咲きのバラと繰り返し咲きのバラ

%e8%8b%97%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%91

四季咲きのバラと繰り返し咲きのバラは、新苗を購入したら摘蕾と、3度ほど鉢増しをくり返しながら秋まで管理します。秋花から咲かせられます。

一季咲きのバラ

%e6%96%b0%e8%8b%97%ef%bc%92

一季咲きのバラは、新苗を購入したらついている蕾は摘み取り、3度ほど鉢増しをくり返しながら管理します。翌年の春バラから咲かせられます。

 

大苗は、しっかり育った大人の苗

%e8%8b%97%ef%bc%95%e7%a8%ae%e9%a1%9e2

苗を、さらに地植えで育てて秋に掘りあげたものが大苗です。大苗は、9月~12月ごろに出回ります。芽接ぎで作った苗なら1年以上育ててあり、切り接ぎで作った苗でも10ヵ月ていど育ててあるので、しっかりとした大人の苗といえます。

大苗にはがっしりした30~40cmほどに切り詰めた幹が2~3本あるのが特徴です。大苗はバラが休眠している晩秋から冬に流通します。通販では土を落とした根がむき出しの状態で送られることがあります。こういう大苗を「裸苗」といいます。裸苗をポットの土に仮植えした状態で売られているものもあります。これは仮植えなので、そのままそのポットで育てられるわけではありません。

バラが休眠する12月~2月に植えつければ、翌年の春からバラの花が楽しめます。

大苗は二年(生)苗と呼ばれることもあります。

 

大苗のメリットとデメリット

苗のメリットは、約1年間しっかり育てた大人の苗なので、新苗では必要な鉢増しという作業や、接ぎ口がはがれないように気を配る必要がありません。

デメリットは、晩秋から冬に出回る短く切り詰めた苗なので実際の花を確認することができないところです。また、新苗に比べて価格はやや高くなります。

【参考価格】アイスバーグの大苗1980円

ブッシュ樹形のバラ翌年の春から問題なく花が咲きますが、つるバラの場合には品種や栽培環境により翌年の春に花が咲かないことがあります。30~40cmまで短く切り詰めているので、切り詰めに弱い品種栽培環境があまり良くない場合は、翌年は枝を伸ばすことに専念して花は咲かず、花はさらにその次の年になることがあるのです。この場合は、大苗を植えてから花が咲くまで1年半かかることになります。

しかもつるバラの場合にはやっかいなことが起きることがあります。ハイブリッド・ティー系統の枝替わりでクライミング系のつるバラになった品種は、大苗として短く切り詰めることで元のブッシュ樹形の性質のバラにもどってしまうことがあるようです。

大苗はブッシュ樹形のバラなら初心者でも大丈夫ですが、つるバラの場合には品種の知識や栽培経験のある方向けと言えそうです。

 

大苗の購入から開花まで

一季咲き、四季咲き、返り咲き、くり返し咲きのバラ

 

%e5%a4%a7%e8%8b%97%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%92

ほとんどのバラは、大苗購入後に休眠期の12月~2月に植えつけておけば、翌春に開花します。

切り詰めに弱いつるバラ

%e5%a4%a7%e8%8b%97%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%93

つるバラのうち、切り詰めに弱いタイプのつるバラや、栽培環境に恵まれないつるバラは、大苗を植えつけた後の翌春はつるを伸ばすためにエネルギーを使い、本格的な開花はその次の年になることがあります。

 

鉢苗は、もっとも育てやすい初心者向けの苗

%e8%8b%97%ef%bc%95%e7%a8%ae%e9%a1%9e5%e8%8b%97%ef%bc%95%e7%a8%ae%e9%a1%9e4

は、新苗をさらにポットで育てたものです。春バラのシーズン秋バラのシーズン店頭に出回ります。秋に出回るものは接ぎ木してから約1年間、大苗と同じ期間を経ているしっかりした大人の苗です。春に出回るものはそれからさらに半年間ポットで育てたバラです。

店頭ではバラの花が咲く時期だけ出回りますが、バラ苗の販売店では1年じゅう流通しています。(ただし、お店によっては夏は取扱を中止していることもあります)。

鉢苗は株元から大きな幹が数本出ていて、しかも花が咲いている状態です。鉢苗はプラスチック鉢を使用していますが、新苗のポットのように仮のものではなくバラが育てられる大きさのある鉢です。

ブッシュ樹形の品種は剪定で1mまでのコンパクトなサイズに仕立ててありますが、つるバラは枝先を長く残していますので2mほどの長さのものもあります。こういう枝先を長いまま残した苗を「長尺苗」といいます。

鉢苗は、実際の花が咲いている状態なので「開花苗」と呼ばれることもあります。

 

鉢苗のメリットとデメリット

苗のメリットは、1年以上かけて育てられた大人の苗であること、そして花が咲いているので実際の花を見て選べることが大きなメリットです。さらに枝の太さや葉の状態なども細かくチェックして苗を選ぶことができます。長尺苗なら、すぐに誘引して花を楽しめるところも魅力です。植えつけは、根鉢を崩さずに行えば1年じゅういつでもできます。

デメリットは、大苗よりもさらに価格が高いことです。また、鉢のサイズも大きく、長尺苗では長さもあるので、持ち運びが大変です。

【参考価格】アイスバーグの長尺苗2980円

鉢苗は、苗の中ではもっとも価格が高くて運びにくい面はあるけれど、栽培するならもっとも初心者向けの苗と言えます。

 

ミニタイプのバラ苗は、接ぎ木ではなく挿し木で作られる

minibara

ニチュア系統のバラや、ミニ・フローラ系統のバラは、接ぎ木ではなく挿し木で苗を作ります。挿し木とは、カットした枝を土に挿して発根させる方法です。

ミニタイプのバラは苗木で流通することはなく、通常は開花している鉢花として売られています。多くの品種は開花した状態で1年じゅう店頭に並びます。

鉢苗と同じように根鉢をくずさず植え替えれば、1年じゅう植え替えすることができます。挿し木苗は根が弱いため、病気にかかりやすい傾向があります。

 

まとめ

o0228021113263924831 (1)
バラの苗には主に「新苗」「大苗」「鉢苗」の3種類があります。

新苗は春に出回る若い苗で、育て方にコツがいりますが価格が安いのがメリットです。中級者向けの苗と言えます。

大苗は晩秋から冬にかけて出回る苗で、しっかり育った大人の苗です。ブッシュ樹形の品種なら問題ありませんが、つるバラの場合には品種によっては翌々年まで花が咲かないことがあります。

鉢苗は新苗をポットで育て続けて大きくしたもので、大きく育った苗だし花も確認できるしいつでも植えつけできるしと、もっとも初心者向けの苗です。ただし、価格が高いのがデメリットです。

バラ栽培の経験やお財布と相談しながら、自分にぴったりのバラ苗を選んでくださいね!

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク







 

<おすすめ記事一覧>



 - ▶バラの育て方 , , , , , , ,