2月末のベランダのバラの様子。芽がしっかりしてきました!

      2017/05/03


あいびーです、こんにちは♪

立春を過ぎ、足踏みしながら春に向かっている今日この頃。バラのお世話からいうと、2月いっぱいは休眠期、3月からは芽が動き出す時期とされていますが。ちょうどその境目に当たる今の時期の、横浜にある我が家のベランダの様子を紹介します。

皆さんのバラの様子はどうですか? 同じくらいでしょうか?

スポンサーリンク



つるバラの芽が1cmくらいまで伸びている!

▲1cmくらいに伸びたピエールさんの芽

が家のベランダには現在2種類のつるバラがあります。

ひとつは窓際のバルコニー・アーチに誘引したピエール・ドゥ・ロンサール、もう一つはフェンスに誘引したアンジェラです。

▲展開しだしたピエールさんの若葉

ピエールさんはほとんどの芽が動き出していて、5mm~1cmくらいまで伸びているものもたくさんあります。気の早い芽は、もう若葉を広げ始めていますね。

ピエールさんの若葉は、周りが赤いツヤツヤの照り葉です。葉っぱが展開してくると、妙に嬉しくなりますよね!

▲アンジェラはあちこち葉っぱが開いてきてる

ェンスに誘引したアンジェラの方も、かなり芽が立ってきました。こちらはピエールさんよりも1m分外側にあるので日当たりがいいためか、あちこちで葉っぱが開いてきています

アンジェラの若葉も、薄っすらと周囲が赤味を帯びた照り葉です。うまく行けば、この芽の先全部にこんもり房状に花が咲くわけですよね。そう思うと、わくわくしちゃいます。

本によっては「2月いっぱいまで植え替えできます」と書いてあることもあるバラだけれど、こんなに芽が育っている状態で植え替えたら、せっかくの芽をポロポロ落としてしまいますよね。もちろん環境によりけりですが、我が家の場合は年内に植え替えておいて正解でした!

 

レディ・エマ・ハミルトン絶好調!?

▲ほぼ銅葉のレディ・エマ・ハミルトン

月ほど前に、近所のシマホで衝動買いしてしまったイングリッシュ・ローズの「レディ・エマ・ハミルトン」。購入当初から小さな葉がしっかり展開していたけれど、2週間を経てさらに葉が伸びてきています。なんだかとても寒さに強い印象です。

レディ・エマは光沢のない、かなり赤みの強い葉です。銅葉と言っていいかもです!

ブッシュ樹形のバラは剪定がカギになるけれど、ちゃんと切れるかなぁ~と今からやや不安。せっかく伸びている枝を切るって、やはり勇気がいりますよね! たくさんあるうちの一つなら思い切れるかもしれないけれど、これ1本しかないとなると・・・バッサリやるのはきついかもです。

とりあえず、ちゃんと花が咲いてくれることを願いましょう!

 

モンタギューも葉を広げて!

色いパティオ・ローズのモンタギューも随分芽がしっかりしてきて、いくつか葉を広げています。こちらはひょろひょろとした枝ながら6株もあるので、毎年あまり気にすることなくバッサバサ切れるんですけどねー!

モンタギューも周りが赤いツヤのない葉です。つるバラの葉がどちらも照り葉なのは、やはり日本原産のテリハノイバラの血なのでしょうかね!

 

挿し木苗も芽が膨らんできている!

▲枝ざしから2ヵ月の挿し木

ざしで挿し木をしたのが昨年の12月中旬のこと。

それから2ヵ月間、ベランダに向いた和室の窓際に置いていた挿し木は、7本が芽吹いています。ただし、何度か水切れを起こしてしまったようで、せっかくの葉が乾いてしまっているものもありますね(^^; 数日前からベランダに出していますが、このまま何本が育ってくれるでしょうね?

 

チューリップとガーデン・シクラメン

▲チューリップの芽

バラ以外も少し紹介しますね。

チューリップはほとんどが芽を出しました。

ここから先は大切な生長時期だから、乾かさないようにしっかり水やりしなくては! 以前忙しくて水やりできない日が続いたせいで、半分くらいしかチューリップが咲かなかった年があったんですよねー。あれは悲しかった>w<。

▲香りの良い白いガーデンシクラメン

降る中でもしっかり咲き続けてくれたガーデンシクラメン

今年の冬は4株のガーデンシクラメンを植えたんだけど、この口紅を引いたような白いガーデンシクラメンはとても良い香りがするのです!

バラよりもずっと清楚で、かといって爽やかすぎない。「シクラメンの香り」って歌があるけれど、あれってこの香りのことなのか~なんて、なんか分かった気になっちゃいました!

 

冬の間、ほぼ止まってしまっていた時間をまた刻み始めたバラたち。

今年もたくさん咲いてくれますように^^

それじゃまたね♪

 

cropped-rose1.png
スポンサーリンク







 

<おすすめ記事一覧>



 - ▶花と緑とあざらし猫 ,